スポンサードリンク

育毛と遺伝の関係

薄毛にお悩みの方には様々な原因がありますが、遺伝も育毛トラブルの要因として見過ごせないものです。
本来、脱毛や薄毛には遺伝による影響が大きいとされていました。
確かに父親や祖父がはげていたという家系の方だと薄毛の方が多いという事実はあり、
遺伝による影響をうかがわせる結果とも言えます。
脱毛に関係する遺伝は母方から伝わるという話もよく聞かれます。
しかし、育毛の研究が進むにつれて薄毛の原因には遺伝傾向が見られるというだけでは薄毛の確定要因にはならないとの見方も出てきました。
遺伝以上に、薄毛の原因となる生活環境が親譲りとなってしまい、若い頃からの脱毛に悩むようになってしまうのです。
育毛も、早く始めるほど安心できますので気付いたら出来るだけすぐ対処していきましょう。
遺伝ではないかと考えた場合も、それが本当に遺伝子によるものなのか、それとも親と似た生活習慣の中に薄毛の要因となるトラブルが無いかよく考えて見ましょう。
偏った食事内容、運動不足かどうか、喫煙量、夜更かしなどチェック項目は色々あります。
こうした中から似た行動パターンになっている場合は、そこを改善していって育毛によい環境となる体作りを心がけましょう。
毛母細胞の活性化が弱かったり発毛しづらい元々の体質ならば遺伝的要素ですが、
それ以外は単に親譲りの生活環境である場合も多いのです。
そこをきちんと見極めて丁寧に育毛していけば、時間はかかっても丈夫で健やかな頭髪が生えてくるでしょう。

このブログ記事について

このページは、genが2009年6月13日 18:47に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「育毛時期のかつらについて」です。

次のブログ記事は「育毛と増毛の違い」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.11