スポンサードリンク

2009年10月アーカイブ

むくみやたるみを取るために行うリンパマッサージですが、実はくびれを取り戻すためにもリンパマッサージは有効なのです。というのも、くびれがなくなってしまったという人は、腰のまわりにむくみがあるということが考えられるからです。そこで、リンパマッサージをすることで腰のまわりのむくみを取り、くびれを取り戻そうというわけです。
腰のまわりのくびれがない場合、原因として脂肪がたまっていることはもちろん、血行不良によるむくみが発生していることが大いに考えられます。
リンパマッサージをする時は、アロマオイルなどを使用しながら行うとリラックス効果も期待できるようです。リンパマッサージの方法ですが、まず右手の手のひらを左の脇腹にあてます。そして、反対の脇腹のほうへさするようにして動かしていくという非常にシンプルな方法です。左右交互に5回ずつ行うというのを毎日続けてください。特に強くさする必要はありません。
重要なのは、毎日続けるということです。腰のまわりを軽くさするだけでも、リンパマッサージにはなります。血行不良から腰のまわりにむくみが発生しているので、軽くさすることが血行を良くすることにつながり、結果的にはむくみを解消し、くびれを取り戻すことになるのです。

骨盤が歪んでいると、くびれがなくなってしまう場合があるということをご存じでしょうか。骨盤の歪みがあると猫背になり、猫背になると腹筋や背筋が衰え、腹筋や背筋が衰えるとお腹周りに脂肪がついてしまうので結局はくびれが消えてしまうことになります。ということは、骨盤の歪みを矯正することでくびれを取り戻すことができるということになります。
普段どおりの生活をしていても、骨盤というのはどうしても歪むものです。骨盤の歪みを治すエクササイズというのは色々あるので、自分自身に一番合ったものを選ぶと良いでしょう。今回は、簡単に骨盤の歪みを矯正し、くびれを手に入れることができるエクササイズを紹介していくので、参考にしてみてください。
このエクササイズは、骨盤を緩めることと骨盤を締めることを繰り返すものです。そうすることによって骨盤が正しい位置に戻ります。
まず、仰向けに寝て、足を伸ばしてください。足の先だけ外側に向けて開きましょう。息を吸い込みながら、そのまま膝を曲げずに床から30センチほどかかとを上げましょう。少しだけその位置で留めて、かかとを元の位置に戻します。そうしたら、息を履きましょう。今度はうつ伏せになり、数分間じっと待ちます。これで骨盤が開いたので、今度は骨盤を締めましょう。正座した状態で、足の間に尻を落として床につけ、そのまま後ろに倒れましょう。最後に、最初の状態になるように足をもっていきます。
このエクササイズを繰り返すことで、骨盤が矯正されくびれができてくるでしょう。

タオルを使用して、くびれのあるボディラインを手に入れるというエクササイズがあります。これは、伊藤家の食卓というテレビ番組でも紹介されたエクササイズで、非常に簡単な方法なので誰でもすることができるというものです。このエクササイズで、くびれのあるボディラインを手に入れましょう。
タオルを使用したこのエクササイズに必要な時間は、たったの30秒です。他のエクササイズと比べて非常に短い時間でくびれのあるボディラインを手に入れることができるのです。さて、エクササイズの内容ですが、8の字体操という名前のエクササイズです。タオル1本だけを使用して、骨盤の歪みを矯正し、くびれのあるボディラインを手に入れます。
まず、片手でタオルの端を持ち、体の前でたらします。反対側をもう片方の手で持ち、肩をひねってそのまま手を体の横にもってきます。このとき、上にある方の手を体の反対側に倒しながら、下に向けます。この要領で左右同じように行うと、8の字の動きになります。1日10回、時間にして約30秒だけで骨盤の歪みが矯正され、くびれのあるボディラインを手にいれることができるという何とも手軽なエクササイズです。
腰痛がある人にはおすすめできないのですが、そうでない人にはぜひ試してみていただきたいエクササイズです。くびれを手に入れることができるだけでなく、二の腕を引き締めることにもつながるので、一石二鳥です。

くびれのあるボディラインを手に入れるためのエクササイズとして、ボールを使用して行うエクササイズがあります。ただ、必ずしもボールを使用しなければならないというわけではないので、ボールがなければないで問題はありません。
くびれるためのボールを使用したエクササイズですが、ボールツイストと呼ばれています。1日のうちでたった5分あれば、誰でも簡単にくびれのあるボディラインを手に入れることができます。ボールがない人は、ボール以外のものでも代用することができるので、心配することはありません。
最初は、体操座りをした状態からスタートします。背筋はぴんと伸ばしておきましょう。ここで、ボールを使用します。ボールを持って胸の高さまで上げ、息を吸い込みながらボールを持った腕を前に伸ばしましょう。そして、息を吐きながら上半身を左にひねってください。そのままボールを床に置き、ボールを取ってまた正面に戻るという動作を左右繰り返します。ゆっくりと行うことがこのエクササイズのポイントです。左右交互に15回ほど行えば、終了です。
このエクササイズは、それほど多くの運動量を必要としません。そのため、毎日腹筋や背筋を鍛えるよりもはるかに楽なので、続けやすいです。くびれのあるボディラインは、このように簡単なエクササイズで手に入れることができるのです。くびれた、憧れのボディを目指しましょう。

毎日少しの時間を割いてエクササイズを行えば、くびれのあるボディラインを手に入れることができます。くびれを手に入れるためのエクササイズというのは色々なものがあるのですが、続けなければ意味がありません。そこで、誰でも簡単にでき、毎日続けることができる手軽なエクササイズがあるので紹介していきます。
これは、腹筋運動などのように、毎日しんどい思いをして行うようなものではなく、もっと楽な方法のエクササイズです。レッグツイストというエクササイズなのですが、簡単に毎日続けることができるものなので、手軽にくびれを手に入れることができます。方法としては、まず両手を広げた状態で仰向けになって寝ころびます。足は揃えて伸ばして、床と垂直になるまで上げておきましょう。この状態で、息を吸い込みながら腰から下だけを右に倒します。床に足がつく寸前でストップし、息を吐きながら元の位置まで戻します。そのまま反対も同じ要領でやりましょう。1日につき15回ほど行えば、それだけで終了です。時間にして約5分です。このエクササイズは、短時間で行うことができ、かつ毎日続けられるほど簡単なものなので、他のエクササイズは面倒臭くて続かなかったという人でも手軽にくびれを手に入れることができるのではないでしょうか。
テレビを見たり、音楽を聴いたりしながら行うとすぐに終わります。毎日続けて、ぜひくびれのあるボディラインを手に入れましょう。

皆さんは、ヨガ・ピラティスというエクササイズでくびれのあるボディラインを手に入れることができるというのをご存じですか。夏場になると、お腹周りの肉が他の人にばれてしまう危険性があります。そこで、薄着になるまでにヨガ・ピラティスでくびれを取り戻してみませんか。
ヨガ・ピラティスは筋肉を鍛えるエクササイズなのですが、体にそれほど負担がかからないエクササイズなので、誰でも簡単に行うことができるという点で人気のエクササイズです。
くびれを作るために行うヨガ・ピラティスは、他のエクササイズとは異なり独特の動きをします。スパイン・ツイストというエクササイズがくびれに有効なので、紹介していきます。
まずは、息を吸い込みながら足を肩幅より少し狭めに開きます。そのまま、背筋を伸ばして座りましょう。両手を前に伸ばし、肩の高さまで上げたら左右に開きましょう。今度は、息を吐きながら腰から上を右にひねります。息を吸いながら正面を向いたら、息を吐きながら左にひねります。これを交互に繰り返すことで、腰の筋肉が鍛えられ、次第にくびれができるようになるというものです。
毎日、少しずつでも良いので継続することが、くびれのあるボディラインを手に入れる秘訣です。

このアーカイブについて

このページには、2009年10月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2009年9月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.11