スポンサードリンク

育毛と増毛の違い

髪を豊かに見せる方法は増毛と呼ばれ、育毛と共に薄毛対策の一つのジャンルになってきました。
これはかつらとは違ったシステムで、毛の付いた特殊フィルムを頭皮部分に貼り付けたり地毛の毛根に直接人口毛を複数結ぶなどして髪の量を増やすしくみです。
かつらに比べて付け心地がより自然なのに加え、取り外しの手間が無い上に入浴やシャンプー、水泳も可能なものまであって普段と変わらない生活を送れる利便性が高い評価を得ています。
分け目やつむじ部分が気になったり生え際のみ気になるといった部分的な薄毛の場合や、育毛中でもより自然な髪でいたいなど様々な理由で使われています。
育毛するのが一番ですが、ある程度の年数がかかるのが一般的で即効性がないのが難点です。
通常のかつらですと頭を覆うタイプのものがまだまだ主流ですから、頭皮の蒸れやずれたり取れるというアクシデントも考えられます。
増毛はこうした欠点を排除してあるので、他人に気付かれる事がなく付け心地も自毛と変わらないほど軽快です。
また、段階的に徐々に増毛することで急激な変化も避けられるので周囲に気付かれる事なく育毛の効果のような状態にできることも魅力の一つです。
月に1回程度のメンテナンスでは、結び目のチェックをして編みなおしや地毛とのバランス調整を見ていきます。
髪が抜けない限りちゃんと効果が持続するので安心できます。
育毛を始めている方は、こうした増毛についての利用も考えておくのもよいでしょう。

このブログ記事について

このページは、genが2009年6月14日 10:13に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「育毛と遺伝の関係」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.11