スポンサードリンク

『脂肪吸引』が一番多く行われる部位は、やはり、腹部です。
上腹部・下腹部・腰にかけての『脂肪吸引』を希望する方が多いようです。

『ポッコリお腹をどうにかしたい』とか『出産後のお腹のたるみが戻らない』・『リバウンドしてしまって、思うようにダイエットができない』など、腹部の『脂肪吸引』を希望する方の、理由もさまざまです。

『脂肪吸引』にかかる時間は、吸引する範囲や量によって違いがありますが、腹部の場合、1時間~1時間半ほどで、終わるようです。
腹部の場合、広範囲に渡って『脂肪吸引』を行うため、局所麻酔ではなく、全身麻酔で行うことが多くなります。

『脂肪吸引』は、“カニューレ”と言う細い管を脂肪層に入れて、脂肪細胞を吸い出します。
腹部の『脂肪吸引』を行う場合、おへその中やわき腹の、目立たないところに小さな穴を開けて、“カニューレ”を入れるようになります。
“カニューレ”を入れるための穴は、数ミリ~5ミリほどと小さく、傷跡も残りません。
脂肪を吸引する時は、何度も“カニューレ”を差し込む向きを変え、満遍なく脂肪細胞を吸引していきます。

『脂肪吸引』の術後は、コルセットを使って腹部の圧迫固定をします。
これは、脂肪を吸引してできた空間に、血液や体液が溜まらないようにするためです。
術後すぐは、強い筋肉痛のような痛みがありますが、圧迫して、血液や体液が溜まらないようにすることで、痛みや腫れを緩和します。
そのため、日常生活も翌日から普通に行うことができます。
ですが、痛みや内出血、腫れをひどくさせないようにするためにも、『脂肪吸引』後、2週間程度は激しい運動は控えるようにしましょう。

また、脂肪を取り除いたあと腹部の皮膚がたるんでしまうのではないか・・・と悩む方も多いと思います。
これについては、『脂肪吸引』前の皮膚の伸び具合にもよりますが、手術の仕方や手術後の圧迫の状態に注意することで、たるみを最小限に抑えることは可能です。

『脂肪吸引』は、痩せたいと思うところを選んで、ピンポイントで脂肪を取り除くことができるものですが、身体の全ての部分で、『脂肪吸引』が可能なわけではありません。
『脂肪吸引』にも、適した部位と適さない部位というのがあり、背中や首、手の指や甲の部分などは、『脂肪吸引』の施術には適さないとされています。

その反対に『脂肪吸引』に適した部位というのが、腹部・太もも・ヒップ・二の腕、そして、頬やあごのラインです。
これらの部分は、脂肪がつきやすいうえに、なかなか落ちにくいところでもあり、『脂肪吸引』を希望する人たちも多い部位です。

その中でも一番多いのは、やはり腹部です。『脂肪吸引』は皮下脂肪を取り除くので、皮下脂肪のつきやすい腹部の吸引を希望する人は多いです。腹部の『脂肪吸引』の場合、吸引する範囲が広いので、専用の器具(カニューレ)も、複数個所から挿入して脂肪を吸引するようになります。
太ももやヒップも『脂肪吸引』を希望する人が多い部位です。太ももとヒップを同時に『脂肪吸引』することで、ヒップアップ効果も得られるため、より足を長く見せることができます。ですが、医師の技術力が一番必要とされる部位でもあります。
また、冬場は気にならないのですが、夏場になると、気になってしまうのが、二の腕。
この部分はダイエットでもなかなか痩せにくく、『脂肪吸引』を希望する人も多いです。

他にも、腰周り・ふくろはぎ・膝・足首なども、『脂肪吸引』が可能な部位です。

さらに、頬やあごの下といった、顔の脂肪も取り除くことができます。
頬やあごの下に脂肪がついていると、どうしても顔が大きく見えてしまいますし、疲れた印象を与えがちです。
ですから、『脂肪吸引』で、頬やあごの下の脂肪を取り除き、あこがれの小顔、シャープな輪郭を手に入れたいと、希望する人も多くいます。

しかし、脂肪の付き方や脂肪の量は、個々に違いがありますから、『脂肪吸引』のできる部位であっても、手術ができるかどうかは、医師の判断になります。ですから、美容外科で、『脂肪吸引』のカウンセリングを受けてみると良いでしょう。

太ももの『脂肪吸引』を希望する人は、腹部の施術を希望する人と同じ位、『脂肪吸引』の手術の多い部位です。
なぜなら、太ももは痩せにくく、ダイエットを行なってもなかなか、効果があらわれにくい部位だからです。
だからこそ、『脂肪吸引』の効果を実感しやすい部位と言えるのです。

太ももの後ろ側にある余計な贅肉は、お尻も垂れているように見せてしまいます。そのため、全体のスタイルも悪くなってしまいます。
ですが、『脂肪吸引』を行えば、スッキリとした太ももになれますし、お尻の『脂肪吸引』も同時に行えば、ヒップアップの効果も得られるので、足がより長く見えるようになります。

太ももの『脂肪吸引』を行う場合、ビキニライン・股の付け根・膝の裏・お尻のしわの目立たない部分など、なるべく目立たない部分に数ミリの小さな穴を開け、そこから“カニューレ”を挿入して、脂肪を吸い出します。
太ももの『脂肪吸引』にかかる時間は、およそ、60分ほどです。ですが、吸引する脂肪の量によって多少変わります。

太ももの『脂肪吸引』を行った後は、専用のストッキングで圧迫します。
強い筋肉痛のような痛みや多少の腫れはありますが、日にちが経つにつれ落ち着いてきます。
太ももの『脂肪吸引』は、難しい手術ではありませんが、バランスがとても重要になります。ですから、美しい太もものラインを手に入れるには、『脂肪吸引』において、高い技術と豊富な経験を持った医師にお願いする方が良いでしょう。
太ももの『脂肪吸引』を行う前には、しっかりカウンセリングをして、なりたい足について、充分話し合うことが大切です。

“小顔になりたい”と思っている人は、とても多いですよね。
モデルのようなすっきりとしたフェイスラインは、憧れです。
身体は痩せているのに、丸顔だったり、あごの下や頬にお肉のついた、いわゆる“しもぶくれ”は、顔が大きく見えてしまいます。
かなり昔は、“しもぶくれ”は美人の代名詞だったのですが、今は、小顔が、美人の代名詞になっているようですね。

ですが、頬やあごの下についてしまったお肉は、なかなか落ちてくれません。
小顔になるエクササイズやパッティングで、何とか落そうと日々努力してる人も多いのではないでしょうか。

あごの下や頬についた脂肪は、顔が大きく見えてしまうだけでなく、疲れている感じにも見えてしまいます。
ですから、『脂肪吸引』で、あごの下や頬についた脂肪を取り除き、スッキリとしたフェイスラインを手に入れましょう。

顔の『脂肪吸引』は、局所麻酔によって行われます。
『脂肪吸引』に使われるカニューレは、極細のもので、耳の後ろの方や顎の下の目立たない部分から挿入し、吸引していきます。
あごの下や頬の『脂肪吸引』にかかる時間は、1ヶ所につき、およそ10分~20分くらいで、かなり短時間で終わらせることができるので、入院の必要もほとんどありません。
顔の『脂肪吸引』を行った後は、専用のフェイスバンドで圧迫します。
『脂肪吸引』後、顔に多少の腫れは出ますが、吸引後のダメージも他の部位に比べて少なく、術後 3日後くらいから、落ち着いてきます。
顔の『脂肪吸引』は傷口も小さいので、3日~5日目くらいで抜糸になります。その後は洗顔もお化粧も今まで通り行なうことができます。

顔の『脂肪吸引』を行えば、短時間であこがれの小顔を手に入れることができます。
ですが、骨格を含め顔全体のバランスも重要になりますから、どのようにしたいのかということをしっかりと伝えるとともに、担当医師とのカウンセリングをしっかり行いましょう。

現在、美容外科で行われている『脂肪吸引』の方法は、いくつかの種類があり、実際にどの方法で『脂肪吸引』を行うかは、カウンセリングの結果決められるようです。

従来の『脂肪吸引』の他に、“EUA超音波脂肪吸引”・“エルコーニアレーザー脂肪吸引”・“ボディジェット脂肪吸引”があり、それぞれ、効果を実感するまでにかかる時間、回復するまでの時間、費用などにかなり差があります。

一般的に行われている『脂肪吸引』では、効果を実感できるまでに、2~3ヶ月、腫れやむくみ・痛みといった症状は、術後1ヵ月半ほど続くため、日常生活の制限もかなりあります。また、『脂肪吸引』を行った後に起こる硬縮(術後、皮膚が硬くなる状態)の回復には、3~4ヶ月と最も長い時間を必要とします。

“EUA超音波脂肪吸引”では、効果を実感できるまでに、1~3ヶ月ほどかかりますが、腫れやむくみは 1ヶ月、痛みは2週間ほどで治まります。術後の硬縮も1ヶ月ほどで回復するので、日常生活の制限はあまりありません。

“エルコーニアレーザー脂肪吸引”では、効果を実感できるまでに、1ヶ月、腫れやむくみ・痛みといった症状も、2週間ほどで治まり、術後の硬縮も軽く、1~2ヶ月で回復します。日常生活の制限もあまりありません。

さらに、“ボディジェット”では、効果は施術当日に実感することができ、腫れやむくみ・痛みも、翌日には治まります。硬縮の回復も10日~1ヶ月と最も早く、日常生活の制限はほとんどありません。

また、『脂肪吸引』にかかる費用も、施術方法によって違いがあり、EUA超音波脂肪吸引、エルコーニアレーザー脂肪吸引ではおよそ40万円、ボディジェット脂肪吸引では25万円、通常の脂肪吸引では、10万円~50万円程度かかるようです。

この他にも、施術にかかる時間や一度に脂肪吸引できる範囲などにも違いがありますので、いろいろな『脂肪吸引』の方法を検討して自分に合った施術法を見つけるようにしましょう。また、病院によっては取り扱っていない『脂肪吸引』の方法もあるので、問い合わせてみるといいでしょう。

『水素水』の、正式な名前は“高濃度 水素溶解 精製水”といいます。
難しい名前で、手に入りにくいように感じるかもしれませんが、最近は色々な場所で手に入れることが出来るようになりました。
今、『水素水』は、様々な効能があると注目されています。

本来、水素は、酸とくっついて水をつくります。その“酸化還元作用”が、体内でも行われ、身体に良い影響をもたらすだろうということが、注目されているのです。

ですが、水素自体を取り入れることは出来ませんから、水の中に水素を溶かすことにしました。そして、誕生した『水素水』は、水素が高濃度で、手軽に体内に水素を取り入れることができるので、多くの人が愛飲するようになりました。

ですから、一番注目されている『水素水』の効能としては、健康面への効能です。


つまり、『水素水』を摂取することによって、体内に入った水素は、体内で有害な働きをする“活性酸素”を“酸化還元作用”によって、減少させ、尿として、体外に排出させる働きがあります。
水素は、身体中を巡り活性酸素を減少させます。当然、脳にもこの働きはおよびます。
ですから、まだ研究段階ではありますが、脳内の活性酸素を減らすことができるのであれば、『水素水』を摂取することで、神経性の疾患や認知症の予防といった効能も期待できるのです。

また、水分を摂ることによって、体内の有害物質を排出する方法の“デトックス”。
これを、『水素水』で行えば、水分補給をしながら、活性酸素やその他の有害物質を除去する事ができます。
ですから、活性酸素が原因と言われている、糖尿病や高血圧、ガン。有害物質やアレルゲンによる、アトピーや花粉症、老化などに対しての効能についても、期待が高まっています。

さらに、美容商品の中にも『水素水』を取り入れられているものも多くあり、“アンチエイジング”への効能や“美肌効果”も期待されています。


しかし、現段階では、『水素水』が、これらの症状をどれだけ解消、あるいは改善するかということは、まだ、はっきり立証されているわけではありません。また、これら以外の効能についてや、水素濃度を保つための工夫など、研究することは多くあります。

ですが、身体にとって『水素水』は、とても必要不可欠なものであるということは、必ず証明もされるでしょう。

脂肪吸引の技術も、より安全に、より美しく仕上げるために、さまざまな研究がなされ、日々、進化しています。

脂肪吸引を行ううえで、“チューメセント法”(生理食塩水に止血剤と麻酔剤を溶かしたものを注入して行う)は、1990年に開発されて以来、美容外科で一般的によく行われている方法です。
“チューメセント法”が開発される以前の脂肪吸引は、かなりの出血と痛みを伴うもので、身体にもかなりの負担がかかりました。
ですが、“チューメセント法” が開発され、広く普及したことで、脂肪吸引による身体の負担が激減しました。

その、“チューメセント法” をさらに改良し、進化させたのが、“ハイパーインフレート法” です。
“チューメセント法” では、深層への麻酔なのに対し、“ハイパーインフレート法” は、深層・中間層・表層と、より広い範囲の麻酔を可能にしました。そのため、より多くの脂肪をスムーズに取り除くことが可能になりました。
こうした脂肪吸引の技術の進歩によって、脂肪の取りムラが原因で起こる、体の表面の凸凹もかなり抑えられるようになりました。

また、脂肪吸引に使用するカニューレの先を、高速で振動させて、脂肪吸引をする “PAL方式” と、“ハイパーインフレート法” を組み合わせた、“PAL法” というものもあります。この “PAL法” による施術ならば、細かな動きが可能なので、より、美しいボディライン作ることができるうえに、施術時間も短縮されるので、身体への負担も少なくなります。

他にも、超音波を利用した『体外超音波脂肪吸引』や、ジェット水流を利用する『ボディジェット』など、より安全で、より短時間で、より身体に負担のかからない脂肪吸引へと、進化しています。

『水素水』には、身体に対して、様々な効果があるとして、注目されています。
中でも、健康面に対しての効果が高く、老化防止や病気の予防などに、かなりの効果があることが分かっています。

“水素”には、強い還元力があり、酸化を戻す効果があります。

例えば、新しい、綺麗な鉄釘を、普通の水道水の入れておくと、次第に錆びてしまいます。鉄釘は酸化してしまったのです。
ですが、水素水に入れた鉄釘は、錆びることなく、綺麗な状態を保っています。つまり、酸化していないということになります。
他にも、酸化作用によって枯れてしまった植物に、水素水を与えると再び元気になるということもあります。
この結果、体内に水素を取り入れるということは、老化を防ぎ 尚且つ、若さを取り戻すことができる効果があるということになります。

先の鉄釘の状態を、体内に置き変えて、考えてみましょう。
便の臭いがかなりの悪臭の場合、胃腸内環境が崩れていると言われます。
この時の状態は、水道水に入れた鉄釘と同じで、体内の活性酸素が発生し、胃腸内環境が崩れてしまっているのです。
そこで、『水素水』を飲むことで、胃腸内環境が改善され、便の悪臭が抑えられるという効果があります。
便の出方・状態・臭いは、腸内が健康かどうかのバロメーターになります。
『水素水』を積極的に飲むことで、細胞の過剰な酸化や損傷から守り、胃腸内を改善することで、様々な病気の原因の予防にも効果を上げるのです。

“水素”による病気予防効果は、ラットを使った研究でも証明されています。
“水素ガス”を吸引させた脳梗塞のラットと、何もしない脳梗塞のラットでは、“水素ガス”を吸引させたラットの方が、脳損傷が少なかったという結果が出たのです。これにより、“水素”は、活性酸素から細胞を守る効果があることが証明されました。

酸化の進んだ細胞を元の状態に戻すという効果は、ミネラルウォーターにはありません。
このことが、現在、最も注目されている『水素水』の効果です。

ですから、積極的に『水素水』を摂取して、身体の中を錆びさせず、老化を防ぐ効果によって、健康で、若々しく過ごしましょう。

通常のダイエットでは、痩せたいところだけ痩せる、と言うのが難しいものです。
なかなか思うように痩せることができずに、挫折してしまったり、痩せたくないところから痩せてしまったりという経験ありませんか。

また、食事制限や運動療法などでのダイエットは、成功したとしても、すぐにリバウンドしてしまったり、無理をして、身体を壊してしまったということも、少なくありません。

そもそも、ダイエットというのは、大きくなった脂肪細胞を小さくすることであって、体内にある脂肪細胞の数は変わらないのです。
また、一度大きくなった脂肪細胞が再び小さくなった時には、エネルギーを蓄えやすい状態になっているので、簡単にリバウンドしてしまいます。

ですが、“リバウンドしにくい”ダイエットというのもあります。それが、『脂肪吸引』です。

脂肪吸引というのは、脂肪細胞自体を吸いだしてしまうというものなので、体内の脂肪細胞の数を減らすことができます。
体内の脂肪細胞の数というのは、3歳ごろまでにほぼ決まるといわれています。そして、細胞分裂によって、脂肪細胞の数が増えるのも思春期までといわれています。ですから、脂肪細胞を脂肪吸引で減らしてしまえば、リバウンドも起こりにくくなります。

脂肪吸引は、専用の器具を使って、お腹や太腿、二の腕、頬やあごの下といった、痩せにくいところについている、余分な脂肪をピンポイントで取り除くことができるのです。
通常のダイエットとは違い、脂肪吸引を行った後、短時間で痩身効果を実感できます。

ですが、脂肪吸引をしたからといって、全くリバウンドしないわけではありません。
脂肪吸引によって、脂肪細胞の数は減っていますが、残っている脂肪細胞が大きくなり、太ってしまうということはあり得ることなので、食生活には注意が必要です。

『水素水』は水素を含む水のことで、現代の人間は積極的に取り入れた方が良いと言われています。
水素には病気の原因といわれる、“活性酸素”を除去する働きがあるので、健康のためにも『水素水』を飲んだ方が良いのです。

「今のところ自分は健康だし、活性酸素を気にする必要も、ない」と考えている人もいると思いますが、活性酸素の発生源は、いたるところにあり、知らないうちに溜め込んでしまっていることが多いのです。
ですから、水素が必要でないという人は、おそらく居ないのではないでしょうか。

特に、“飲酒”や“喫煙”・“ストレス”は、活性酸素を発生させ増殖させます。
お酒をよく飲むという人やタバコを吸うという人、また、普段からストレスを感じている人などは、『水素水』を積極的に摂り、活性酸素を除去する必要があります。ストレス社会と呼ばれる現代、人間関係や仕事・勉強などにプレッシャーやストレスを感じている人も、多いのではないでしょうか。このように、日常生活の中でも、活性酸素は発生してしまうのです。

活性酸素は、ほとんどの病気の原因と言われていますし、飲酒や喫煙・ストレスは、生活習慣病を発症させる要因でもあります。
生活習慣病は、三大成人病を発症させる可能性もあります。
ですから、生活習慣病の予防のためにも、積極的に『水素水』を摂るようにしましょう。

『水素水』は、焼酎やウイスキーと一緒に飲むことも可能なので、水割りの水を『水素水』に変えるようにすれば、無理なく摂取することができます。また、二日酔いの予防にもなるのが、うれしいですね。

また、アレルギーや喘息・アトピーなども体内に溜まった不純物が原因ですので、『水素水』を飲んで、排出するようにしましょう。
『水素水』を飲むことで、腸内環境も改善されますから、口臭や体臭が気になる人や、便秘気味の人なども、積極的に『水素水』を摂るようにすることで、自然と解消されていきます。他にも、『水素水』は肌に塗ることでも効果がありますので、乾燥肌で悩んでいる人などは『水素水』を飲んで、さらに、カサカサやかゆみが気になる部分に『水素水』を塗って、潤いのある肌を取り戻しましょう。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.11