スポンサードリンク

小顔と表情筋の関係

表情筋という筋肉は、顔の皮膚の下に張り巡らされています。
この表情筋の大半は、日常生活を送るだけでは使われないものです。
喋ったり物を噛むといった口を動かす時以外はめったに使われない部分です。
この使われていない部分は年齢と共にたるみを作る原因となり、小顔にとっては大変な問題です。
表情筋の約8割があまり使用されないのですが、この部分を意図的に動かす事で筋肉の老化を食い止めてたるみを防止します。
これが小顔にとっては効果の高いエクササイズとなります。
表情筋は意識さえすれば動かすのはとても楽なのですが、その時に作る表情はやや恥ずかしいと思われますので
入浴中などの一人の時間にやってみるのが最適でしょう。
小顔のためのエクササイズをいくつかご紹介しましょう。
一つは、、首の筋肉に意識を向けるものです。
天井を見るようにして顔を上方に向け、あご下から喉の部分の筋肉が伸びているのを確認してください。
これによって首周りをまずすっきりとさせましょう。
更にもう一つ、口をあけて発音する事で表情筋を動かすものです。
始めに顔を真下に向けながら「い・え」とゆっくり大きな口で発音します。続いて顔を正面に戻して「あ・う・お」と発音します。
この時も口の動きは出来るだけ大きく、ゆっくりと行いましょう。
最後に目をぎゅっと強く閉じたままの状態を数秒間続けて、それから目を大きく見開きます。
こういった小顔のための運動は、毎日続ける事で効果を得られます。
一日も欠かさず日々の努力を積み重ねるのが最も大切な事なのです。

このブログ記事について

このページは、genが2009年6月11日 04:44に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「小顔も日常生活の改善から」です。

次のブログ記事は「正しいリンパマッサージが導く小顔」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.11