スポンサードリンク

2009年9月アーカイブ

腰まわりに肉がついて、くびれがなくなってしまったという人におすすめの筋力トレーニングがあります。
そもそもくびれがなくなってしまうのは、腰の筋肉が衰えてしまうことが原因となっているのですが、腰の筋肉が衰えるとくびれがなくなってしまう以外にも、セルライトがついてしまったりお腹がぽっこり出てしまったりというように色々な弊害が出てきます。そこで、くびれを取り戻すことができる筋力トレーニングを紹介していきます。
まず、誰にでもすぐできる筋力トレーニングとして、背筋を伸ばして立ち、足踏みをするというものがあります。毎日数分間続けることで、腰まわりの筋肉が鍛えられます。
寝ころんで行うエクササイズもあります。まず、仰向けに横たわりましょう。そして、腕は腰の横にぴったり沿わせてください。足をそろえた状態でぴんと伸ばし、そのまま足を床からほんの少し浮かせます。ゆっくりと上げていき、床と垂直になったら元に戻します。1セットにつき10回、これを3セットほど行います。最初は大変なので、週に数回程度で構いません。続けていくと、次第にくびれを取り戻すことができるのですが、腰まわりに筋肉がつくことで脂肪が燃焼され、くびれができるというわけです。
腰まわりの肉は、何もしなければずっとそのままです。くびれを取り戻したいという人は、ぜひこの筋力トレーニングを試してみましょう。

マッサージ・エクササイズ・補正下着など、憧れのウェストのくびれを手に入れるための方法には、いろいろな手法があります。しかし、これらの方法は長期間継続して実践する必要があり、数週間から数か月もの長い時間がかかってしまうと言う問題点があります。短い時間でウェストのくびれを手に入れたい場合、費用は高くなりますが、ウェストのくびれを作る一番の近道は「脂肪吸引」でしょう。
脂肪吸引とは、細い吸引管を使用して、皮膚の下にある皮下脂肪を組織ごと除去する手術のことです。脂肪吸引と聞くと、痛みがあるかもしれない、副作用があるかもしれない、などと言った悪い印象が持っている人が多いことでしょう。しかし、近年の美容外科技術はグングンと進化しています。最先端医療技術を用いれば、簡単な手術で脂肪吸引を行うことができるのです。そのため、専門医がいる美容外科などで脂肪吸引を行えば、スピーディーにウェストのくびれを手に入れることができるでしょう。
マッサージやエクササイズなどを活用してウェストのくびれを取り戻したとしても、少しでも油断するとリバウンドする可能性があります。脂肪吸引では、脂肪細胞を全て取り除くため、リバウンドする恐れはありません。脂肪吸引で取り戻したウェストのくびれがリバウンドしないと言う事実は、多くの女性にとって非常に喜ばしいことです。
そして、それ以上に有難いことは、脂肪吸引は日帰り手術であり、入院せずに済むということです。脂肪吸引は手術日に帰宅することができるため、周囲の人に知られないように脂肪吸引を行いたい人には嬉しい限りでしょう。脂肪吸引は日帰り手術ではありますが、手術後の日常生活を注意するだけで良く、専門医の指示に従っていれば、特に問題は発生しません。このような脂肪吸引の日帰り手術を受けるだけで、周囲の人に気付かれないうちに、憧れの引き締まったウェストのくびれを手に入れることができるのです。
この手術では、下着で隠れる部分・おへその下あたりを小さく切って、直径2.5mm~3.0mm程度の細い吸引管を使用して脂肪細胞を吸い取ります。手術時間は一般的に3時間程度と言われています。ただし、脂肪量によっても異なってくるため、正確な手術時間は手術を受ける人ごとに変わってくると考えていた方が良いでしょう。手術費用も美容外科ごとに異なってくるため、脂肪吸引を受けてみたいと考えている人は、この機会に美容外科で診断を受けてみてはどうでしょうか。
なお、近頃では「メスを使わない脂肪吸引」を実施しているクリニックもあるようです。メスを使わない脂肪吸引とは、レーザーや超音波などを利用して、体の外側から脂肪燃焼・分解を行い、排泄物と一緒に体外に排泄する方法です。
最近の脂肪吸引には、いろいろな手術方法があるようです。自分に適した脂肪吸引を行って、引き締まったウェストのくびれを手に入れましょう。

毎日のケアを怠ると、気付かないうちにウェストのくびれはなくなります。ウェストのくびれをキープし続けるためには、エクササイズやマッサージのような、毎日の集中ケアが必要となります。しかし、くびれ効果が高いエクササイズはいろいろとありますが、その中から最適なものを選ぶだけでも時間を取られて、なかなかエクササイズを開始するところまで辿り着かない人も多いようです。家事・育児、または仕事などで毎日多忙な人たちは、エクササイズを実施するためのまとまった時間を作り出すことも困難な人も多いようです。そのようなウェストのくびれを作るためのエクササイズを実践できない人は、塗布するだけでくびれ効果を発揮するスリミングジェルやクリームを使用してみてはどうでしょう。気になる部分に塗布するだけで、その部分の脂肪を分解してダイエット効果を発揮します。こんなにお手軽で役に立つものはないでしょう。
美容整形クリニックなどで実施している「メソセラピー」をご存知でしょうか。これは、脂肪を溶かす薬剤を気になる部分に注射することで、部分痩せ効果を高める美容整形技術のことです。この注射と同等の効果をジェルとクリームにしたものが、「メソジェル」と「メソクリーム」と呼ばれるものです。これならば、誰でもお手軽に使用することができます。
メソジェルとメソクリームは、ウェストのくびれを手に入れるために非常に重宝する逸品です。これは、塗布するだけで脂肪燃焼と脂肪分解を同時に行うジェルとクリームであり、確実に皮膚内部まで浸透してくびれ効果を発揮します。当然のことですが、気になる部分に塗り込むだけであるため、注射するような痛みは一切ありません。誰でも、安心・安全に使用することができるジェルとクリームです。このジェルとクリームに主成分は、ホスファチジルコリン(レシチン)です。この成分には、細胞内外に蓄積された脂肪を燃焼・分解する働きがあります。その上、さらに血液循環を促す働きもあるため、一段と脂肪燃焼・分解効果を高めてくれるのです。また、このジェルとクリームには、再び細胞内外に脂肪が付くことを妨げる効果もあるため、脂肪が付き難い体質へと改善することができます。
メソジェルとメソクリームを使用すれば、自宅に居ながら簡単にメソセラピー効果を体験することができます。そのため、このジェルとクリームを使用して、引きしまったウェストのくびれを取り戻しましょう。

マッサージ・エクササイズ・エステティックサロンなど、引き締まったウェストのくびれを手に入れるために、多くの女性が一生懸命に地道な努力に励んでいます。しかし、マッサージやエクササイズは時間がかかるため途中中断することが多く、エステティックサロンは費用が莫大になるため長続きしないなどの理由で、全ての努力が無駄に終わることの方が多いようです。
そのような人たちは、補正下着を活用してみてはどうでしょう。くびれ効果の高い補正下着には、「ウエストニッパー」と言うものがあります。ウエストニッパーを着用し続ければ、必ずウェストのくびれができて、美しいボディラインに変えてくれます。輸入下着専門店の中には、ウエストニッパーやコルセットのみを販売している専門店もあります。そして、そのような専門店のアイテムを取り揃えたネット通販などもあります。このようなショップを利用して、補正下着を揃えてみるのも良いかもしれません。
なお、補正下着はオシャレなものが少ない、または補正下着を着ると窮屈そうだと言うイメージがあって、購入することを迷う人も多いかもしれません。しかし、近頃の補正下着は優れた機能性を有するものが多く、それに加えて、デザインが良いものも多くなってきています。そして、体に食い込むような圧迫感もなくなってきているようです。近頃では、洋服を着用した際に引き締まったウェストのくびれと、美しいヒップラインが出ることを考慮した補正下着が数多く取り揃えられています。
引き締まったウェストのくびれを手に入れたいのならば、下着専門店に赴き、補正下着コーナーで自分に最適な1枚を探し出しましょう。補正したい部分に合った補正下着がどれなのか分からない場合、店員さんに遠慮なく相談すれば、最適な補正下着を見つけ出すことができます。また、ネット上の人気ランキングサイトなどで、補正下着の人気ランキングを検索してみても良いかもしれません。
近頃の補正下着は、機能性・デザイン性ともに優れたアイテムが販売されています。洋服の下に隠すのではなく、上に出して自慢したいくらい素敵なデザインのものも多くあります。
引き締まったウェストのくびれを手に入れるために、補正下着を試してみてはどうでしょう。

「コアリズム」と言うダンスエクササイズをご存知でしょうか。コアリズムは、女性お笑いタレント・クワバタさんが挑戦し、ウェストが20cmも細くなったことで人気が急上昇しました。そのため、TV放送などを通して、誰でも1回は耳にしたことがあるでしょう。
コアリズムは、部分痩せのためのエクササイズDVDであり、ラテンダンス界の有名ダンサーであるヤーナ・クニッツとジュリア・パワーズが提案したラテン式ダイエットのことです。つまり、この2人が腰部を激しく振って踊るラテンダンスを改良して、コアリズムと言うダンスエクササイズを生み出したのです。そのため、このコアリズムを長期間続ければ、キュッと引き締まった魅力的なウェストのくびれが手に入ることは間違いないでしょう。
多くの女性たちが、年齢を重ねるとともに、ウェストのくびれが徐々になくなっていくと心配しています。くびれがなくなってしまった体型を元に戻すためには、並大抵の努力では難しいと言われています。しかし、コアリズムはウェストのくびれを作るために開発されたエクササイズであるため、これを実践するだけでくびれ効果が期待できます。そして、くびれ効果以外にヒップアップ効果も高いようです。
女性タレント・杉本綾さんは、昔からコアリズムを実践しているそうです。杉本綾さんの引き締まったウェストのくびれと魅力的なボディラインは、コアリズムを行うことで維持しています。クワバタさんは、くびれダイエットの成功体験記を出版しましたが、この体験記には、エクササイズのやり方や、くびれを作るポイントなどが分かりやすく掲載されています。
コアリズムは、7日間ダイエットプログラムのDVD3枚組が販売されています。このようなコアリズムDVDは、ネット通販などでお手軽に購入することができます。コアリズムDVDを参考にして、初級コースで基本動作を習得し、上級コースで理想的なくびれを作っていきましょう。
今からコアリズムにチャレンジしたいと考えている人は、雑誌やインターネットなどでコアリズムの詳細内容をチェックしてみましょう。その上で、自分に適しているかどうか考えてみて、大丈夫と判断するならばDVDを購入するのも良いでしょう。

大腰筋(だいようきん)と言う筋肉が衰退することが、ウェストのくびれがなくなる要因の一つです。大腰筋とは、体の奥にある背骨と両足をつなぐ筋肉のことであり、歩く際に脚を引き上げることに使用される非常に重要な筋肉です。大腰筋が弱くなると姿勢が崩れて、一般的に「猫背」と呼ばれる背骨が前屈みに曲がった状態になります。そうなってしまうと、内臓が垂れ下り、腹部・腰部の筋肉までもが衰退してしまいます。最終的に、衰えて細くなった筋肉の間に脂肪が蓄積されるため、お腹が出っ張り、ウェストのくびれがなくなってしまうのです。
くびれのあるウェストを取り戻すためには、基本的に大腰筋を鍛え直すことが必要となります。大腰筋を鍛えることで、引き締まったウェストのくびれを作って、美しいボティラインを取り戻しましょう。
くびれ効果のある初歩的な運動方法は腰部を動かすことです。最初に、10cm程度の高さの踏み台を準備します。次に、片方の足を踏み台に乗せます。この時、壁面などに手を添えて、上半身がフラフラと動かないようにします。上半身を安定させて、真っ直ぐと姿勢良く立つようにしましょう。そして、踏み台に乗せてない方の足を慎重に股関節から前後に動かします。前後に降る時は、膝の力を抜いて反動を付けないようにして、ゆったりと動かすように注意する必要があります。反対側も同様な運動を繰り返します。この運動は1分間・30往復を1セットとし、1日1回に左右3セットずつ実施します。これを毎日続ければ、段々と大腰筋が鍛えられ、ウェストのくびれも取り戻せます。
これ以外の最も単純な運動方法が、立ち姿勢で足踏みをすることです。この運動の秘訣は、足踏みをする際に大腿部をきちんと上に持ち上げることです。日常生活の中にも、大腰筋を鍛える運動を取り入れることは可能です。その方法は、自宅・会社・駅などの階段を利用する時に、必ず1段飛ばしで駆け上がることです。
このような様々な運動を取り入れれば、確実に大腰筋を鍛えることができます。毎日の暮らしの中に大腰筋を鍛える運動を取り入れて、引き締まったウェストのくびれを取り戻しましょう。

スリムな体型と一言で言っても、ただ単にガリガリに痩せ細った体型では魅力的には見えないでしょう。それよりも、女性らしい体型、つまり豊満なバストと引き締まったウェストのくびれが揃っている体型の方が、多くの男性を惹きつけることができるのではないでしょうか。そのような話を耳にすると、自分のウェストのくびれをコッソリと確認する女性もいるかもしれません。しかし、鏡で自分の体型を確認した時、ウェストのくびれがなくなっていることに気付き、茫然自失・放心する女性も少なからずいることでしょう。そのような事態に陥らないためにも、ウェストのくびれを取り戻す必要があります。
エクササイズやマッサージなどの中には、くびれ効果の高いものも多くあります。その中には、お風呂に入りながら行う運動もあります。お風呂は毎日欠かさず入るため、その入浴時間を有効に利用して運動を行えば、長期間継続することも可能でしょう。
入浴時間に実施する運動の中でくびれ効果の高いものは「リンパマッサージ」です。最初に、石けんを十分に泡立てます。両手に石けんを1個ずつ持ち、右手は右側、左手は左側の腰骨に当てて、足の付け根まで上から下に軽くさすっていきます。次に、腰を回して右手を左わき腹に当てて、腹部の贅肉を持ち上げるようにしながら、おへそ方向にさすっていきます。反対側も同様なマッサージを行います。この時、強く擦らないように注意して、撫でるように優しくマッサージを行いましょう。
これ以外にも、入浴時間に使用するダイエットグッズを活用して、遊びながらウェストのくびれを手に入れることもできます。「バスシェイパー」をご存知でしょうか。これは、入浴時間に2分間使用するだけで、骨盤矯正が可能な優れたダイエットグッズです。くびれのないウェストは、骨盤の歪みが原因である可能性もあります。そのため、バスシェイパーを活用して、お風呂に入りながら骨盤の歪みを改善していきます。バスシェイパーの使い方は、湯船に浸かってバスシェイパーに座り、上半身を左右に動かしてバランスを取るだけと非常に簡単なものです。入浴時間は血行状態も良くなっており、湯船の水圧でマッサージ効果も期待できるため、くびれ効果も高まることでしょう。
引き締まったウェストのくびれを取り戻すためにも、是非ともお風呂でエクササイズを行う習慣を身に付けましょう。

美味しいもの食べ過ぎたり、1日中寝て過ごしたりして油断すると、気が付かないうちにウェストのくびれがなくなっていたと言う人も多いことでしょう。特に女性は子宮・内臓を保護するために、腹部・腰部に脂肪が蓄積しやすくなっています。そのまま仕方がないと諦めて、くびれのない体型で一生過ごしても良いと考えている人もいるかもしれません。しかし、諦めずにエクササイズに取り組めば、再び引き締まったウェストのくびれを取り戻すこともできます。
部分痩せ効果の高いエクササイズが「ダンベル体操」です。ダンベル体操でわき腹の外腹斜筋を鍛え上げることで、ウェストのくびれを手に入れることができます。
ダンベル体操は、脂肪の燃焼を促進する体作りに役立ちます。ダンベル体操を行えば、全身の筋肉を鍛えることができ、さらに筋肉のエネルギー代謝機能を高めることができるのです。そのため、睡眠中でも脂肪が燃える体質に変わり、効率良くダイエットを行うことができます。そして、体全体の余分な脂肪を燃焼させ、理想的なスタイルを手に入れて、引き締まったウェストのくびれを取り戻しましょう。
ダンベル体操でウェストのくびれを作るためには、上半身をねじったり・左右に倒したりする運動が効果的です。ダンベルを準備できなければ、ダンベルの代わりに適量の水を入れたペットボトルを使用しましょう。最初に、肩幅に両足を開き、両膝を軽く曲げます。片方の手にダンベル、もしくはペットボトルを持って、その手を脇下に下ろします。
次に、もう片方の手は後頭部に添えて、ダンベルを持つ手の方向に上半身を傾けます。上半身を傾ける時は、反動を付けずに、また呼吸を止めないようにして、ゆったりと倒して行きましょう。そして、上半身が前屈みにならないように注意しましょう。片方を15回繰り返して実施し、もう片方も同様に行います。
腰痛などの何らかの痛みを感じた場合、すぐにダンベル体操は中断しましょう。無理をせずに長期間続けていけば、個人差はあるようですが、10日間前後で徐々にウェストのくびれを取り戻せます。

くびれたウエストを作るためには、エクササイズやストレッチが不可欠ですが、筋トレだけでくびれを作るのは難しいことも多いでしょう。くびれを作るためには脂肪を燃やす必要があり、そのためには有酸素運動も必要になってきます。
有酸素運動にも色々な方法がありますが、フィットネスジムなどに置いてあるエアロバイクを自宅に用意することで、いつでも室内で有酸素運動を行うことが出来ます。脂肪を燃やしてくびれを作るため、有酸素運動は最低20分は行いましょう。脂肪が燃焼されるには有酸素運動を20分以上続けることが必要です。
有酸素運動で大切なのは、あまり高負荷にせず、息があがらないくらいの負荷で行うことです。エアロバイクを始める時は、まずは低負荷から始め、自分の体力に合わせて少しずつ負荷を増やしていくようにしましょう。
エアロバイクは通販で購入することができ、値段や機能が違ってきますので、機能を確認しながら予算と照らし合わせて決めていきましょう。
エアロバイクは有酸素運動でくびれを作る以外にも、足の筋肉を鍛えることもできます。エアロバイクでくびれたウエストと、すっきりとした下半身を作っていきましょう。

くびれを作るためには、エクササイズや食事の改善などが効果的ですが、くびれに効くサプリメントもあります。サプリメントの中で、コタラヒムαリポ酸はウエストに効果があり、くびれ作りに役立つサプリメントとして人気があります。
コタラヒムとはスリランカにだけ自生しているつる性の植物で、ダイエット効果が注目されています。コタラヒムは昔からスリランカでは薬草として使われ、最初は血糖値を適正値にする効果があるとされていましたが、科学的にも研究が進み、2002年にはWHO(世界保健機構)でその効果が正式に認められました。
また、コタラヒムはスリランカの許可が無ければ栽培できませんので、非常に貴重な植物だと言えるでしょう。αリポ酸の方は、活性酵素を抑制し、アンチエイジングに効果的と言われています。年齢を重ねるとαリポ酸の体内の量が減ってしまいますので、サプリメントで補給してあげましょう。
年齢とともに脂肪が付きやすなってしまうのは仕方が無いことですが、気が付いたらウエストのくびれが無くなっていたというのはショックな人も多いでしょう。コタラヒムとαリポ酸を合わせたサプリメントで、若い頃のようにくびれのあるウエストを手に入れましょう。
ただ中学生以下や妊娠中・授乳中の場合は摂らないようにしましょう。また、体質的に合わない人もいますので、充分に気を付けましょう。

このアーカイブについて

このページには、2009年9月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2009年8月です。

次のアーカイブは2009年10月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.11