スポンサードリンク

睡眠障害と昼寝との関係について

睡眠障害にはさまざまなタイプがありますが、夜眠れずに昼間になると眠気に襲われてしまうというケースの場合、眠いからといって昼寝ばかりしていると、本来、しっかりと寝るべき夜に眠くならないので、本末転倒な睡眠障害対策になってしまいます。
しかし、短時間の昼寝なら、気分をスッキリさせて、集中力を回復させてくれるので、効果的な昼寝なら、メリットも多くなります。
ここでは、お勧めの上手な昼寝の仕方を、睡眠障害の方の為に、ご紹介しましょう。
どれくらいの時間の昼寝が、一番効果的かというと、大体20分程度がベストとされています。
完全に脳が眠りにつくのを避けられる、このくらいの時間ならば、熟睡することもありません。
昼寝で熟睡してしまうと、寝足りない感覚が目を覚ました時にあって、かえって疲労感を感じてしまうことが多いようです。
20分で昼寝から起きるのが難しい場合は、カフェインを含んだ紅茶やコーヒーなどを、昼寝の前に飲んでおくと、カフェインの覚醒作用が20分後くらいに効いてきて、自然に目が覚めると言われています。
目覚ましをかけておくのも、昼寝にはお勧めです。
また、昼寝は午前3時までには済ましておくことが、睡眠障害の症状が進まないようにする為には望ましいとされており、夕方近くになっての昼寝は避けるようにしましょう。
有効に昼寝を活用して、睡眠障害対策を図りましょう。

このブログ記事について

このページは、genが2009年11月24日 07:34に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「睡眠障害と食事について」です。

次のブログ記事は「睡眠障害にはアロマテラピーが効果的!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.11