スポンサードリンク

睡眠障害と入眠儀式について

睡眠障害の方に、是非お勧めしたい睡眠障害解消法が1つあります。
それは、「入眠儀式」というもので、無理なく手軽に寝る前に行う事ができますから、一度試してみてはいかがでしょうか?
入眠儀式(就寝儀式、睡眠習慣とも呼びます)は、眠る前に行う一連の行動の事を言い、決まったいくつかの行動を行う事で、眠りに付くまでの条件付けをして、睡眠障害などを解消させていく方法です。
決まった条件付けがされると、「今から眠るのだ」と、無意識の内に条件反射が働いて、スムーズに眠りに入れるとされます。
よく寝る前に、パジャマに着替える、歯を磨く、トイレに行く、目覚ましをセットする、軽くストレッチをする、布団の中で本を読む、部屋の灯りを消す、などといった動作を一連で行いますが、毎日の習慣として、これらを行っていきます。
すると、寝る準備が自然に整って眠くなりやすくなり、徐々に睡眠障害が改善されていくのです。
ただし、あまりこの入眠儀式にこだわってしまうと、かえって良くない結果を招いてしまいます。
このような入眠儀式をしなければ、睡眠障害解消にはならないと捉えてしまうと、完璧に全てを行わないと気が済まなくなってしまい、強い強迫観念に駆られて、逆に眠れなくなってしまう場合もあるので、注意しましょう。
気持ちよく眠りに付けるように、気楽に入眠儀式を行って、睡眠障害の改善の為に気持ちをリラックスさせて、あまりこだわり過ぎないようにして下さい。

このブログ記事について

このページは、genが2009年12月 2日 04:47に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「睡眠障害にはリラックスミュージックが効果的!」です。

次のブログ記事は「睡眠障害と寝室の環境について」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.11