スポンサードリンク

女性のための育毛を考える

育毛といえば今や男性だけのものではなく、女性も美しく豊かな髪でありたいと思う方が大勢います。
女性専用の育毛も大変な人気で、単なる薄毛対策だけでなく美容の観点から育毛を始める方も増えているとの事です。
そこで、女性に見られる脱毛のタイプを分析してその対策を考えていきます。
近年、男性に見られる男性型脱毛症が女性にも見られ、増加傾向にあるという報告があります。
こうした状況から、薄毛対策も女性とは無縁というわけにもいかなくなってきているのです。
このタイプの脱毛が女性に起こる場合、30代を過ぎた女性ホルモンの分泌に衰えがみられる頃から気をつけなければいけません。
加齢によって髪の質や状態がだんだん変わってくることも、女性が育毛を始める理由で多いものだとされます。
中年期を迎える頃は、女性でも髪の量が減ってきます。
そんな時期にみられるのがびまん性脱毛症といわれるものです。主な原因は老化、急なダイエットにストレスといったものが考えられます。
髪を結ぶ長髪の女性によく見られるのが牽引性脱毛症です。
ポニーテールやシニヨンといった髪型は、毛髪を強く引っ張ったままの状態にしているので力の加わる毛根や頭皮がダメージを受けるのです。
小さい頃からこうした髪型を継続していると、若いうちでも生え際が後退してしまう事があります。
このタイプは、髪を結ぶときはまとめる程度にするか、結ぶ位置や分け目も毎回変えるように工夫することで回避できます。
また、女性特有のタイプに分娩後脱毛症というものもあります。
出産後はホルモンバランスが乱れがちで、その影響で産後に脱毛の量が一時的に増えて髪が少なくなってしまいます。
この場合、時間の経過と共にホルモンが正常化されて授乳も終われば薄毛から回復します。
以上の中に自分も当てはまると思った方は、それに応じた対策で育毛につとめていきましょう。
髪は女の命ともいわれますし、健康で美しい髪を保っていきたいものですね。

このブログ記事について

このページは、genが2009年6月 8日 17:50に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「育毛の敵・タバコ」です。

次のブログ記事は「妊娠・出産での育毛」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.11