スポンサードリンク

睡眠障害の基礎知識の最近のブログ記事

睡眠障害がおよぼす影響は、睡眠不足のような単純な症状だけに留まらず、時には重大な過失にも発展する危険性もありますので、早急に対策を講じて、睡眠障害を改善していかなければなりません。
睡眠障害が軽度の段階では、気分がすっきりしなかったり、日中眠くなってボーとしてしまったりなどの症状が現れ、集中力が低下して勉強や仕事の効率が著しく低下してしまうなどの影響が現れます。
もし、車を運転していたり、危険を伴うような行動の最中に、このような睡眠障害の影響が出てしまったらどうなるでしょうか?
睡眠障害の影響による居眠りで、機械操作中にトラブルを起こし、大惨事を招いたニュースや、車の事故による死傷者の増加数は、毎年多く聞かれるようになっています。
集中力のみならず、大きく判断力を低下させる睡眠障害は、重機などを使って土木工事をする方や、工場勤務の方、車を運転する機会が多い方などは、充分な睡眠を取るように心がけることが必要です。
また、睡眠障害は学生にとっても、非常に深刻な影響をおよぼします。
睡眠障害に陥ると、授業に身が入らず、理解力も低下してしまったり、落ち着いて勉強できないなど、学力が思うようにアップしていかないというような、困った事態になります。
必死に受験勉強などに打ち込みたいと言う気持ちも分かりますが、上手に仮眠を取り入れたりして、睡眠不足には充分に注意して乗り切るようにしましょう。
このように、睡眠障害がおよぼす影響は、生活していく上で無視できない事ばかりですし、睡眠障害によって体調を崩し、他の重大な病気を呼び寄せる事にもなりかねませんので、適切な睡眠をしっかり取るように心掛けましょう。

睡眠障害になる原因には、一過性のものもあれば慢性的なものもあり、様々な原因が考えられますが、出来る限り、これらの原因を取り除く事が重要です。
睡眠障害の中でも、一過性の睡眠障害になった方は多いのではないでしょうか?
例えば、大切な会議やイベントの前日など、なかなか寝付けなかったり、ケガの痛みや体の痒み、過度の飲酒、カフェインが多く含まれている紅茶やコーヒーなどの飲み物の飲み過ぎなどでも、睡眠障害お起こしてしまう事があり、この程度の睡眠障害なら、誰でも一度は経験があることでしょう。
慢性的な睡眠障害に陥ってしまう原因には、ホルモンバランスの崩れや、自律神経の乱れ、ストレスによってイライラが募った時なども、原因となるストレスが解消されない限り、睡眠障害の症状は続き、さらに強烈なストレスが加わると、悪夢を見たりして、うなされるなどの症状も出ます。
また、加齢や酷い肩凝りが原因で、睡眠が充分に取れない、というケースもあります。
精神的な原因によっても、睡眠障害は起こります。
例えば、うつ病などにかかると、非常に深刻な睡眠不足に陥る事もありますので、睡眠障害の症状が悪化しないうちに、早めに心療内科などでの治療が必要になってきます。
不安感を強く感じる方や、心配事などがあると眠れなくなるケースが多いので、不安感や疲労感を無くすように、時にはリラックスすることが重要です。
昼夜逆転した生活スタイルなど、生活リズムの乱れも、睡眠障害を引き起こす大きな原因の一つですので、生活習慣の見直しなども必要になってきます。

睡眠障害の症状には、不眠症に代表される「眠れない」、「寝付きが悪い」など、非常に多くの症状があります。
「イライラする」、「気分が優れない」、「頭がボンヤリする」など、眠りが不十分な事によって起る様々な症状に頭を悩ませている方も多いでしょう。
このように、気分を落ち込ませてしまう睡眠不足や、体調を崩してしまう睡眠障害は、早急に改善するための対策が重要となります。
睡眠が不足すると、特に乳幼児などは落ち着きを無くしてしまったり、些細な事で駄々をこねる事もありますので、注意を払う必要があります。
また、自分ではなかなかコントロールが難しい症状も、睡眠障害の中にはたくさんあります。
代表的なものが「寝言」や「いびき」で、やめたくても、睡眠中に起ることですから、自分の意思でやめる事はできません。
もっと深刻な睡眠障害の症状には、猛烈な眠気によって、会話中などに突然、まるで意識を失うかのように寝てしまう「ナルコレプシー」や、眠っている最中に家中を動き回ってしまう、「睡眠時遊行症(夢遊病)」などがあります。
これらの睡眠障害は、自分ではどうする事も出来ないうえ、転倒してしまったり、思わぬケガもしてしまう場合もあり得ますから、非常に深刻で、早急に治療をすることが必要です。
また、睡眠障害によって、知らず知らずの内にストレスが蓄積され、ヒステリーを起こしたり、他人に対して八つ当たりするケースもありますので、早めの治療が重要となります。
体質や年齢によって、睡眠障害の症状は異なりますが、安眠を確保するために適切な対応を心掛けるようにしましょう。

睡眠障害とは、寝つきが悪い、眠りたくても眠れない、または突然、急激な睡魔に襲われて、学業や仕事、日常生活などに差し障りが出るなど、様々な睡眠に関する病気や症状などを、総称して「睡眠障害」と呼びます。
症状によって、睡眠障害はいくつかに分類されているのですが、睡眠障害国際分類 (ICSD)は、広く睡眠障害の分類法として使用されています。
睡眠障害は、睡眠障害国際分類 (ICSD)によると4つに分けられていて、まず1つ目は「睡眠異状」という、不眠症やナルコレプシー、睡眠時無呼吸症候群などで、2つ目に「睡眠時随伴症」という、寝ている間に何らかの問題行動が伴う夜驚症や催眠麻痺といったもの、3つ目は「不眠」で、うつ病などの精神病の合併症として起るもの、逆に内科・精神科的睡眠障害などによる「過眠」があります。
そして4つ目として、3つ目まで以外の「長時間睡眠者」、「短時間睡眠者」(4つ目は、分類上は確定していません)などに分けられています。
個人差が非常に大きい睡眠障害の症状は、誰でも程度の違いこそあれ、寝付きが良いか悪い、睡眠時間の量や質など、経験しているのではないでしょうか。
楽しみしていたイベントの前日や、大事な試験の前の日など、気持ちが高ぶってなかなか寝付くことができなかったり、授業中や大事な会議の最中に、睡魔を抑えるのが大変だったりした事は、人間誰しも一度はあるものです。
しかし、体調を崩してしまったり、あまりにもストレスに感じるような睡眠障害でしたら、一度専門の医療機関で診察を受けてみることをお勧めします。

睡眠障害には、人それぞれ個人差があるのですが、簡単な自己チェックで睡眠障害かどうかが診断できますので、試しにチェックしてみてはいかがでしょうか?
まず、最も患者数が多いと言われている「不眠症」についてのチェック方法を、ご紹介しましょう。
不眠症の代表的なチェック方法として、「アテネ不眠尺度」というものがあり世界保健機関(WHO)が中心となって、2000年に作られた、世界標準の不眠評価法です。
8個の設問から成っていて、過去1ヶ月の間に週3回以上経験した場合についての質問になり、程度に併せて4段階(まったく無いが0点、相当当て嵌まるが4点として計算します)あって、それぞれの設問の点数を足していくシステムになっています。
問1は寝るまでの時間について、問2は途中で目が覚めたかどうか、問3は起床時間について、問4は睡眠時間が足りているかどうか、問5は睡眠の質について聞かれています。
更に睡眠障害についての設問が続き、問6では日中の気分について、問7では精神面と身体の活動の状態が問われており、最後の問8では、日中の眠気の程度について聞かれています。
全8問の合計点数が4点以上になると、睡眠障害が疑われ、この合計点数が高いほど不眠症だと考えられますので、チェックの結果が4点以上ある方は、専門の医師の診断を受けることをお勧めします。
睡眠障害を感じて、病院での診察を考えている方は、是非、このチェックを行ってから病院に行くと良いと思います。
とても簡単なチェック法ですが、信頼度は非常に高いので、睡眠障害が気になる方は、一度チェックを行うことをお勧めします。

睡眠障害には、睡眠時間が非常に深く関わってきます。
人生の3分の1は寝ている、とされている人間は、1日8時間、睡眠を取るのが理想とされていました。
しかし、実際には8時間では寝足りないと感じる方や、睡眠時間が8時間より短くても平気な方もいますので、睡眠時間は人それぞれだと言えるでしょう。
睡眠で重要なのは眠りの質であって、実際の睡眠時間の長さではないのです。
眠りが深い人は、睡眠時間が短時間でも大丈夫で、逆に眠りが浅い人は、睡眠時間が長くなると言われています。
しっかりと脳を効率良く休ませる事ができる深い睡眠は、短時間でも身体の疲労が取れるようです。
眠りの浅い人は睡眠時間が長くても、何度も睡眠中に目を覚ましてしまったり、「睡眠時随伴症」のような睡眠障害だと、脳を休息させる事が難しく、目覚めた時に頭がスッキリしていない、という場合があります。
睡眠障害によって、明け方までほとんど寝られない、何度も夜中に目が覚めてしまう、とても寝付きが悪く、寝付くまでに1~2時間掛かる、または逆に、1日10時間以上も寝てしまう、というケースもあります。
睡眠時間が短過ぎるのも問題ですが、睡眠障害では寝過ぎることも良くありません。
気分が落ち着き、身体の疲労が抜けることができるように、寝室の環境や寝る時間を整えて、気持ち良く、目覚めを迎えられるように心掛けましょう。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち睡眠障害の基礎知識カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは睡眠障害の対処です。

次のカテゴリは睡眠障害のもろもろです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.11