スポンサードリンク

睡眠障害に良い入浴法とは?

睡眠障害解消に効果があるものに、入浴があります。
全身の緊張をほぐせてリラックスできるお風呂は、身体も温まって眠りやすくなります。
睡眠障害に効果的な入浴方法をマスターして、安眠を手に入れましょう。
疲労を取り除いてくれるお風呂は、まず身体を清潔にすることが重要です。
きちんと身体の汚れが落ちていないと、後で身体が痒くなったり、皮膚に炎症などが起こって、かえって眠れなくなってしまうこともあるので、お風呂に入ったら、まずは全身を綺麗に洗いましょう。
入浴は、シャワーよりも湯船に浸かる方がベストです。
身体の表面しか温めることができないシャワーだと、身体の芯の冷えが解消されないので、効果的な睡眠障害解消が得られません。
湯船に入浴剤を入れるのも、身体を温める効果が期待できる良いアイデアでしょう。
また足湯も、睡眠障害解消には、お勧めの方法です。
それから、お風呂のお湯の温度にも注意してください。
刺激受けた状態の交感神経が治まらず、副交感神経の働きが阻害されている事も、睡眠障害の原因の一つなので、さらに交感神経を刺激するような熱いお湯に浸かることは避けるようにしましょう。
少しぬるめの40℃くらいのお湯に、20~30分ほど浸かって、ゆったりと芯から温まるように入るのが、睡眠障害解消には効果的です。
半身浴も、長時間お風呂に入る事が苦手な人にはお勧めです。
速やかに眠れるコツとして、入浴後はできるだけ早めに布団に入るようにすると良いでしょう。
入浴後は、体温を下げる身体機能が働いて、熱くなり過ぎた身体を冷やそうしますので、入浴してから遅くとも1時間後には、寝床に入るようにすれば、睡眠障害に改善が見られるようです。

このブログ記事について

このページは、genが2009年11月28日 13:23に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「睡眠障害にはアロマテラピーが効果的!」です。

次のブログ記事は「睡眠障害にはリラックスミュージックが効果的!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.11