スポンサードリンク

白髪染めの種類


やはり、歳をとると白髪が気になりますよね。
最近は、自宅で簡単に白髪染めができるようになりました。
白髪染めも最近は実にさまざまな種類のものが販売されています。どれがよいかは、人によっても違いますので、自分に合った白髪染めをチョイスできるようになりましょう。
一口に白髪染めと言っても、ヘアカラーとヘアマニキュアではやり方が違います。ヘアカラーは髪の内側にまでしっかりと染料を浸透させ、長期間染めた髪を維持できます。対するヘアマニキュアは、髪の表面のみをカラーリングし、自然な仕上がりになるとともに髪へのダメージを最小限にとどめます。
長く染めておきたい人はヘアカラー、痛まない髪と自然な仕上がりが欲しい人はヘアマニキュアを使うとよいでしょう。
髪質によっては、なかなかうまく白髪を染められない場合があります。髪の毛が太かったり硬かったりする人は、白髪染めが染めにくく、逆に細くて柔らかい人は染めやすいようです。髪が太くて硬いからといって、白髪染めに書かれた規定期間を過ぎても放置するのはよくありません。頭皮を傷つけてしまうので、説明書の方法を守りましょう。
あまり目立たない白髪の人は、少し明るめのカラーで染めることがお勧めです。そのほうが明るく仕上がってよい感じになります。白髪の量が多いほうが希望の色には染まりやすいので、その場合は好きなカラーを選んだらよいと思います。

このブログ記事について

このページは、genが2009年4月21日 09:43に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「白髪にはサプリメント」です。

次のブログ記事は「白髪と白髪染めシャンプー」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.11