スポンサードリンク

水虫のいろはの最近のブログ記事

水虫の菌=白癬菌は、私たちがふだん何気なく過ごしている場所のあちこちに存在しています。日本人の5人に1人といわれる、水虫(足白癬)の感染者が、裸足や靴下を履いた足で歩くたびに、垢となった皮膚の一部といっしょに白癬菌を落としていくからです。

特に家族の中に水虫にかかっている人がいる場合には、その家のあちこちが水虫の感染源になっている可能性があります。その中でも特に風呂場のバスマットやトイレのスリッパなどは白癬菌の温床で、そこから水虫に感染する可能性は高くなります。
水虫にかかっている家族のいる家庭では、水虫の予防に心がけて暮らすことが必要となります。

毎日、足を清潔に保ち、床やバスマットの清潔にも気をつけましょう。
また、水虫にかかっている人の靴やサンダル、スリッパ、洗っていない靴下などにも白癬菌が付着しています。接触によってすぐに水虫の菌がうつることはありませんが、できればさわったり共有したりはしないほうがいいでしょう。

何よりも、家族の中の水虫の感染者は「動く感染源」。家族に水虫をうつしてしまうことがないよう、早期に適切な治療を受けましょう。

その他、プールや銭湯、温泉施設など、はだしで多くの人が歩く場所や、スリッパを使用する公共施設などにも、水虫を引き起こす白癬菌が存在している可能性があるので注意が必要です。

水虫ができやすいのは体のどの部分でしょうか?まず思い浮かぶのは足の裏や足の指の間などの場所です。確かに、足は靴を長時間履かされているため、ムレやすく、水虫が最も多く発症する部位です。
しかし、実は足だけではなく、体のさまざまな場所に水虫は発症します。
水虫は白癬菌というカビが原因で起こる感染症です。白癬菌の栄養源は、私たちの体のどこにでもあるケラチンというタンパク質ですから、高温多湿という条件が加われば、体表のあらゆる場所で感染を起こすことができるのです。
白癬菌による感染症は、それが起こる体の部位によって、ちがった病名がついています。

「足白癬」 (水虫)       足
「股部白癬」(インキンタムシ)  股間
「体部白癬」(ゼニタムシ)    体
「頭部白癬」(シラクモ)     頭部
「手白癬」 (手水虫)      手
「爪白癬」 (爪水虫)      爪

ムレやすい靴の中で増殖し足に発症した水虫が足の爪にまで及び、「爪白癬」を発症すると、外用薬だけでは治療が難しくなり、内服薬との併用が行なわれます。

水虫ではほとんどの場合、自然に治ることは期待できません。また、薬物治療を施しても、再発を繰り返し、たいへん治りにくい病気でした。しかし最近の医療と薬品の著しい進歩によって、的確な診断と治療さえ行なえば、水虫を完治させることが可能になりました。今や水虫は「治る病気」となっています。

水虫の原因となるのは、「白癬菌」または「皮膚糸状真菌」といわれるカビの一種です。ヒトや動物の皮膚の角質層に棲みつき、角質層を形成するたんぱく質であるケラチンを栄養源としています。また、高温多湿を好み、気温15℃、湿度70%を超えると活発に増殖を開始します。
ところが、人間が靴を履いた状態では、足の指の間の温度は32℃、湿度は95%にもなるため、白癬菌の増殖と水虫の発症には絶好の環境です。そのうえ、日本には、蒸し暑く湿度の高い梅雨のシーズンがありますから、これがまた、水虫をいっそうパワフルにさせてしまいます。

また、水虫の原因菌である白癬菌は、たいへん強い生命力を持っていて、履いていないゴム長靴の中で6ヶ月も生きていたというケースもあり、湿度が保たれている場所なら、かなり長いこと潜伏可能なようです。
そのため、家族に水虫にかかった人がいれば、水虫を起こす白癬菌は家中に存在しています。特に、バスルームの足拭きマットや洗い場の床、トイレのスリッパ、フローリング、コタツの中敷などには水虫の菌が付きやすいので注意が必要です。

しかしいくら水虫の菌(白癬菌)の生命力が強いといっても、菌が足についたらすぐに水虫がうつってしまうといういうことはまずありません。付着した水虫の菌が足の角質層にまで浸透するには、通常1日か2日はかかります。ですから感染予防には、こまめにシャワーを浴びるなどして清潔を保つフットケアが必要です。

カビ(真菌)の一種である「白癬菌」(はくせんきん)に感染して起こる皮膚病、それが水虫です。
しかし、白癬菌が原因とはいっても、白癬菌に触れただけで即、水虫を発症するというわけではありません。
水虫が発症するのは、次のような条件が重なった時です。
①水虫の原因となる白癬菌が皮膚に大量に付着している。
②白癬菌が長い時間、付着したままの状態で放置されている。
③白癬菌が付着した場所が、菌の増殖に適した高温多湿の状態をキープしている。

水虫患者から大量の菌を付着させられる機会はいくらでもあります。その菌を、ムレやすいうえ、その内側はめったに掃除されることもない革靴に、朝から晩まで足を突っ込み、増殖させてしまう。これこそが、水虫が蔓延する最大の原因のようですね。スーツに革靴の会社員に、水虫に悩まされる人が多いのも納得できます。

日本に水虫が流行り始めたのも、靴が普及した、約60年ほど前からだと言われています。それ以前、日本の国民のほとんどが下駄や草履を履いていたころには、水虫の流行もありませんでした。
また、水虫が日本に広がった原因のひとつとして、第二次世界大戦で、戦地から帰還した兵士の影響が考えられます。不衛生な環境の下で何日も靴を履き続けなくてはならなかった兵士たちが、帰還先の全国各地に、水虫を持ち込む結果となったのかもしれません。

白癬菌は強靭な生命力を持った菌だと言われています。このため、水虫は簡単には治らないばかりか、いったんは治っても再発を繰り返したり、体の他の場所に広がったりもします。そればかりか、水虫を抱えて家中を歩き回れば、あなたの水虫を家族にまで感染させることにもなりかねません。たかが水虫と軽んじないで、早期に的確な治療を受けることが何より重要です。

水虫というのは、皮膚糸状菌(ひふしじょうきん)というカビ(=真菌)の一種に皮膚が侵されることによって起こる感染症です。皮膚糸状菌とは、聞き慣れない名前ですが、俗にいう「白癬菌」(はくせんきん)のことです。
水虫の原因となるこの白癬菌。皮膚のたんぱく質であるケラチンを養分としています。また白癬菌は、カビの一種として高温多湿を好むため、ご存知のように、ムレやすい足の指の間や足の裏などでよく繁殖し、激しいかゆみや腫れなどの水虫の症状を引き起こします。

しかし実は、白癬菌は、足の指の間や足の裏だけではなく、爪、股間、頭部、体部にも感染を引き起こします。「水虫」はところかまわず発生する病気といってもいいでしょう。
しかし、白癬菌が取りついた場所によって、現れる皮膚病の名前は以下のように変わります。カッコの中は通称です。

爪;「爪白癬」 (爪水虫)、
股;「股部白癬」(いんきんたむし)、
頭;「頭部白癬」(しらくも)、
体;「体部白癬」(たむし)

水虫を引き起こす白癬菌は、もともとは土中で生息していた菌が、ヒトの体表でも繁殖可能な生命体に進化したものです。
白癬菌の種類は、世界的には10種類以上もあると言われていますが、日本にはそのうちの5~6種類が存在し、水虫の原因となっています。

しかし、皮膚がカビに侵される「真菌症」を引き起こす菌は、白癬菌以外にもあります。そしてやっかいなことに、菌が違うのにその症状は水虫と全く同じ、という皮膚病まであるのです。このため、水虫だと思って市販薬で治療しても治らないばかりか、かえって症状が悪化するケースもあります
「もしかして水虫?」と思ったら、まずできるだけ早く皮膚科を受診されることをお勧めします。

水虫の感染者と生活を共にしていても、水虫に感染しない人もいれば、感染してしまう人もいます。
このちがいはどこから来るのでしょう?

●足を清潔に保てば水虫にかかりにくい
たとえ水虫の菌に触れたとしても、清潔に心がけ、毎日入浴やシャワーで菌を洗い流していれば、水虫は発症しにくくなります。というのも、水虫を起こす白癬菌は、1日から2日をかけて皮膚の奥深くに浸透し水虫を引き起こすため、理論的には、その前に洗い流してしまえばいいわけです。

●革靴などを履き続ける人は水虫にかかりやすい
安全靴や革靴、ブーツなどのムレやすい靴を長時間履き続けなければならない人は、水虫を発症しやすいようです。

●湿度の上昇で、水虫感染のリスクも上昇
湿度85%以下
水虫の菌は不活発です。この湿度が保たれていれば、水虫の菌が付いて1週間くらいは感染は起こらないとされています。
湿度95%以上
水虫の原因である白癬菌は活発に動き始めます。この湿度なら、水虫の菌が付着してから最短1日半で水虫に感染してしまいます。
湿度100%
感染源に触れてからわずか1日で水虫に感染することもありえます。

●体質、免疫力、糖尿病などと水虫との関係
汗をかきやすい体質だと、水虫にかかりやすいでしょうか? 確かに多少の要因とはなるかもしれません。しかし、体質それ自体よりも、付着した白癬菌が汗によって高温多湿の状態に置かれることが問題なのです。汗っかきでも、こまめにシャワーを浴びるなどすれば、水虫の感染を防げるかもしれませんから。
また、免疫力や抵抗力が低下している人も、水虫をはじめさまざまな感染症に対する注意が必要です。健康に気を配り、免疫力や抵抗力をつけることも、水虫の予防には欠かせません。
足の形状(足の指の間が狭い、偏平足など)によっても水虫になりやすいことがあります。また糖尿病患者も水虫になりやすいとされています。

水虫と聞くと、あまりいいイメージはわいてきません。かかったら何だか恥ずかしいし、人には言いたくないし、できればかかりたくない病気、といったところでしょうか。
水虫患者は、白癬菌のキャリアー(運び屋)として、周囲からそれとなく警戒され、差別されているのかもしれませんね。

じっさい、家族のだれかが水虫に感染していると、その水虫感染者が家の中のあちこちに白癬菌を落としていることは間違いありません。
また、水虫の人と靴やスリッパを共有したり、水虫の人が使用したを爪切りを洗わないで使用したりすれば、水虫がうつってしまう可能性があります。
もちろん、白癬菌が付着したからといってただちに水虫に感染するというわけではありませんが、水虫の感染者と生活を共にしていれば、水虫にかかりやすいということは言えそうです。

そうなると、水虫にかかっている人の下着や衣類も、他の家族のものとは別に洗濯したほうがいいのでしょうか? 答はノーです。これは一緒に洗濯しても問題はありません。そこまでする必要はないのです。
というのも、洗濯によって水虫の菌である白癬菌は洗い流され、残った菌が水虫を引き起こすことはまずないからです。さらに屋外で干したり、乾燥機でよく乾燥させたりすれば万全です。

水虫の人とはなるべく何でも別々にしたいなどと思いがちですが、正しい知識を持って接すれば、それほど神経質になったり、敬遠しなくても大丈夫。そうそう水虫に感染することはありません。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち水虫のいろはカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは水虫の症状と治療・予防です。

次のカテゴリは水虫のあれこれです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.11