スポンサードリンク

自分に合う小顔エクササイズを

小顔を目指すためにはいくつもの方法や手段があり、そのそれぞれに意味や目的があります。
小顔になりたいからと片端からやみくもに試すよりは、まず自分の顔が大きく見える原因を分析してみましょう。
そうする事で、自分の原因に適した効果のある方法が選べるというものです。
顔が大きく見える原因はおおよそ次のいくつかに分類されます。
・むくみ
・肥満
・表情筋の衰え
・歯ぎしりなど力の入れすぎ
・骨格のゆがみ
これらの中に自分の抱えている問題があるのを知れば、それを改善するための方法に的を絞って行えるでしょう。
むくみが原因の場合は、水分の影響を受けています。ですから水分摂取の際は1回の量を少なくしてアルコールを控えます。
食品は利尿作用のあるものを摂るように心がけて、フェイスマッサージを行いましょう。
肥満からくる悩みの場合はまず運動をして基本的なダイエットをすると共に、血流を良くしたり脂肪分解酵素を含む食品を摂るようにするといいでしょう。
表情筋の老化からくるたるみには、表情筋を鍛えるように小顔エクササイズをやっていきましょう。
歯ぎしりや歯を食いしばってしまう場合には、その行為を何故してしまうのかを探ることから始めましょう。
ストレスがあると思われる時は気分転換をこまめにするのを意識しましょう。かみ合わせが悪い時は歯科医との相談が必要です。
また、この場合にも表情筋を動かすのは効果的とされています。
骨格の歪みが見られる場合には、日常から正しい姿勢を習慣づけて体の中心がずれていることを改善することで顔の歪みが解消されます。

このブログ記事について

このページは、genが2009年6月14日 06:28に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「小顔サポートグッズあれこれ」です。

次のブログ記事は「小顔に効果・リンパマッサージ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.11