スポンサードリンク

なぜ若白髪になるか


一般的に30歳を過ぎたあたりからチラホラと白髪が目立ってきます。
しかし、最近だと10代、20代でも白髪が増えてしまう人もいるようです。
若白髪の原因は遺伝ともストレスとも原因と言われてはいますが実はその明確な原因は解明されていません。
通常、髪の毛が黒い色をしているのは、メラニンという色素の働きによるものです。
このメラニンの働きが弱まると髪は白くなっていきます。
若白髪の大きな原因と推測されているのはストレス、つまり外因性の要因です。
またもう一つの原因として遺伝も考えられています。親や親戚が若白髪だと、子供も10代で白髪が出始めることが多いようです。
他にも、若い人がやりがちな度を超したダイエットなどによって起こる栄養不足も若白髪が出始める原因ではないかと考えられます。必要な栄養分が髪にまで行きわたらなくなり、結果、若白髪になってしまうということです。
現代はストレス社会です。受験勉強やその他、若いうちから社会の過度なストレスに晒されることが多くなっています。
ストレスは免疫系や自律神経に悪影響を与え、髪の毛へのダメージにと繋がります。
そして若白髪になってしまうのではないかと考えられています。
適度に発散させることを心掛け、ストレスを溜め込まないようにしましょう。
遺伝、ストレス、ダイエット、様々な要因で一度白髪になってしまった人でも、栄養をしっかり摂って髪に行き渡るようにし、頭皮を清潔に保ち、規則正しい生活を心掛ければ、白髪を予防することはできます。

このブログ記事について

このページは、genが2009年4月26日 16:43に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「白髪を隠す」です。

次のブログ記事は「素敵な白髪の人」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.11