スポンサードリンク

睡眠障害にはアロマテラピーが効果的!

睡眠障害に悩む方に、アロマテラピーは人気の解消法の一つです。
アロマオイルを、薬効効果を持つハーブから抽出して、石けんやキャンドルに入れたり、湯船に垂らしてリラックス効果を得ることが、最近ではブームになっているようです。
アロマテラピーの香りの中にも、いくつか睡眠障害に有効なものがありますし、眠りを誘うような香りに包まれると、寝付きも自然と良くなって、睡眠障害の軽減に繋がりますので、一度試してみてはいかがでしょうか?
「ラベンダー」は、鎮痛効果があり、不眠解消にも効果があるとされて、昔から重用されています。
ハーブの中でも人気が高く、ドライにしてポプリを作って枕元などに置くと、その香りによって緊張感が取り除かれ、気分を落ち着かせてくれます。
美容にも良いとされて評判のアロマである「ネロリ」も、フローラルの芳香でリラックスできるので、睡眠障害には有効です。
「カモミール」は、不眠の原因が緊張や不安であったり、イライラである時に効果的で、ヨーロッパなどでは、そのリンゴに似た爽やかな香りが、広く利用されてきました。
また「マージョラム」は、ストレスによって引き起こされた睡眠障害にはお勧めです。
精神を沈めてくれるスパイシーな香りは、血液の循環を正常に戻してくれる働きがあり、冷えや肩こり、筋肉痛の改善にも効果があります。
その他にも、イランイラン、クラリセージ、オレンジなども、効果が期待できます。
是非、アロマテラピーを利用して、睡眠障害対策を行ってみましょう。

このブログ記事について

このページは、genが2009年11月26日 23:19に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「睡眠障害と昼寝との関係について」です。

次のブログ記事は「睡眠障害に良い入浴法とは?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.11