スポンサードリンク

小顔の矯正の最近のブログ記事

小顔グッズとしては顔用のローラーは手軽にできることからポピュラーになってきましたが、数あるローラーの中でも特に注目の人気商品があります。
それが「ヴィーナス5」というフェイスローラーなのです。
その人気の秘密は、特殊な内部構造にあるのです。
ローラーに内蔵されている特殊なセラミックはマイナスイオンや遠赤外線を放出するもので、気になる部分の上を転がすとこのセラミックが作用して顔を引き締めるというしくみなのです。
このヴィーナス5の効果は小顔だけでなく美肌効果もあることから、美容グッズには目の高い女性達にも満足されている商品なのです。
ヴィーナス5の使い方はいたって簡単。自分の顔の機になる部分の上にコロコロと当てるだけです。
更に効果を上げたい方は、血行の良い入浴中にするとより強い効果を体感できます。
小顔のために使用する場合は、転がす際に顔の筋肉を思い切り動かすのもちょっとしたコツです。
口を大きく開けたり閉じたり、笑った顔や起こった顔をオーバーにやってみるなどで顔中の筋肉を使いましょう。
この動きにヴィーナス5が加われば小顔効果は更に上昇します。
お値段は18,900円と、ローラーの中ではやや高価な部類ですがエステや高級化粧水を使い続けるなどよりコストパフォーマンスも高いです。
思い立ったらこの機会に手に入れてみてはいかがでしょうか。

小顔矯正をしたいけどやってくれるところがわからない、またはちょっと不安があるという方には自宅で簡単に出来る方法があります。
専門家の施術よりは強い効果はなく、あくまでも素人向けに簡素化してあるものですが、続ける事で実感が得られるようになります。
その手順をご紹介しましょう。
1.右の手のひらをおでこに当てて、左手は親指と他の指で両の頬骨をつかみ上げるように手を置きます。
2.右手は右方向に押すように力を加えていき、左手は左方向に四本指で頬骨を引く形で力を加えます。
3.顔の状態は2のまま、口を大きく開閉させる動きを5回ほどやります。
4.左右の手を入れ替えて、1~3の動きを左右対称にして同じように繰り返します。
5.右手を右の頬に当てながら下に引っ張るように力をいれていきます。同時に左手はこめかみ部分に当て、上方向へ引っ張り上げるように加圧します。
6.5の状態のまま、再び口を大きく5回ほど開閉させます。
7.5の動作を左右逆にしたあと6の動作を行います。

これが、簡略してありますが自分でもできる小顔矯正の動きです。
コツさえつかめば5分程度で済むようになりますので、毎日続けるのもそう負担にはなりません。
地道に続けていけば、1週間ほど経った時点で徐々に小顔に矯正されている効果を体感できるようになってくるでしょう。
忙しくて小顔矯正の施術を中々受けられない人でも、まずはこうした動きからやってみることをお勧めします。

整体へ通う人のほとんどの目的は、肩こりや腰痛などの症状の改善のためかと思われます。
整体によって健康なからだを目指すというのが一般的な認識ですが、この他にも小顔矯正のように美容にとっても十分有効な手段なのです。
基本的な整体の理念は、体を支える骨格や筋肉を正しい位置や働きへ矯正するというところにあります。
ですから通常は体の歪みからくる肩こりや腰痛の改善のために整体を利用する方がほとんどです。
しかし、体だけでなく顔面の歪みにもむくみ・血行不良といった悩みを引き起こす事があるので、この場合は顔面に対しての矯正が必要になります。
整体師は骨格と筋肉のプロですから、小顔矯正のプロであるとも言えるのです。
最近は整体院でも小顔矯正を扱うところが増えてきました。
美容整体をメインとしたところから、一般の整体院に小顔矯正のコースがあるようなところなど様々です。
肩こりなどで整体院をご利用の方は、ご自分が通っている場所で小顔矯正が出来るか聞いてみるといいでしょう。
顔を小さく見せるためだけの小顔矯正ではなく、顔の左右のバランスや顔に疲労感が残るといった悩みの方にもお勧めできます。
整体が骨や筋肉の根本からの改善を目指すように、お顔のケアも外側からだけでなく根本から良くしていくのも一つの方法です。

美容整形手術の目的の中には小顔矯正の項目もあります。
特に小顔にするための方法で知られているのは「エラ削り」と呼ばれている方法です。
名前からも想像がつくように、エラの部分の下あごの付け根辺りの骨を手術によって削るという方法です。
この手術は入院が必要となる大掛かりなもので、全身麻酔をかけた上に数時間もかかる大手術です。
美容整形ですから、顔に跡がつかないようにメスは口の中から入れていきます。
確かに外側からは施術跡は見えませんが、骨を削った影響は術後に腫れとなって外見にもわかる事を念頭に入れておきましょう。
この手術による腫れは長くて数週間も残りますから、長期休暇が必要になる上に外出する際も工夫しなければならないので
手術を受ける際には腫れが引くまでの事を考えた長期的な計画が必要となります。
腫れが引き、傷の状態がよくなるまでは痛みなどの苦労が伴いますが、それが回復すれば小顔へと矯正された状態は半永久的に続きます。
小顔矯正のためにある様々な方法でも、骨格自体の大きさを変えることは不可能です。
小顔にならない理由がむくみや筋肉の衰えといったものでなく、骨格のせいで顔が大きい、広く見えてしまうというお悩みの方ならば一度相談されてみてはどうでしょうか。

「ボトックス注入」という美容外科の方法をご存知でしょうか。
美容外科の扱う施術の中でもメスを使わない「プチ整形」と呼ばれる流行のジャンルの一つで、小顔矯正の役割があります。
それでは、ボトックス注入法が小顔矯正としてどんな効果を上げるのか具体的に説明していきます。
ボトックスの主成分はボツリヌス菌という細菌です。この成分は筋肉の働きを止めてしまう働きがあるので、顔面神経痛などの治療に際して用いられた医薬品の一種です。
医療用の成分ですから、人体への安全性も実証されています。
この作用を小顔矯正に応用したのがボトックス注入法なのです。
顔の筋肉が必要以上に発達して張ってしまい、フェイスラインがくずれてしまった部分に対してこのボトックスを注入するのです。
その発達した筋肉の動きが止まる事で筋肉は徐々に落ちていき、フェイスラインもすっきりするという仕組みなのです。
このボトックス注入法は、こうした小顔矯正の効果意外にもシワやたるみの解消にも抜群の効果が見られます。
整形手術ではありませんから入院の必要もありません。施術時間はおよそ10分程度で済みますし、術後すぐにメイクすることもできます。
ボトックス注入による小顔矯正の効果は、個人差がありますがおおよそ3~6ヶ月持続します。
また、効果を実感するようになるまでは1週間~1ヶ月ほどかかります。
ボトックス注入を行う前には、こういった点をきちんと把握してから臨みましょう。

小顔矯正は、美しいフェイスラインが手に入ることで注目を集めています。
この小顔矯正には体にとっても大切な役割があります。それが「噛み合わせ」なのです。
歯の噛み合わせは、ずれていると顔の歪みだけでなく頭痛・肩こりの原因ともなってしまいます。
小顔矯正と聞くとどうしても顔を小さくするための施術と思いがちですが、それ以前に噛み合わせを正す事で頭痛・肩こりの解消や口を開けた時の痛みや音がなくなるという改善がみられます。
こうしたことからも、噛み合わせが健康に対していかに重要であるかがお分かりかと思います。
ですから小顔の追求だけでなく、併せて自分の体調管理にもよい影響を与えてくれるのが小顔矯正なのです。
ただ、体調不良の全てが小顔矯正による噛み合わせの改善だけで解決するというわけではありません。
改善の結果の体調にいまひとつ変化が見られない場合は相談してみるとほかの問題点が見つかるかもしれません。
小顔矯正といっても顔だけのものではなく、体全体のバランスから歪みを取り去った結果として小顔になるという発想からスタートしてください。
美しさも、まず健やかな体からなのです。
小顔矯正では、健康な体を手に入れた結果として美しい顔立ちがついてくるという流れを理解した上で取り組みましょう。

小顔矯正について様々なメディアが取り上げるようになって興味のある方も多くいらっしゃると思います。
ファッション誌はもちろん、モデルさんのブログでも話題に上ることがしばしば見られるようになりました。
実際に小顔矯正を受けることを考えたら、その次のステップとして小顔矯正の技術や知識を習得するというところまでやってみようと思いませんか。
そこで、テレビでも取り上げられた「スパココモ」のご紹介です。
東京・浅草にあるスパココモは、美容をテーマにしたお店です。
小顔矯正や美脚矯正といった美容のための整体の他、タイ式マッサージにフットケア、まつげパーマといった
美容に関することなら全身のケアが出来るサロンなのです。
中でも小顔矯正のコースは効果の即効性が1回の施術でも分かる事から、テレビ番組の紹介後に予約が殺到したほどの人気です。
このスパココモは、施術を受けるだけでなく学ぶ事のできるスクールも同時に開講しているのが特長です。
「美容整体」の小顔矯正を含むコースと、「リラクゼーション」のフットケアを含むコースの2つがあります。
美容整体コースでは受講料が50万円以上になりますが、通常の整体スクールに比べるとかなりの割安料金なのです。
習得期間が2~6ヶ月と、比較的短期間で効率よく技術が学べるカリキュラムであるのも魅力です。
現在はあまりの人気で受講予約まで一杯で新規受講の申し込みも一時停止しているほどです。
それ程人気がある事は確かな技術の証明でもありますから、この機会に是非学んでみたいと思われる方は店舗に問い合わせて、最新の受講状況を聞いてみましょう。

ほっそりとした小さい顔に憧れる女性は多いでしょう。
その手段として小顔矯正を試そうと考えている方もいらっしゃると思いますが、その前にちょっと考えてみましょう。
小顔になるために様々な方法があり、マッサージや体操、エステなど多くある中の一つが小顔矯正です。
そこで、小顔矯正が自分にとって一番適したものかどうかを考え直してみましょう。
実は、小顔矯正を試すより前に日常のちょっとした習慣を改善したり癖を改めたりするだけで治ってしまう事もあるのです。
まず、自分が座っている姿がどんなものか思い出してください。わからない場合は鏡の前に座ってみてチェックしてみましょう。
その姿勢は猫背だったり、首が前に突き出ているような姿だったりしませんか。
首を前に突き出す姿勢は同時にあごも前に出てしまいます。
この姿勢によって、頭の重さが顔に直にのしかかり、結果としてえらの部分の筋肉で支える事となりえら部分の筋肉が発達強化されてしまいます。
姿勢の悪さは、方や首のコリ・顔周辺の循環の悪化・むくみなどを引き起こします。
これらの症状は姿勢を正すことで解消できるものなのです。
ですから、小顔矯正と外から矯正しても姿勢が悪いままだと無意味なのです。
逆に言えば正しい姿勢を心がければ体調や小顔にとってもよい効果があると言えるのです。
小顔美人を目指すのであれば、姿勢に気をつけることから始めてみましょう。

小顔について近年注目されている美容法に小顔矯正があります。
小顔を目指す女性にとって、リフトアップケアと同様に効果の即効性を感じられる高い人気の美容法です。
一口に小顔矯正といってもその手法は数々あります。
一般的なものは、顔の歪みを矯正することで骨格を改善して小顔になるというものです。
さらに詳しく説明すると、顎の関節のゆがみ矯正・リンパマッサージで顔面に残る老廃物の排出を促す・顔のツボを刺激して血行をよくする、といった手段が取られます。
こうした具体例からなんとなく察する方もいるかと思いますが、これらは整体の技術を応用させてできたものです。
整体というだけで痛い・ボキボキするといったイメージを抱くかと思われますが、この小顔矯正で施す方法は
あごの関節などの骨格に対して優しい刺激を与えて矯正していく方法なので痛みを伴う事はほぼありません。
矯正と同時にマッサージを行ってむくみを除去し、血流やリンパの循環をよくして小顔だけでなく美肌への効果も上げられます。
エステのように何回も通う必要が無く、通常1回の施術で終えるのが手軽ですし、美容整形のようにメスを入れるという事もありませんので安心感があります。
こうした利点から、小顔矯正の需要は今後も高まると見られている期待の美容法です。

小顔矯正の方法の中でも、最近多くのファッション誌でも話題になっている「骨気(コルギ)療法」のご紹介です。
「骨気療法」は日本骨気協会が独自に編み出した方法で、小顔矯正に高い効果があります。
これは骨と筋肉に同時に働きかける事で小顔を矯正していくというものです。このスタイルは通常のマッサージや民間療法とは全く別の新しい手法です。
骨気療法の特徴で特に支持されているのがその即効性と持続性です。
また、小顔の矯正と同時に顔面にある老廃物を取り去って、血液やリンパの循環を良くしていきます。
こうした効果はシワや目の下のくま、加齢によって目立つ法令線などに対しても発揮され、顔を若々しくしてくれます。
更に素晴らしいのはこうした結果、顔だけでなく肩コリだったり足のむくみといった全身への効果があり、
他にも女性に対して特に効果があり、生理痛・生理不順といった女性特有の症状も改善されてそこから不妊に悩む方にも評判になっていきました。
骨気療法を受けて体質が改善されてから念願の新しい命を授かったという事例も寄せられているそうです。
現在この骨気療法は東恵比寿と大阪の2店舗で受ける事ができます。
コースも各種取り揃えてあり、小顔矯正コース・全身コース・ブライダルコース・子宮管理・お試しコースなどがあります。
施術は完全予約制ですので、受けてみたい方はまず最寄の店舗へ問い合わせてみましょう。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち小顔の矯正カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは小顔のマッサージです。

次のカテゴリは小顔の体操です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.11