スポンサードリンク

小顔の方法(全般)の最近のブログ記事

人に対して持つ顔の印象というのは、ヘアースタイル一つで随分変わってくるものです。
顔が丸い人でも、ヘアースタイルの選び方でシャープな印象を出す事も可能です。
もちろん、小顔を印象付けるヘアースタイルというのもあります。
自分の好みの長さやスタイルなどはそれぞれあるでしょうから、小顔にするために嫌いな髪型に変える事まではする必要はありませんが、
小顔に見えるヘアースタイルがどんなものか検討してみて気に入ればチャレンジしてみる価値はあるでしょう。
小顔に見せるヘアースタイルにはどんなものがあるか大体の法則があります。
まず、顔の幅の広い人にはロングヘアーは小顔という観点からは向きません。
体全体とのバランスを見ても頭との対比がとれていない印象になってしまいます。
ショートカット・セミロングどちらにも共通するのはボリュームは抑え気味がよいという点です。
髪の量が増えると頭でっかちに見えますから、耳の辺りから抑え気味にしていくというのが最もバランスがよいでしょう。
トップの部分はボリュームが多くても構わないのですが、他の部分は抑えておくのが小顔に見せるヘアースタイルの基本原則です。
一番小顔に見えやすいとされるヘアスタイルは、セミロングで毛先を削いでカールをあしらったスタイルです。

まず手短に小顔を実現したい方には、メイクで小顔を演出するという方法があります。
普段行っているメイクを少し工夫するだけで、小顔に見せることが可能です。
今や小顔は多くの女性の憧れですから、テレビなどでも多く特集されます。
メイクで作る小顔の基本は、ファンデーション使いにあります。
それにチークなどでメリハリをつけて立体的な造形にしあげていきます。
それは目立たせたい部分を強調して隠したい部分の印象を薄くするという見せ方の名句で小顔を印象付けるのです。
チークは単に頬に塗ればよいというものでもありません。塗る事で強調されますから、頬骨の張りが有るか無いかでも付け方が変わってきます。
顔がまるくて頬の丸みも気になる方であれば、頬に影をつけてシャープな輪郭に見えるようなメイクが適しています。
頬骨の高い部分には明るい色のチークを置き、こめかみからあごへのラインにトーンを落とした暗めのチークで仕上げれば顔の丸さが目立たなくなります。
この際、ぼかしを適度に入れて自然な仕上がりを目指すと仕上がりが良くなります。
また、アイメイクを強調させることで目が印象付くと頬の印象が薄まります。
この時眉のラインは長めに引いて、コントラストを強調した立体感のあるアイメイクにしていきましょう。
目力のある印象を受ける事で、頬が丸いというイメージよりも目元に印象が残るようになります。

小顔を目指すためにリンパの流れに沿ってマッサージをし、顔面に溜まっている老廃物を排出させるという方法があります。
それがリンパマッサージといわれるものです。
最近ではテレビや雑誌といったメディアで取り上げる機会も多いので、ご存知の方も多いでしょう。
このリンパへのマッサージは、小顔へ有効なだけではなく体全体をスリムにする効果もあります。
今や、専門の書籍やDVDも発売されるまでの人気のマッサージです。
このリンパマッサージを取り入れたダイエットには、本当に様々なうれしい効果が見られます。
顔面だけでなく体内に残る老廃物を体外に出すという効果に加え、むくみの解消・スリム体型には大敵のセルライトの改善・
肌にツヤとハリを与える・血行が良くなる・若くみえるようになるといった大変多くの効果が期待されるのです。
小顔だけに焦点を絞るならば、首から上のマッサージだけでいいのです。
体全体のリンパの流れを良くすれば、体のラインもきれいになってきます。
リンパマッサージの一番の魅力はなんといっても即効性があることです。
正しい方法で行われたリンパマッサージの効果は即実感となってあらわれます。
但し、半日程度しか効き目がありませんから毎日継続させるのが望ましいでしょう。
顔面部のマッサージであれば、洗顔や毎日のスキンケア・メイクのついでに行いやすいので長続きさせやすいものです。
普段のお手入れにちょっと一手間かけてリンパマッサージを続けてみませんか。

小顔を目指すためにはいくつもの方法や手段があり、そのそれぞれに意味や目的があります。
小顔になりたいからと片端からやみくもに試すよりは、まず自分の顔が大きく見える原因を分析してみましょう。
そうする事で、自分の原因に適した効果のある方法が選べるというものです。
顔が大きく見える原因はおおよそ次のいくつかに分類されます。
・むくみ
・肥満
・表情筋の衰え
・歯ぎしりなど力の入れすぎ
・骨格のゆがみ
これらの中に自分の抱えている問題があるのを知れば、それを改善するための方法に的を絞って行えるでしょう。
むくみが原因の場合は、水分の影響を受けています。ですから水分摂取の際は1回の量を少なくしてアルコールを控えます。
食品は利尿作用のあるものを摂るように心がけて、フェイスマッサージを行いましょう。
肥満からくる悩みの場合はまず運動をして基本的なダイエットをすると共に、血流を良くしたり脂肪分解酵素を含む食品を摂るようにするといいでしょう。
表情筋の老化からくるたるみには、表情筋を鍛えるように小顔エクササイズをやっていきましょう。
歯ぎしりや歯を食いしばってしまう場合には、その行為を何故してしまうのかを探ることから始めましょう。
ストレスがあると思われる時は気分転換をこまめにするのを意識しましょう。かみ合わせが悪い時は歯科医との相談が必要です。
また、この場合にも表情筋を動かすのは効果的とされています。
骨格の歪みが見られる場合には、日常から正しい姿勢を習慣づけて体の中心がずれていることを改善することで顔の歪みが解消されます。

小顔がブームになったことで、小顔のためのグッズが多く販売されるようになりました。
女性向けのショップでは美容コーナーに小顔グッズがこれでもかと並んでいます。最近ではドラッグストアなどでも買えるお手ごろ価格の商品も増えてきました。
顔の上を転がすローラーにフェイスマスクや低周波マッサージ器など、小顔効果をうたうグッズは種類も豊富です。、
小顔を目指す人たちは、これらを組み合わせたりして上手に利用しているそうです。
ほとんどの小顔グッズは、顔面の血流をよくすることで代謝を活性化させる結果小顔になるというしくみのものです。
他にも、日常はあまり使われることの無い顔面にある表情筋を刺激する事で、顔についた脂肪そのものを除去する方法や、たるみ・むくみ改善のためのグッズもあります。
中でも評判なのは「ながらグッズ」と呼ばれるものです。
その名の通り、何か別のことをしながらも小顔効果をあげられるという忙しい女性にはもってこいのアイテムです。
このながらグッズでも効果が高いのは入浴中のながらグッズでしょう。
血流が良くなっている入浴中に使用するマッサージグッズは、温熱の相乗効果で効き目があらわれ易いのが嬉しい点です。
他にも入浴中に顔に被せるだけのフェイスマスクは、顔面を覆って汗をかかせて小顔にさせるというもので、顔に着けるだけですからその手軽さが多くの人に受けています。

小顔に効果のあるマッサージは何種類もありますが、中でもリンパマッサージは即効性があることで多くの人が試しています。
その人気の理由は、小顔に対する効果以外にも体を全体的に引き締めるという成果もあらわれるからです。
これほど魅力的なリンパマッサージですが、行う際には注意点がいくつかあります。
第一点は、肌に対するケアです。リンパマッサージの際に生じる摩擦で顔面の皮膚を傷めることのないよう注意が必要です。
擦ることはせず、丁度良い圧力をかけて手のひらや指の腹でやさしく行っていきます。
この時に、乳液や美容オイルといったものを使ってマッサージをすると肌への負担が減らせます。
第二点に、溜まった老廃物をリンパに出すためにリンパの流れる方向を知って、マッサージの順序を間違えないように気をつけることです。
リンパマッサージの効果を最大に引き出すのは何と言っても正しい方法からなのです。
ではここで一つ、気になる二重あごを改善するリンパマッサージの方法です。
頬杖をつくような姿勢で親指の付け根部分をあごの先端に当てます。
そのまま手で圧力を掛けながら両の手をそのままの形で耳の下まで動かします。
今度は指先を使って耳下から首筋に沿って下げていき、鎖骨の辺りまで動かします。
これによって、下あごについた脂肪を除去する事ができます。
まずは正しい手順を覚えて、きちんと行うと小顔効果が抜群に上がります。

表情筋という筋肉は、顔の皮膚の下に張り巡らされています。
この表情筋の大半は、日常生活を送るだけでは使われないものです。
喋ったり物を噛むといった口を動かす時以外はめったに使われない部分です。
この使われていない部分は年齢と共にたるみを作る原因となり、小顔にとっては大変な問題です。
表情筋の約8割があまり使用されないのですが、この部分を意図的に動かす事で筋肉の老化を食い止めてたるみを防止します。
これが小顔にとっては効果の高いエクササイズとなります。
表情筋は意識さえすれば動かすのはとても楽なのですが、その時に作る表情はやや恥ずかしいと思われますので
入浴中などの一人の時間にやってみるのが最適でしょう。
小顔のためのエクササイズをいくつかご紹介しましょう。
一つは、、首の筋肉に意識を向けるものです。
天井を見るようにして顔を上方に向け、あご下から喉の部分の筋肉が伸びているのを確認してください。
これによって首周りをまずすっきりとさせましょう。
更にもう一つ、口をあけて発音する事で表情筋を動かすものです。
始めに顔を真下に向けながら「い・え」とゆっくり大きな口で発音します。続いて顔を正面に戻して「あ・う・お」と発音します。
この時も口の動きは出来るだけ大きく、ゆっくりと行いましょう。
最後に目をぎゅっと強く閉じたままの状態を数秒間続けて、それから目を大きく見開きます。
こういった小顔のための運動は、毎日続ける事で効果を得られます。
一日も欠かさず日々の努力を積み重ねるのが最も大切な事なのです。

憧れの小顔を目指してメイクの工夫にマッサージといった努力を続けている方も多くいらっしゃるでしょうが、
それ以前の生活習慣を改める事で小顔になるという事実にお気づきにならない場合もあります。
顔の大きいとお悩みの方で、生来の骨格などを除けばその悩みの大部分は顔面についた余分な脂肪やむくみなどがほとんどです。
顔の肉付きが良くなってしまったという方はダイエットでも規則正しい食事で偏り無く食べる事で段々と痩せて顔もほっそりしてきます。
食事の時、よく噛むように固いものを摂取するのを心がければ、自然と噛む事であごの動きが多くなってあご周辺のラインがすっきりしてきます。
小顔の最大の敵はむくみです。水分やアルコールを摂りすぎるとむくんでしまうので、これらを控えれば避けられます。
水分を摂る際は一度に大量に飲んでしまうとむくみの原因になりやすいものです。
飲む一回の量を少なめにする分回数を増やすといった工夫をする事でむくみを回避しましょう。
むくみの原因だからと言って水分摂取を控えると体調不良になってしまうのでやめましょう。
またアルコールは血液に作用してむくみを作ってしまうので、小顔のためには極力控えましょう。
顔面マッサージも、強い刺激は肌荒れになってしまう恐れもありますので、乳液などで皮膚を保護して強い刺激は避けるように心がけてください。

小さくほっそりした顔は多くの人の憧れです。その小顔を目指すためにはどうしたらよいのでしょう。
メイクの工夫で小顔に見せる、いわばトリックのような方法からエクササイズやエステ、リンパマッサージにダイエットといった
元の顔自体を小さくするなど、小顔対策にはいくつもの方法があります。
整形といった大掛かりな手段もありますが、大抵の人はこつこつと努力する方法を選んで小顔のために励んでいるようです。
最近では雑誌やネットの美容サイトなどで小顔についての特集が組まれ、小顔になる方法などが紹介されるようになりました。
小顔でもどういう過程を取るかは人それぞれですから、自分の性格やライフスタイルを踏まえた上でやり易いと思う方法から始めてみましょう。
まず、メイクによる小顔の見せ方です。
これは、ファンデーションの色合いの選び方や陰影をつける部分はどうするか、チークの付け方や眉の位置といった
総合的なもので小顔を見せる演出をしていくものです。
メイクによって小顔に見せるのはもちろん、毎日マッサージを続けるといった実質的な手法も併せて行うと更にいいでしょう。
その小顔マッサージにも、お風呂で洗顔する際にやる方法や、スキンケアの時間に乳液など塗りながら行う場合があります。
顔の運動として小顔体操と呼ばれるエクササイズを続けて顔面の筋肉を強化することで脂肪を落として小顔にするといった方法も地道で時間がかかる分確実です。
こうした小顔エクササイズは、大げさな動きをすればする程良い分他人に見せるのは恥ずかしいですから、
誰も見ていない時に一人のリラックスタイムに行う人が多いものです。

小顔になるための方法はありますが、専門科によるエステを受けるという選択もあります。
小顔のために掛けるお金は惜しくないという方なら、プロのエステティシャンから小顔のための施術をしてもらうのが最善でしょう。
エステによる小顔効果はもちろん大きいのですが、その状態を維持するのに何度もサロンに通う必要があります。
エステサロンの技術は器具や使われる手法・アイテムが専門的なので、自宅で再現しようとしても無理があります。
気になるけど不安のある方は、体験エステから入ってみるのがいいでしょう。
多くのエステサロンでは、色んなコースにおためし価格で体験プランを用意してありますが、もちろん小顔コースのおためしもあります。
こうした体験コースは効果は正規の施術と変わらないのに安い価格ですから、ほとんどが初めての人限定です。
実際に続ける続けないは別としても、プロの施術を受ける事で小顔にするためにどんなマッサージをしているか、
どんな工程で小顔効果を出すのかといった事を知るチャンスになります。
気に入ればサロンに通えばいいのですがそうもいかない場合は自分に出来る範囲で施術内容を応用して小顔効果を上げる方法をマスターしましょう。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち小顔の方法(全般)カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは小顔の体操です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.11