スポンサードリンク

睡眠障害と食事について

睡眠障害に限らず、食事は健康的な生活を送るためにも、栄養バランスが良くてしっかりした物を摂りたいものです。
一日に必要とされる、炭水化物やタンパク質、脂質、ビタミン類などの栄養分をきちんと食べて、安眠出来るような体質に身体の中から変えていく事が望ましく、脂身の多いジャンクフードなどの食事は、肥満を引き起こす原因にもなりますから、食事内容はしっかりと吟味する必要があります。
また、睡眠障害の改善には、朝食はしっかりと、夕食は軽めの食事にすることが、効果的な食べ方とされています。
消化に時間が掛かる揚げ物や繊維質の多い食べ物などは、胸焼けを起こしてしまい、眠りが浅くなってしまいます。
また、夕食を遅い時間に食べる事も避けるようにして、少なくとも寝床に入る2~3時間前には済ましておくようにしましょう。
牛乳やレタス、納豆、アサリなどは、睡眠障害対策として効果的な食材として挙げられていて、これらに含まれる栄養分が、体内環境を快眠できるように整えてくれます。
特に牛乳は、眠りを促進する作用を持つ「トリプトファン」という成分が豊富に含まれており、温めた牛乳を寝る前に飲む方も多いのではないでしょうか。
レタスも催眠効果がある食べ物として紀元前1世紀ごろから知られており、サニーレタスやサンチュなどを積極的に食べると、安眠する為には効果的です。
これらの食材を中心にした献立を考えて、睡眠障害対策を図っていきましょう。

このブログ記事について

このページは、genが2009年11月23日 01:15に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「睡眠障害とスポーツとの関係について」です。

次のブログ記事は「睡眠障害と昼寝との関係について」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.11