スポンサードリンク

睡眠障害と朝の行動について

睡眠障害を改善するには、まず朝の時間や行動について考えてみましょう。
なかなか寝付なくて睡眠時間が短い人や、眠りが浅い方などは、朝はついつい遅く起きるようになってしまうものです。
また夜は遅く寝て、朝も遅い時間にやっと起き出す、というような生活習慣の方もいると思いますが、それでは睡眠障害対策を行っても、健全な生活が送れません。
やはり、規則正しい生活を送ることが、健康を保つ為には必要なのです。
睡眠障害で悩んでいる方は、朝、早起きをしてみるようにしては、いかがでしょうか?
早く起きる事で、自然に夜も早い時間に眠くなりますし、早起きの習慣が身に付くにつれて、夜眠れないという事も減ってくるでしょう。
また、朝食をしっかりと摂る事も、睡眠障害の改善には大切です。
朝食をキチンと摂ると、活発に脳が働いて活動的な一日が過ごせるようになりますし、朝食は仕事や勉強の能率を上げる為には欠かせないとされていますので、朝食は栄養バランスの良い食事を採るように心掛けましょう。
午前中の活動源となる朝食、きちんと食べることで体温を上げて、すっきりと身体を目覚めさせてくれるので、体内時計も整いやすくなります。
食事量としては、朝食はしっかり食べて、夕食は軽めが良いと言われています。
睡眠障害では、寝付きが悪くなる原因として、夕食の食べすぎも挙げられますので、食事の内容や量などにも、充分に気を付けるようにしましょう。
このように、朝の過ごし方に注目してみて、睡眠障害の軽減を図ってみてはどうでしょうか?

このブログ記事について

このページは、genが2009年11月18日 16:08に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「睡眠障害と生活習慣との関係について」です。

次のブログ記事は「睡眠障害とスポーツとの関係について」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.11