スポンサードリンク

水虫のあれこれの最近のブログ記事

水虫かな?と不安になる一瞬。足の裏や側面にブツブツができたり、カサカサになったり、足の指の間が白くふやけたり、むずがゆさや強いかゆみが現れたり。、
確かによくある水虫の典型的な症状です。水虫である可能性は高いと思われます。

しかし、ちょっと待って下さい。実は水虫とそっくりの症状の皮膚病はいくつもあります。
医療機関にかからず、水虫だと思い込んで市販の水虫薬で治療を続けても少しも良くならないどころかかえって悪化しているようなら、もしかするとそれは水虫ではないのかもしれません。

●汗疱(かんぼう)
手のひらや足の裏、指の間などに水泡ができ、皮がむけ、かゆみや痛みを伴う症状が、足や手の水虫とよく似ているので、水虫とよく勘違いされる皮膚病のひとつが「汗疱(かんぼう)」です。
汗疱は菌が原因の病気ではなく湿疹の一種です。

●皮膚カンジダ症
水虫は白癬菌というカビ(真菌)による真菌症ですが、カンジダ症は「カンジダ」という真菌が原因の真菌症です。カンジダ症にはに陰部に発症するものや、皮膚カンジダ症などがあります。
皮膚カンジダ症が足や手の指に出ると、指の間が赤くなり、皮がむけてかゆいという、水虫によく似た症状になることがあります(カンジダ性指間びらん症)。また、カンジダ症が爪に発症すると、爪水虫のような症状が出るため、これも爪水虫と間違われやすくなります。

●その他の水虫と症状が似ている皮膚病
貨幣状湿疹(かへいじょうしっしん)
掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)
疥癬(かいせん)、
多形滲出性紅班(たけいしんしゅつせいこうはん)

このように、水虫に似ている皮膚病はたくさんあります。また、水虫と湿疹、水虫と皮膚カンジダ症などを同時に発症しているといったこともありますから、安易な素人判断をしないで、皮膚科を受診するのが水虫を治す近道です。また、長いこと治らない水虫がある場合も、必ず皮膚科を受診しましょう。

水虫は人間だけがかかる病気ではなく、イヌやネコなどのペットにもあります。
私たち人間が水虫になると、皮膚が赤くなる、水疱ができる、かゆいなどの症状が出ます。一方、犬や猫などの動物が水虫に感染した場合には、円形脱毛、かゆみなどの症状が多く見られますが、まれに水虫に感染しているのに症状がないケースもあるそうです
家の中でペットを水虫に感染させないためには、床などの掃除をていねいに行い、風呂場のマットなど、水虫の原因となる白癬菌が増殖しやすい場所の清潔に気を配りましょう。

また、水虫に感染したペットが、人間に水虫をうつしてしまうこともあります。
水虫に限らず、ペットから感染するさまざまな病気を予防するためには、スキンシップはほどほどにすること、ペットにさわった手はすぐにきちんと石鹸で洗うことなどが重要です。

犬や猫から感染する水虫は、人間から感染した水虫とはちがった特徴もあります。
まず、ペットからうつされた水虫は、ペットを抱き上げるなどのスキンシップの影響で手や顔や頭に発症することが多く、足に出ることはあまりありません。
また、人間からうつった水虫よりも、強いかゆみと腫れの症状が現れることもあるようです。これは、1970年台以降のペットブームで日本に輸入された動物が持ち込んだ、日本にはなかった種類の白癬菌が、今や日本中に広まっていることとも関係しているようです。

どちらが水虫の感染源だったにせよ、ペットも飼い主も水虫になってしまったら、片方だけが治療をしてもムダ。再び感染が繰り返されてしまいます。人間は皮膚科で、ペットは動物病院で、同時に水虫の治療をスタートさせましょう。

水虫は皮膚が白癬菌に感染することで起こりますから、乳幼児の水虫もないとはいえません。でもやはり、通気性の悪い靴を履き続ける大人とはちがって、歩き始める前の赤ちゃんには水虫はほとんど見られません。
とはいえ、家族のだれかが水虫にかかっていれば、その人が歩いたところには白癬菌が存在し、赤ちゃんにも感染する可能性はあります。家庭内の白癬菌の温床は、何といってもバスルームの足拭きマット。こまめに洗濯し、いつも乾いた状態にして、赤ちゃんを水虫感染のリスクから守りましょう。

では、もし赤ちゃんが水虫になってしまったらどうしましょう? まず、それはほんとうに水虫でしょうか? 水虫に似た症状の接触性皮膚炎などかもしれません。素人判断をしないで、必ず皮膚科を受診しましょう。皮膚科では、患部の皮膚を採取して顕微鏡検査することで、水虫であるかどうかを簡単に診断することができます。
検査の結果、水虫という診断であれば、皮膚科の医師は赤ちゃんにも安全な水虫の薬を処方してくれるでしょう。
自分の判断で市販の水虫薬や、家族が病院から処方されて使用している外用薬などを赤ちゃんに使うのは厳禁です。デリケートな赤ちゃんの肌に、刺激の強い水虫薬を用いれば、症状をいっそう悪化させる危険があります。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち水虫のあれこれカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは水虫のいろはです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.11