スポンサードリンク

小顔の体操の最近のブログ記事

どちらも「小顔」という言葉が入っている小顔マッサージと小顔体操ですが、基本的には違ったものになります。
ですからこの二つを同時に行うことで、小顔効果にも相乗効果が期待されます。
小顔体操の目的は、表情筋という顔面に張り巡らされている筋肉を鍛える点にあります。
この表情筋は、日常だとわずか2割程度しか使用されていないため老化が目立ってきます。
そこで使われていない8割も動かす体操を取り入れる事で筋肉にハリと柔軟性を持たせることで引き締まった素顔を目指します。
次に小顔マッサージですが、これは顔やその付近のリンパを刺激するためのマッサージです。
リンパ節の循環が滞ってしまうと、それに伴い血行も悪くなって顔のむくみを引き起こしてしまいます。
リンパマッサージでその流れをよくしてむくみを取り去るのが小顔マッサージの目的です。
こういった違いがある小顔体操と小顔マッサージですが、結果としては小顔になるという部分が共通していますので、この二つを組み合わせてより効果を上げていきましょう。
やり易いパターンとしては、まずお風呂などでゆったりした時に小顔マッサージでリンパの流れを良くして、
その後で小顔体操で顔の筋肉を引き締めるという流れでしょう。
この小顔体操と小顔マッサージを上手に組み合わせて、憧れの小顔に近づく努力をしていきましょう。

小顔ブームによって注目を浴びている小顔体操をご存知ですか。
小顔に憧れる方も多くいらっしゃると思いますが、この小顔体操を行うことでフェイスラインが一段とすっきりさせることもできます。
この体操で一番必要なのは毎日続けるということです。
それがたった30秒でもかまわないので、とにかく日々忘れずに続けていくのが何よりも大切です。
間隔が開いたり忘れがちでは効果はあらわれませんので注意が必要です。
最低でも2週間から3週間は続けないと、はっきりした効果を目にする事はできないでしょう。
小顔体操自体は簡単で手軽でも、その分継続する努力が求められます。
今すぐできる手短な小顔体操をここでご紹介しましょう。
人間の口の周りには口輪筋(こうりんきん)という筋肉が巡らされています。これから紹介するのはこの筋肉を鍛える体操です。
やることは「あごを上げて、上を向いた状態で舌を思い切りだす」という、これだけです。
この動きのポイントは、舌を出す時にちょっと痛いと思うくらいに自分の限界までやってみることです。
そして舌を出した状態を5秒間キープします。これを1日に5回繰り返す、これで30秒という訳です。
この体操は場所を問わずに気軽に出来て簡単な分、うっかり忘れてしまう事も考えられます。
忘れてしまったから次の日は1分やってみようというのでは効果に出ません。
自分の日常で毎日ある事・仕事前や朝起きた時や夜寝る前など、やる時間やタイミングを決めておけば忘れる事も無く毎日続けられるでしょう。

女性にとって永遠の憧れの一つである美顔や小顔は、ぜひなりたいと思う方も大勢いらっしゃることでしょう。
そんな憧れに近づく手軽な手段が小顔体操です。
この小顔体操は顔のむくみやたるみを取り除く効果があります。これによって肌もハリが出て艶やかになってきます。
法令線が目立つ・疲れたような顔であるといった状態は、このむくみが大きな原因となっている事がほとんどです。
小顔体操の中でも、美顔効果を狙ったものにリンパマッサージがあります。
このリンパマッサージとは、顔面のマッサージの前にまず耳のしたにあるリンパをマッサージするものです。
マッサージクリームやベビーオイルを塗布してからマッサージをすればやり易くなります。
耳のしたのリンパの辺りを、指の腹でゆっくりとマッサージをします。
これを含めても、小顔体操は1日に5分程度でも十分です。このように手早く手軽というのが小顔体操の長所です。
この5分を毎日積み重ねれば、たるみやむくみの悩みも解消して、夢の小顔・美顔に近づく事うけあいです。
ローマの道も一歩からのつもりで、美顔への道も毎日の小顔体操からと言えるでしょう。

小顔体操という言葉を耳にした事がある方も多くいらっしゃるかと思いますが、ではその効果とはどういったものなのでしょう。
小顔体操を実践している方も多いのですが、効果が出なかったという方もいらっしゃいます。
その理由のほとんどは、毎日小顔体操を続けられなかったことにあると見られます。
顔のむくみやたるみを除去する目的で行うのが小顔体操です。
リンパ液が停滞しているとおこってしまうのがむくみです。リンパ部分をマッサージする事で循環を良くするとむくみは減ります。
こうした体の営みは毎日起こっている事ですから、小顔体操も毎日積み重ねる事で、同じく効果もすこしずつ上がっていくのです。
ですから、ちょっとさぼり気味だったり小顔体操をする間隔が開きすぎるとあまり効果が期待できないのです。
リンパの循環が良くない方のほうがむくみが出やすい分この体操の効果がはっきりと表れやすいので、小顔の印象が更に強まります。
こうした5分から10分程度のわずかな時間で自宅で手軽に出来るのが小顔体操の魅力ですから、コストパフォーマンスも抜群です。頑張って続けてみてはいかがでしょうか。

小顔に憧れて目指している、そんな方が小顔体操に取り組んでいらっしゃると思います。
この体操の一番大切なところは毎日続ける事ですが、ちょっとした工夫で更に効果をあげるためにもお風呂での小顔体操をやってみましょう。
小顔マスクといったものが商品としてありますが、これはマスクによるサウナ効果で顔をほっそりさせるものです。
ですから小顔体操を行う時にお風呂に入浴していれば、同じくサウナ効果があるということになります。
入浴する事で、体の血行がよくなり汗も出てきます。これが小顔体操を行うタイミングです。
むくみ除去の効果がよりあがって引き締まったフェイスラインになります。
入浴中に出来る簡単な小顔体操の動きですが、口を大きく「あ・い・う・え・お」の形に動かしてそれを繰りかえします。
更にクリームを使った顔面マッサージも同時に行うとより一層効果的です。
小顔体操はテレビを見るときに行うという方もいらっしゃいますが、環境としてはお風呂でする方が高い効果が得られます。
日々のお風呂タイムは小顔体操の時間と決まっていれば、うっかり忘れる事もなくなるはずです。
何と言っても継続が重要なのが小顔体操ですから、毎日続けられるように毎日必ずする事と併せてやるとよいでしょう。

小顔体操の効果は様々ですが、中でも一番の効果とはどのようなものでしょうか。
顔面には、表情筋と呼ばれる筋肉が皮膚の裏側に存在します。
この表情筋というのは日常で使われることがほとんど無いのですが、筋肉は使わないと固くなるという特徴があります。
固くなった筋肉は徐々に縮んで重くなってしまい、重力で下へ下へと流れていきます。これがたるみの原因なのです。
小顔体操では、普段は使われることの無い部分の筋肉を動かします。
ですから小顔体操を毎日続けていけば、たるみを無くしてすっきりとしたフェイスラインに近づけることができるのです。
重要なのは毎日毎日、忘れずに行うということです。
日々継続できれば、2~3週間ほどで成果を感じられるでしょう。
効果を更に上げるコツとしては、お風呂上りのタイミングで小顔体操を行いましょう。
ここで一つ、たるみを取る体操法を紹介しましょう。
まず目を閉じて、更にぎゅっと固く目を閉じてから開くという動作を1セットで5回行います。
次に、あごを突き出して上を向いた状態で口を「あ・う・お」の形に順番に動かします。その時出来るだけ大きく口を開けるのが大切です。
今度はあごをぐっと引いて下向加減になった状態で「い・え」と口を大きく動かします。
これら二つの動きを、最低1セットからでよいので毎日続けてやってみましょう。
顔の筋肉の動きを意識しながらやると効果的でしょう。

小顔マッサージや小顔体操などが最近流行っていますが、お金を掛けずに自宅で手軽に出来るのが人気のポイントでしょう。
体操といっても、小顔体操は顔の筋トレのようなものです。
顔面にも筋肉が張り巡らされていて、その中に表情筋という筋肉があります。
殆どの人において表情筋の8割は使われてないのだそうです。そこで、この表情筋を鍛える事で顔のラインをすっきりさせると小顔に見えるというわけなのです。
小顔体操は、この表情筋をいかに動かし鍛えるかという体操なのです。
この小顔体操がダイエットにも有効だというのをご存知でしょうか。
ストレスや体の冷えから顔のむくみが出てきます。また、体の代謝がよくない状態でもむくみが出やすくなります。
小顔体操を行うと、代謝促進によってむくみを解消する事ができます。
体の新陳代謝が活性化されれば、脂肪の燃費も向上してダイエットに繋がるというわけです。
この小顔体操で得られる効果は顔のむくみを取り血行を促進するというものですから、
小顔やダイエット目的だけでなく、健康のためにも是非続けていきたいものです。

小顔ブームでにわかに注目を集める小顔体操ですが、やり方は一つではなく実に多様です。
顔が大きく見える理由というは一体何でしょうか。その一番は、顔のむくみ・たるみにあるとされています。
そこでその原因となるむくみやたるみを除去できれば、フェイスラインがすっきりとして小顔に見えるという事なのです。
小顔体操の大きな魅力は、高価な美容機器など必要も無くお金のかからないという点です。
その分、毎日の継続が重要になってきますので、根気良く行いましょう。続ける事で必ず成果が見えてきます。
そこで簡単な小顔体操をいくつかご紹介しましょう。
まず、「あいうえお体操」というものです。その名の通り口を「あ・い・う・え・お」と動かしていくものです。
その際、大げさだと思うくらい口の動きを大きくし、顔の筋肉をフルに使うように意識します。
これを1セット10回程度繰り返し行ってください。
もう一つの動きもご紹介します。
まず、下あごを突き出して、顔を上向きにしていきます。あご下の筋肉を伸ばすようにして、出来るギリギリのところまで引っ張りましょう。
その動作を同じく1セット10回ほど行いましょう。
どちらの体操も続ける事がなによりも大切です。
鏡で自分の顔の動きを確かめながらやるとより確実です。
自分の顔がほっそりとしていく様子をイメージすると気分も楽しくなります。
理想の自分をイメージしながら体操をすると楽しく続けられるでしょう。

近年、女性の間では小顔がブームとなっています。ダイエットなどに加えて顔を小さく見せるのもキレイのポイントになってきつつあります。
自分の顔をもっとすっきり見せたい、なんとか小さくならないだろうかと苦心している方に手軽におススメできるのが小顔体操です。
この小顔体操は、空いた時間を利用して短時間で出来る体操です。高価な機器をそろえる必要もありません。
内容はマッサージやツボ押し、アゴや頬骨の体操にローラーを使ったエクササイズなどです。ローラーも100円ショップで入手できるもので構いません。
このどれもが簡単で時間も短くて済みますが、大事なのは毎日続けるという事です。
小顔になるのも一朝一夕に叶うものではありませんから、のんびり気長に継続する事が大事です。
この小顔体操を行うと、小顔以外にも良い効果が期待されます。
顔面の左右の歪みが改善される他、まぶたや顔のむくみが軽減されたり頬や顎のたるみやだぶつきがすっきりするなどの効果です。
小顔体操の目的は顔自体を小さくするのではなく、顔をすっきり見せる、本来のシャープなラインに近づけるというものです。
顔に余分な水分や皮下脂肪がたまる事でむくみが出てしまいます。このむくみが取れればほっそりするので、そのための体操ということなのです。
ですから、顔を小さく見せたい方だけでなくむくみ・たるみが気になる方にも効果があります。
顔が老けて見えるというお悩みがある方にも顔を引き締める事で若く見えますから、是非小顔体操を取り入れてみてください。

手軽なことで人気の小顔体操は、多くのDVDや本によって紹介されています。
小顔体操の本は、カラー写真が掲載されているものが多く、文章ではわかりづらい動きもよくわかるようになっています。
きちんと小顔体操を行うためには、1冊は揃えておきたいものです。
DVDですと、見ながら同時に小顔体操を出来る事でちょっとしたマンツーマンの教室のようでもあり、
より詳しく丁寧に出来る分が書籍よりも便利な点でしょう。
数多く出版されている小顔体操の本の中でも人気なのが「小顔体操・美肌体操―いつでもどこでも1回10秒で磨かれる」という本です。
価格もお手ごろなのも魅力で、体操に加えて美容にいい料理のレシピなども掲載されているので内容も充実して体操と美容グルメも堪能できます。
実際の小顔効果についても評価は上々のようです。
そして、見ながら出来てリアルタイムに動きがわかる小顔体操のDVDも中々の売れ行きです。
特に人気なのは宝田恭子先生のDVDです。マスメディア媒体でも多く取り上げられて注目を集めています。
1日10分間、口の周りにある口輪筋を鍛えるエクササイズが有名で、ご年配の方でも10歳は若く見られるといった喜びの声も聞かれているそうです。
小顔体操をよりスムーズに行うためにも、こういった本またはDVDが一つはあるとモチベーションも上がって続けるのにも便利でしょう。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち小顔の体操カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは小顔の矯正です。

次のカテゴリは小顔の方法(全般)です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.11