スポンサードリンク

ほくろの除去の最近のブログ記事

ほくろの除去には『切除縫合法』『くりぬく』『レーザーを使う』など、いろいろな方法があります。そして、どの方法を選んだとしても多少の傷痕ができます。その傷痕もほくろの大きさや手術の方法によって違いはありますが、どの方法でも、できる限り傷が残らないよう、細心の注意を払いながら、治療してくれます。


『切除縫合法』などメスによる、ほくろの除去治療を受けた後の傷は、除去する前のほくろの2倍から3倍の大きさだと言われています。ですが、その傷も時と共に目立たなくなっていき、半年から一年くらいで目立たない程度に消えると言われています。
傷は時間が経つとしわのように見えるよう、まっすぐつくので違和感が残らないようです。

顔のほくろを取る場合、しわが出来る部分にできたほくろだと、除去後の傷痕はしわと同化してしまうので、目立たないと言われています。

しかし、“炭酸ガスレーザー”を使ってほくろの除去が行われた場合、その後のトラブルが発生することが多いようです。
“炭酸ガスレーザー”は、ほくろの部分に麻酔するため痛みを伴わない方法で、施術後も腫れや痛み、傷跡もないと言われているのですが、医師の技術が未熟だとほくろ除去のためにレーザーを当てた部分が白くテカテカした状態になってしまったり、やけどの跡のようなケロイド状の傷痕が残ってしまった、というケースが報告されています。
本来、ほくろの除去は、顔などの目立つところにあるほくろが、気になって仕方なくて考えた末に除去する事に決め、取り組むという人が多いのに、ほくろよりもひどい状態の傷痕が顔に残ってしまうのはとても許せないことです。

このような、レーザー治療によるトラブルは、美容クリニックで行われた場合に起こることが多く、“レーザー治療の資格を持たない者が治療に当たることがある”という問題があるようです。

ほくろの除去を行う前に、施術後に起こりうるトラブルやまたそのトラブルの頻度についてなど、後になってトラブルに発展しないようにするためにも、詳しく調べておく必要があります。

ほくろ除去を考えている人にとって、どこで除去手術をするか、大きな問題ですよね。
最近は、多くの病院やクリニックでほくろ除去を扱っているので、どこを選んでいいか迷ってしまいます。

クリニックによっての料金設定や保険適用かどうかも気になりますが、技術面や、アフターケアの問題、何より先生やスタッフの対応も大切な条件になります。

インターネットでは、ほくろ除去を希望している人がクリニック選びで失敗しないようにと、様々なクリニックについての口コミ情報が多く公開されています。
自分が体験したクリニックの良かった点・悪かった点、ほくろを除去した後の感想などが寄せられていて、これからほくろ除去を考えている人からの質問に答えたり、アドバイスしたりする情報交換の場となっています。

やはり気になるのが、“クリニックの対応について”で、ほくろ除去体験者の多くが、担当医師やスタッフについてのコメントをしています。そして、『担当医師やスタッフが親切で細かな説明をしてくれる』『料金が分かりやすい設定になっている』『院内の雰囲気が良くて綺麗』という病院やクリニックが人気を集めています。


反対にあまり評判が良くないクリニックの口コミ情報も寄せられています。
例えば、ほくろの除去で有名なクリニックでも『説明が不十分』であったり『担当医師の対応が親切でなかった』『表示より料金が高かった』だったり、中には『何度も治療を受けたのにほくろの除去ができなかった』などの情報も公開されています。

同じ系列のクリニックでも店舗によってスタッフの対応に差があったり、有名だからといって全てが完璧だとは言えないようです。

口コミ情報には、良い情報も悪い情報もほくろ除去を体験した人たちの本音が寄せられているので、これからほくろを除去しようと考えている方には、かなり参考になるでしょう。

ほくろの除去を考えたとき“どの方法で取ろうか”“傷跡はどうなのか”気になるところですが、やはり一番気になるのは“費用(料金)はどのくらいかかるのだろうか”では、ないでしょうか。

ほくろを除去するのにかかる費用は、『ほくろの場所』『大きさ』『除去の方法』によって違いがあります。
また、保険が適用されるかどうか、によっても違ってきます。美容クリニックなどは、おしゃれな感じだけど保険が適用されない場合が多く、保険が適用される病院で治療を受けるのとでは金額にかなりの違いがあり、負担が大きくなります。

例えば、大きさが20mmまでのほくろの場合、保険が適用される場合は1つ 数千円~数万円程度ですが、保険が適用されないクリニックでの治療では ほくろ1つ数万円。ほくろの大きさが20~40mmくらいになると、保険適用で1万5千円前後、適用外だと1つ5万円程かかるところもあるようです。大きさや数などによる違いもありますが、保険適用による差は、かなり大きいですね。

一般的に美容クリニックなどでのほくろ除去は、美容目的になるので保険は適用されません。その点、皮膚科や形成外科などの病院での除去は治療目的として、保険適用されることが多いようです。

しかし、美容クリニックの最新情報では、“一部のほくろ除去方法は保険適用”とか、ほくろ除去全体に“低料金”で治療を受けさせてくれるところもあります。
除去したいほくろの直径が1mm以下なら、2100 円~ という設定をしているところもあるようです。

また、一回でほくろが除去されないケースやほくろの大きさとメラノサイトの残留量によっても料金に違いがあります。

ほとんどの美容クリニックは、ほくろ除去にかかる料金を公開していますが、中には費用をオープンにしていないところもあります。このようなクリニックに直接行くのは大変な勇気が要りますね。

今ではインターネットで検索すると、簡単にクリニックについての説明や料金を比較することが出来ます
人気のあるクリニックほど、ほくろ除去治療を受けたいと思っている人の不安を取り除くように、ホームページでクリニックの紹介やシステムの説明・料金などを公開しています。
自分にあった方法を見つけるためにも、一度調べてみてはいかがでしょうか。

ほくろの除去は皮膚科などの病院でも行われていますし、いろいろなクリニックで行われています。方法としては、レーザー治療が一般的ですが、それ以外にもいくつか除去の方法があります。
ほくろの除去でも、シミの除去と同じように、問題になっている点として、最初に挙げられるのは料金の問題でしょう。

ほくろの除去にかかる費用は、除去をしたい『ほくろがある場所』『ほくろの大きさ』そして『除去する方法』によって違ってきます。また、保険が適用されるかどうかによっても大きな違いがあります。

大きなほくろで手術でなければ取れない場合や、最近知られてきた“メラノーマ”のような皮膚がんの場合には保険が適用され、3割の自己負担でほくろを取る事ができますが、美容目的でほくろの除去をする場合やレーザーによるほくろ除去は保険が適用されません。

ですが、本人の心理的な悩みも含めて保険適用を判断するところもあれば、ほくろ除去の目的や方法を問わず、無条件で保険適用にしている病院もあります。
ほくろ除去の保険適用については、ハッキリとした基準がないのが現状ですので、保険が適用される病院を探してみるとよいでしょう。皮膚科や美容整形などの病院は保険適用されることが多いようです。

また、ほくろの除去を受けた後、傷跡が目立たなくなるか否かは、アフターケアの取り組み方で分かれます。
ほくろの除去手術をしたからといってすぐに安心してはいけません。治療を受けたクリニックの指導に従って生活し、紫外線に傷痕をあてないことに細心の注意をはらうなど、術後の傷痕の管理がほくろの除去の成功に大きく作用します。

また、一般的に使われているレーザー治療でも、『ほくろが思ったように取れなかった』とか『傷痕が残ってしまった』というトラブルも多く聞きます。
さらに、大きなほくろは何回かに分けて除去手術を行います。全てのほくろが、一度で取り切れる訳ではないのです。自分のほくろがどのような状態なのか、よく説明してもらいましょう。

そして、ほくろは再発の可能性があることも覚えておきましょう。

ほくろの除去はシミと違って、レーザー治療を一度受けるだけの簡単なもの、と思っている方も多いのではないでしょうか。
確かに、ほくろはシミと違って範囲も狭いし、直径○ミリ単位のものですが、ほくろと言っても形や大きさはそれぞれ違います。
また、深さにも違いがあるため、小さなほくろ以外は一度に深く傷つけるようなことを避け、少しずつ様子を見ながら進めていきます。
レーザー治療を一度受ければ全て取れる、と思っている方が意外と多いようですが、ほくろの状態によって、治療に通う回数は変わってきます。
綺麗に仕上げるためには、何度か通いレーザー治療の傷痕が目立たないように、進めていく必要があるのです。
ほくろの除去は焦らず、ゆっくり進めましょう。

ほくろ除去の治療を始めてから疑問を持たないように、事前に治療方法や傷跡について、きちんと治療方針を聞いておきましょう。納得のいくまで、じっくり話し合う方が、良いですね。

また、ほくろ除去では術後のケアにどのくらい真剣に取り組むか、ということも重要なことです。
手術での技術的なことだけでなく、術後のケアによっては、傷痕が残ってしまうなど、仕上がりに大きく影響してきます。

ほくろ除去においては、手術の技術とアフターケアーは、同じくらい重要だと言われています。
もちろん、ほくろ除去を受けたクリニックで、術後の過ごし方について注意することや、除去したところに使用するクリームなどが処方されます。傷痕が残らないようにするためには、その注意をきちんと守って生活することが大切です。

“ほくろが取れたからお終い!”ではなく、その後は、自分でしっかり管理していかなければいけません。

ほくろの除去は皮膚科か、美容クリニックなどの医療機関で行うことになりますし、除去の方法も様々あります。
クリニックの情報を集めたり、実際に除去について説明を聞いたりして、自分の状態に合った方法を見つけましょう。

また、最近では自宅で自分で除去するための『ほくろ除去クリーム』が登場しています。
ですが、このクリームは日本での販売がないため口コミ情報を信じて取り寄せるしかありません。成分などを慎重にチェックして、自分のほくろが、危険性のないほくろであることを確認した上で、使用するか決めましょう。

ほくろを除去をする前に、ほくろについて少しお話しましょう。
一度取っても次々と出来てしまうほくろはどうやってできるのでしょう。今出来てしまっているほくろを除去してから新たに出来ないようにするにはどうすればよいのか。ほくろが出来る仕組みを知れば、ほくろの悩みは解決できるでしょう。

ほくろはもともとは肌色です。紫外線を浴びることによって、メラニン色素をつくる色素細胞が紫外線から体を守るために増殖したものです。肌が 紫外線にさらされることによって紫外線がメラニンを作り出す手助けをしてしまうのです。
生後間もない赤ちゃんには、ほくろがありませんね。それは、まだ紫外線にさらされていないからだと言えるでしょう。
ですから、日頃、最も紫外線を浴びている顔にはほくろが多いというわけです。最も少ないのは紫外線を浴びずらい足の裏なのですが、もし足の裏にほくろがある場合は、要注意です。

すでに出来てしまったほくろは、気になって触ってしまいがちですが、除去するまであまり触らないようにしましょう。
ほくろを触るのが癖になっている人もいるようですが、触って、刺激してしまうことで、ほくろが大きくなる原因となったり、ごく稀ですが癌化させてしまうこともあります。ですから、自分で取ろうとして引っかいたりしないようにしましょう。

今あるほくろを除去した後は日焼け止めクリームをぬるなどの紫外線対策をしっかりしましょう。
日焼け止めクリームは顔だけではなく、首筋や耳の後ろにまで塗ることが大切です。
しかし、日焼け止めの成分は肌に合わない人が多くいます。その場合日焼け止めをぬることが、肌やほくろを刺激することになってしまいますが、肌の弱い人用の物もあるので、そういった物を使うと良いでしょう。
日焼け止めの容器には、『SPA』『PA』というアルファベットが書いてありますね。『SPA』は、日焼け止めの効果の続く時間。
『PA』は、+ の数で紫外線を防ぐ効果を表しています。+++ が一番紫外線を防ぐ効果が高いのです。紫外線を防ぐ効果が高く、肌に優しいものを選ぶと良いでしょう。また、日傘やつばの広い帽子を使ったり、サングラスをするなどして、日焼け止めクリームを塗る面積をできるだけ少なくなるようにしましょう。また、地面からの照り返しで紫外線も多少なり浴びてしまいます。なるべく紫外線があたらない様に、着る服の形や色を選ぶようにしましょう。

紫外線対策をすることは、ほくろを作らないようにする他に、しみやソバカスも防ぐことにつながります。

ほくろを除去するには自分で取る方法と、病院などの専門家に任せて手術で取る方法があります。
皮膚科やほくろ除去専門のあるクリニックなどで行う“手術”となると、治療費や手術内容などの不安も出てきますよね。
できれば、自分で何とかできないだろうか、と思っている人も多いようです。
インターネットでは、『自宅でできるほくろ除去』として、ほくろを除去するグッズや方法などが紹介されています。
いくつか紹介してみますので、病院に行く前に、自分で試してみるのも良いでしょう。

1)ひまし油と重曹を合わせた『カソーダ』 3~4滴のひまし油に、ひとつまみの重曹を合わせよく練って、綿棒などで、局所的に付けます。『カソーダ』は強アルカリ性で、肌に強い刺激があるので、ほくろ以外には付けないようにします。
小さい子や肌の弱い人は、ひまし油のみ付けるようにします。チリチリとした痛みがあったら、一旦やめて、次の日から付けるようにします。10日ほどで、ほくろの部分がカサブタのようになって落ちてしまいますが、肌荒れしないように注意しながら少しずつ使う方が良いでしょう。

2)漢方のクリームを使う方法。 購入する場合は個人輸入になるようですが、日本で販売している店舗もあるようです。このほくろ除去用漢方クリームは、かぶれや肌荒れを起こす心配も無く、顔のほくろでも大丈夫ということです。実際に購入する人も、顔のほくろを取る目的の人がほとんどのようです。
ですが、体質や体調も影響しますから、腕とか脚といった目立たないところのほくろで試して、異常がないか確認するようにしましょう。

3)“もぐさ”を使う方法。 「ほくろ除去用のもぐさ」を使います。もぐさは、昔からあるお灸のことですが、“お灸のもぐさなら どれでもほくろ除去に効く”ということではないので、購入する時には注意しましょう。
直径1mm~2mm 程度の細さにもぐさをねじり、除去したい「ほくろ」に乗せて線香で火をつけます。大きい「ほくろ」を除去したい場合は、小さいもぐさを3~4個使います。1日1回2火~5火おこなうのですが、初めてやるときの火はかなり熱く感じるかもしれません。でも、ほんの1秒ほどで終わるので我慢です。2番目からはそれほど熱さを感じなくなるでしょう。
一般的に3~4日続けると、ほくろの表面が乾燥してくるので、そのまま放置して、ほくろが取れるのを待ちます。
乾燥がすすまない場合は、もう1日お灸をします。もぐさは、お灸ですからもちろん高温です。使用する時には、やけどに気をつけて慎重に取り組みましょう。
もぐさによるほくろ除去は、色が濃く、輪郭がはっきりしていて、平たい「ほくろ」によく効くそうです。逆に色が薄く、輪郭がはっきりしてなく、隆起している「ほくろ」は効果があまり期待できないこともあります。


これらのように、自分でほくろを除去する方法には、昔から使われてきたものだったり、海外で効果が評判のクリームや漢方をネットで手に入れられるようですが、肌につけるものですし、痕が残ってしまっては本末転倒です。しっかり下調べして確かなものだと確信したときのみ利用した方が良いでしょう。

また、これらの方法でも全ての人に確実にほくろ除去の効果がある訳ではなく、すっかり、きれいに取れた人もいれば、失敗ではないけれど、思ったような効果を得られない人もいます。その場合は、病院での除去を考えてみるのも良いでしょう。

自分でほくろの除去をする場合、一番重要なのは、そのほくろが『メラノーマ』という、皮膚がんの一種でないことを確認することです。

ほくろの除去を扱っているクリニックはたくさんあるし、どこへ行っても大丈夫!と思ってはいけません。
説明や技術、費用などはやはり差があり、どこへ行っても良いという訳にはいきません。ほくろの除去で有名なクリニックだったので行ってみたが、とても不親切でがっかりした、なんて体験談も多いのです。
それに、確かな技術や知識を持っているところでなければ、とても残念な結果になってしまうからです。

クリニックを選ぶ時のポイントとしては、自分が納得できる説明をしてくれたり、疑問や不安に思う事にもきちんと答えてくれる医師かどうか。保険の適用や、費用はどのくらいかを提示してくれるかどうか、治療の回数や、術後の過ごし方などのアフターケアなどについても、分かりやすく丁寧に説明してくれるクリニックが良いでしょう。
また、体験者の評判が良いクリニックを選んだほうが、名前で選ぶより より良い結果が得られるでしょう。

渋谷にある『マグノリア皮膚科クリニック』は、ほくろの除去で評価が高いクリニックです。
女性の先生が応対してくれて、料金も明確に表示されていて分かりやすく、とても親切で丁寧な説明とアフターケアがしっかりしていると評判です。再発については術後一年以内ならば診察料と薬代以外は一切かからないという良心的なクリニックです。

また、東京原宿にある『ペルラクリニック神宮前』も、高い評価を得ています。
院長先生は、男の方ですが、とても親身に話しを聞いてくれて、説明も分かりやすいとのことです。料金もホームページにかかれている以外は一切請求されることもなく、再発しても無料の永久保証ということで、とても満足との言葉が多いクリニックです。

ほくろの除去では“ほくろの再発”がしばしば問題になりますからこのアフターケアはうれしい制度です。

手術で起こりうるトラブルや術後の生活についてもしっかりと説明してくれますので、安心してほくろの除去を任せられます。ほくろ除去について悩んでいる方、一度お話を聞いてみてはいかがでしょう。

ほくろの除去法にはどんなものがあるのでしょうか。

自分で自宅で行う方法もありますが、皮膚科や美容外科などの、病院やクリニックで手術して行う方が安全でしょう。

ほくろを除去する方法は、ほくろの大きさや位置、ほくろの種類によって変わってきます。
ほくろの除去手術にも、切り取る方法、くりぬく方法、レーザーを使う方法、電気凝固法、凍結療法など、複数の方法があります。

切り取る方法は正式には「切除縫合法」と言い、直径6ミリを超えるほくろの場合によく行われます。
ほくろを『切除』して『縫合』するのですから、術後の痛みはありますが、腕の良い先生だとレーザーで取り除くよりもきれいに仕上がるといわれる方法です。抜糸までには時間もかかり、その間は水につけられないという不便さもありますが、ほくろの組織検査ができるので、大きいほくろやメラノーマを心配する場合にはこの方法が向いているでしょう。

メラノーマとは、亜性黒色腫という皮膚がんの一種です。
ガン組織の成長が早く他の組織への転移もとても早いので、皮膚がんの中でも一番性質が悪いと言われています。

「くりぬき法」は、直径が6ミリ以下のほくろに対してよく使われます。くりぬくための専用のメスを用いて行い、手術時間も短く、ほくろ除去手術の中では、比較的簡単な方法です。縫合をしないので出血する事もありますが、ほくろの組織検査も出来ますし、傷跡も半年もすればきれいななります。
“くりぬき方が浅いと、またほくろが出来てしまうのでは?”という不安もあると思いますが、組織をしっかり取り出すので、再発の心配はありません。

ほくろ除去ではレーザー治療が、一般的になっています。
レーザーによる治療は事前にほくろの部分に麻酔を使い一気にレーザーを照射する方法で3~10分程で終わります。このレーザーは黒く沈着してしまった部分だけに作用するもので傷痕も小さく短時間で済むことが魅力です。しかし、ほくろが皮膚表面に近いところにあるのなら一回で終わりますが、ほくろが深い部分にある場合は、何度かレーザー治療が必要になります。
また、レーザー治療を受けられるほくろには制限があり、組織検査ができないので、この方法で行う前には医師とのカウンセリングをしっかりする必要があります。

さらに「電気凝固法」によるほくろ除去は、電気が流れるメスを使ってほくろを削ります。ほくろが大きなもので隆起している場合に用いられる方法です。

ほくろによって、やってはいけない方法がありますから、自分で取り除く事はしないで、きちんと診断を受けることが大切です。

ほくろを除去した後、気をつけなければいけないことは、どのようなことでしょうか。
ほくろの除去をしたあとに注意することは、シミを治療したときと同じように治療をしたところの傷痕が紫外線にさらされないようにすることが重要です。
ほくろの除去手術などの技術が高いだけでは、ほくろの除去を受けた人が満足する結果は得られないと言われています。
除去後の傷痕が綺麗に目立たないようになるためには、手術を受けたからと安心しないで、医師からの注意やアフターケアをきちんと行う必要があります。アフターケアをおろそかにすると、傷痕が目立ってしまうなどの新たなトラブルを招いてしまうからです。

ほくろ除去によってできる傷痕は除去を行う法によって違ってきます。どの方法でも、傷痕はできてしまいます。
しかし、その傷痕や傷の周りが赤くなったり、黒ずんでしまうこともアフターケアさえしっかりすれば消えてしまいます。

ほくろの除去後、しばらくの間、傷口に紫外線があたらないように小さなテープを貼ることになります。
これは“サンプロテクター”と言うもので、傷口の皮膚が周りの肌と同じ状態まで回復する、と言われる約半年の間、このテープを貼ることで、紫外線をブロックして、傷痕を保護します。

ほくろは、紫外線を浴びることで、できやすくなります。サンプロテクターだけでなく、日焼け止めや美白クリーム、ローションなどを組み合わせてしっかりと紫外線対策をしていきましょう。
いい加減な紫外線対策のやり方では、せっかく取り除いたほくろが再発したり、除去した傷痕が色素沈着してしまい、シミになってしまうこともあるのです。

ほくろ除去を成功させるためには術後の“アフターケア”が、とても大切なのです。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちほくろの除去カテゴリに属しているものが含まれています。

次のカテゴリはしわの除去です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.11