スポンサードリンク

2009年8月アーカイブ

テレビの通販番組では、色々なシェイプアップマシーンが紹介されています。その中でもくびれに効果的なものがツイスト&シェイプです。ツイスト&シェイプはジムなどにも置かれることが多く、人気が高くなっています。実際に通販で購入した人の口コミ評判も良く、始めて10日程でお腹のたるみが減ってウエストがくびれてきた、という人もいます。
個人差もありますが、比較的短い期間でくびれ作りに効果を発揮するでしょう。また、太ももが引き締まったという人もいました。
ツイスト&シェイプは、室内で気軽に使え、テレビを見ながらでも行えます。くびれに効果があるのは、ステップを踏む時の縦運動と自然に体をよじらせる動きです。ステップを踏んでいるだけで、脇腹のインナーマッスルを鍛え、くびれたウエストを作ることが出来るでしょう。
ツイスト&シェイプは、外見は大きく見えますが、その分安定感があります。また、ステップに滑り止めが付いていますので、安全性も高いでしょう。
さらに、時間や歩数、消費カロリーなどを設定できるデジタルモニターも付いていますので、自分に合ったエクササイズを行うことができます。ツイスト&シェイプはくびれ作りと有酸素運動に効果的なマシーンと言えるでしょう。

くびれを作るエクササイズは色々とありますが、楽しく体を動かしてくびれを作るにはダンスエクササイズが良いでしょう。
人気のダンスエクササイズにベリーダンスがあります。ベリーダンスのベリーは腹部という意味があり、腹部や腰をくねらせて踊るダンスで、アラブ地域の伝統的な踊りです。
このベリーダンスは、くびれたウエストを作ることができると、最近は女性に非常に人気の高いエクササイズになっています。
ベリーダンスのスクールも増えていますので、見学に行っても良いでしょう。近くにスクールが無いという人などは、ネットショッピングなどでDVDが購入できますので、家でベリーダンスに挑戦してくびれ作りをしてみましょう。
ベリーダンスは骨盤の歪みを直す効果があります。くびれが無くなる原因のひとつとして、骨盤の歪みがありますので、ベリーダンスはウエストのくびれに効果的と言えるでしょう。
また、内臓の働きが活発になることで便秘解消も期待できます。さらに女性ホルモンの働きが活発になりますので、生理痛や生理不順が改善されることもあるでしょう。くびれたウエストの女性らしい体型や、女性特有の体の悩みの解消など、元々女性が踊るものであるベリーダンスだからこその効果だと言えるでしょう。

くびれの大敵は体に付く脂肪ですが、脂肪には体脂肪と内臓脂肪の2種類があり、指で掴めるのが体脂肪、掴めないものが内臓脂肪です。内臓脂肪は内臓の周りに付くもの以外に、血中のコレステロールや中性脂肪にも含まれています。最近では、メタボリック症候群が注目されたことで、内臓脂肪を気にしている人も多いでしょう。
この内臓脂肪を減らすことで、メタボリックを解消してくびれを作ることができます。ウエストのくびれが無く全体的に太っている人や、痩せているけれどお腹だけぽっこりと出ている人など、メタボリック症候群の人の体型は様々です。まずは、自分の体重や体脂肪、体型をしっかりと把握しましょう。
自分の肥満度を知るには、BMI(体格指数)を調べると良いでしょう。理想の体重は、身長(m)×身長(m)×22の計算で求めることが出来ます。内臓脂肪を減らしてくびれを作る方法は色々とありますが、食事療法も効果的です。低カロリーでタンパク質・脂質・糖質のバランスに気を付けましょう。
糖質は摂りすぎはいけませんが、脳の栄養として不可欠なものですので、全く糖質をとらないというような極端な食事にならないようにしましょう。食事の他に、エクササイズやサプリメントなど自分に合った方法を選び、内臓脂肪を減らしてくびれを作りましょう。

くびれに効果的なエクササイズは、ストレッチや筋トレなど色々なものがありますが、エクササイズ以外にくびれを作る呼吸法というものもあります。
「火の呼吸」と呼ばれる呼吸法は、クンダリーニ・ヨガで行われる独特の呼吸法で、1分間に60回~180回という早い腹式呼吸を行うことで有酸素運動と同じ効果があります。3分間行うことで、なんとウォーキング30分相当のカロリー消費になります。くびれに効果的な火の呼吸を行う時には、あぐらを組んで座り、手は自分の楽なところへ置きます。
鼻から息を吸い鼻から吐くのですが、息を吸う時にはお腹をへこませ、吐く時にお腹を膨らませます。火の呼吸を行う時には締め付けの無い楽な服装をし、上半身の力を抜くようにしましょう。力が入っているとお腹や胸が緊張す、呼吸が浅くなってしまい、酸欠になったり脇腹が痛くなるということもあります。
最初は1分間に30回~40回が出来るように始めて、少しずつ増やしていきましょう。途中で頭がクラクラするようでしたら、すぐにゆっくりと深呼吸をしてください。
火の呼吸はインナーマッスルを鍛え、お腹を鍛えてくびれを作る効果がありますが、肺や血管、粘膜、細胞に溜まってしまった老廃物などの排出効果も期待できるでしょう。くびれ作りをしたいけれど、体を動かすのは苦手、という人は、火の呼吸に挑戦してみましょう。

スロトレという名前を聞いたことがあるでしょうか。スロートレーニングの略のスロトレは、効率よく体脂肪を落とし、特にウエスト周りの脂肪を落としてくびれ作りに効果的で、くびれが欲しい女性達から最近高い注目を集めています。
スロトレは間接を固定させずにゆっくりと筋肉を動かすことで、軽負荷で高いトレーニング効果を発揮します。ウエストのくびれに効き、骨盤やお腹の筋肉を鍛えて便秘解消にも役立つスロトレを紹介しましょう。
まずは床に座り、足を肩幅に開いて軽く曲げます。両手を胸の前で組んでお腹に力を入れ、上半身をゆっくりと後ろに倒していき、床に着く寸前に体を起こします。この時、足の裏が床から離れないようにしましょう。これを10回繰り返します。他にもくびれに効くスロトレがあります。
まずは仰向けに寝て、両腕を広げて背中と腰を床にくっつけましょう。そして、息を吸いながらかかとが上を向くまで足を上げ、息を吸いながらそのまま右方向に倒します。この時、顔は足と反対側に向けましょう。そのまま10秒静止し、息を吸いながら最初の体勢に戻ります。
これを左右交互に2回ずつ行いましょう。スロトレは1日10分程度で効果が現れ、1日おきに行えば良いので、くびれ作りのエクササイズとして続けやすいでしょう。

子供の頃にフラフープで遊んだという人も多いと思いますが、最近はくびれを作るエクササイズとしてフラフープが注目されています。フラフープを回すには腰を使いますので、ウエストの筋肉を鍛えることになり、くびれを作ることができるでしょう。
さらに、筋肉を鍛えるだけでなく骨盤の歪みも整えてくれます。くびれを作るためにフラフープを行う時には、背筋を伸ばして行うようにしましょう。その時、自分の体に合ったサイズのものを選びましょう。
また、人間の体にはそれぞれにスパイラルがありますので、腰を右回り・左回りと回し、楽に回転させられる方が自分のスパイラルですので、自分のスパイラルを確認しましょう。その後は、回す方向の足を半歩分前に出して、両膝を少し曲げて立ち、フラフープを回します。
最初は上手く回せないかもしれませんが、何度か挑戦していけば自然に回せるようになるでしょう。正しい姿勢で行えば、短時間でも何回かに分けて行うことでくびれへの効果を実感できるでしょう。
フラフープはくびれ以外にも全身の有酸素運動としても効果的です。最近は指圧効果のあるフラフープなど、よりくびれ作りやダイエットに役立つものもあります。フラフープで楽しくくびれ作りをしてみましょう。

くびれ作りのエクササイズに、BMダイエットがあります。BMダイエットは体調を整えてその状態を維持させるボディ・メンテナンスの略で、ボディ・メンテナンス学院の饗庭学園長が開発し、スポーツ選手のコンディショニングに用いられていました。
ダイエットに挫折してしまう理由に多かったの疲労とストレスだったため、健康的で疲れを感じないダイエットが習慣になることでダイエットの挫折が減ると、BMダイエットが生まれました。BMダイエットは、ウエストのくびれ作りにも効果的です。BMダイエットは呼吸法が大切ですので、まずは呼吸法を覚えましょう。
肩の力を抜いてリラックスした状態で、少し上を向き手を開いて複式呼吸をしましょう。5秒で鼻から息を吸い、背中を丸めてお腹を引っ込めながら5秒で息を吐ききるようにしましょう。呼吸法の次は、くびれ作りの出来るエクササイズをしましょう。まずは、両膝を立てて仰向けになり、両手を伸ばして胸の上で交差させ、鼻から息を吸ってお腹を出来る限りへこませましょう。
次に頭を持ち上げ、上になっている手の方へ上体をねじりながら腕を倒し、口から息を吐きながらお腹をへこませて5秒静止します。これを左右交互に5~10回繰り返しましょう。
BMダイエットはくびれ以外にも疲労回復と代謝アップの効果もあり、脂肪を燃焼させます。ぜひ、くびれたウエストと健康的な体を作りましょう。

女性の憧れのくびれたウエストは、簡単なエクササイズを毎日行うことで作ることが出来ます。それでは、そのエクササイズを紹介しましょう。まずは、脇のラインを伸ばすためにストレッチを行います。
足を肩幅に開き、両手を組んで頭の真上に持っていきます。そして、息を吐きながら上に引っ張り上げるように伸びをしましょう。この時、無理に伸ばすのではなく、気持ち良いと感じるくらいに伸ばすようにしましょう。くびれを得るために、あきらめず行っていきましょう。
手を元の位置に戻したら、息を吐きながら上半身を右側に倒していきます。この時には、おへそから上だけを倒すようにして、呼吸を止めないように気をつけて10秒キープします。終わったら、反対側にも同じように倒していきましょう。体は横に向かって倒すようにして、前に倒れてしまわないようにしましょう。
ストレッチの後は、肩幅に足を開いて両腕を肩の高さに開きます。そのまま、片方の腕が引っ張られるように上半身を動かしていきます。腕は床と平行になるように気をつけて、上半身だけ動かすようにしましょう。終わったら、反対側も同じように行います。このエクササイズを1セットとして、毎日3回~5回行うようにしましょう。くびれを実感できるでしょう。
くびれたウエストを作るには、毎日のエクササイズは欠かせません。特に女性は出産や加齢が原因で脂肪がつきやすい体になりますので、毎日のエクササイズでくびれたウエストをキープするようにしましょう。

くびれのあるボディラインを手に入れるために行うエクササイズは、色々なものがあります。どのエクササイズも毎日続けることができれば効果が出てくるのですが、エクササイズの種類によっては毎日続けることが難しいものもあるようです。今回紹介するエクササイズは、足指縛りというエクササイズなのですが、簡単なので誰でも続けることができ、くびれを手に入れることができるというものです。
足指縛りのエクササイズに必要なものは、髪の毛を結ぶゴムと、クッションだけです。非常にシンプルな方法なのですが、今から説明していきます。
まず、左右の足の親指をくっつけてゴムで縛りましょう。きつく縛る必要はなく、ただくっつけるだけなのでうっ血するほど縛らないようにしましょう。ゴムで縛ったら、両足のかかとをくっつけておきましょう。次に、腰の下にクッションを入れて仰向けになります。両腕は頭の横で伸ばしておきます。この状態で、10分間ほどそのままにしておくだけです。
これを毎日続ければ、くびれのあるボディラインを手に入れることができるでしょう。他のエクササイズと比べて非常にシンプルかつ楽な方法なので、手軽にくびれのあるボディラインを手に入れたいという人にはうってつけのエクササイズなのではないでしょうか。

くびれがあるボディラインは、誰もがあこがれるものです。お腹周りには脂肪がつきやすいので、なんとかしてくびれを保とうとして考えられたのがコルセットです。
コルセットが流行したのが、1750年ごろだと言われています。当時、ヨーロッパで流行したコルセットは、女性がボディラインをきれいに見せるために必要なアイテムでした。くびれを人工的に作ることができるコルセットですが、現代の補正下着の原型となっています。ただ、当時はかなりきつく締めあげてウエストのくびれを作り出していたため、医師からは反対する声も上がっていたようです。
コルセットはくびれを目立たせるだけではなく、バストもきれいに見せるようなつくりになっていました。そのため、生地はかなり厚いものを使用し、ラインをきれいに見せるためにクジラの骨などを使用していたようです。
コルセットを使うと、ウエストのくびれがかなり目立つようになります。お手伝いさんの手を借りて締め上げていたコルセットですが、当時はウエスト42センチを理想としていたようで、かなり強く締めあげていたようです。ウエスト42センチというと、今では考えられませんが、当時はそれが標準だったのです。
くびれは誰もがあこがれますが、日々の努力に加えて補正下着で手に入れることも可能です。美しいボディラインを手に入れるために、色々な方法を試してみてはいかがでしょうか。

若い世代から中高年世代までの女性の多くは、キュッと引き締まったウェストのくびれと、美しいボディラインを手に入れたいと望んでいることでしょう。しかし、年齢を重ねるごとに、ウェストのくびれは徐々になくなっていくものです。それに加えて、日常生活の中で少しでも油断すると、すぐにウェストのくびれはなくなり、ポッコリしたお腹だけが残ってしまうこともあります。そのような事態に陥らないためにも、マッサージやエクササイズなどを定期的に実施して、ウェストのくびれを維持する必要があります。しかし、マッサージやエクササイズなどは長続きせずに、途中で飽きたり・嫌になったりして、中断してしまうことが多いようです。このような場合、毎日着用するだけでウェストのくびれを維持できるようなアイテムがあるならば、長続きしない運動を気に病む必要はなくなります。
この毎日着用するだけでウェストのくびれを維持できるアイテムとは、「くびれメーカー」のことです。くびれメーカーは、骨のように極太のプラスチックボーンが縫い込まれている特殊な超立体構造となっています。このプラスチックボーンが腹筋・背筋などをサポートするため、体の歪みが矯正され、正しい姿勢を維持することができるのです。そのため、体に負担を与えることもなく、着用し続けるだけでウェストのくびれを作り出せます。これを着用した場合、着用すると同時に綺麗なくびれが現れるのです。
くびれメーカーは、従来の補正下着・ウエストニッパーのような不格好なものではなく、デザイン性に優れたアイテムです。また、体を締め付けるような圧迫感もないため、お手軽に着用することができます。つまり、くびれメーカーは、デザイン性・整形力・着心地の良さと言う3つの理念を追求して開発されたアイテムと言えます。
くびれメーカーの価格は、それほど高価ではありません。エステティックサロンに通うことと比べると、格安価格で理想的なウェストのくびれを作り出すことができるでしょう。
くびれメーカーは、ネット通販で販売されています。これを着用して憧れのウェストのくびれを手に入れたい人は、インターネット上で「くびれメーカー」をキーワードとして検索してみましょう。

このアーカイブについて

このページには、2009年8月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2009年7月です。

次のアーカイブは2009年9月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.11