スポンサードリンク

ほくろ除去後のケアがポイント

ほくろを除去した後、気をつけなければいけないことは、どのようなことでしょうか。
ほくろの除去をしたあとに注意することは、シミを治療したときと同じように治療をしたところの傷痕が紫外線にさらされないようにすることが重要です。
ほくろの除去手術などの技術が高いだけでは、ほくろの除去を受けた人が満足する結果は得られないと言われています。
除去後の傷痕が綺麗に目立たないようになるためには、手術を受けたからと安心しないで、医師からの注意やアフターケアをきちんと行う必要があります。アフターケアをおろそかにすると、傷痕が目立ってしまうなどの新たなトラブルを招いてしまうからです。

ほくろ除去によってできる傷痕は除去を行う法によって違ってきます。どの方法でも、傷痕はできてしまいます。
しかし、その傷痕や傷の周りが赤くなったり、黒ずんでしまうこともアフターケアさえしっかりすれば消えてしまいます。

ほくろの除去後、しばらくの間、傷口に紫外線があたらないように小さなテープを貼ることになります。
これは“サンプロテクター”と言うもので、傷口の皮膚が周りの肌と同じ状態まで回復する、と言われる約半年の間、このテープを貼ることで、紫外線をブロックして、傷痕を保護します。

ほくろは、紫外線を浴びることで、できやすくなります。サンプロテクターだけでなく、日焼け止めや美白クリーム、ローションなどを組み合わせてしっかりと紫外線対策をしていきましょう。
いい加減な紫外線対策のやり方では、せっかく取り除いたほくろが再発したり、除去した傷痕が色素沈着してしまい、シミになってしまうこともあるのです。

ほくろ除去を成功させるためには術後の“アフターケア”が、とても大切なのです。

このブログ記事について

このページは、genが2009年7月 4日 01:54に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「国立大でしわを除去することができます」です。

次のブログ記事は「ほくろの除去方法について」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.11