スポンサードリンク

育毛剤の成分を知ろう

育毛剤は何種類かの成分を配合することで、髪を美しくしたり発毛の手助けをしたりといった複合的な効果を目指しています。
育毛剤の商品が数ある中でも、共通する成分なども見られます。
どの成分がどんな働きかを知る事で育毛剤を選ぶ目安にもなりますし、より自分に合った育毛剤を探す事ができます。
一般的な育毛剤には、血行を促進させる作用の成分が配合されます。
人参エキス・センブリエキス・ビタミンE・塩化カルプロニウムなどがそのために多く含まれています。これらは頭皮の血流をよくする事で頭皮を活性化させるのを目標としています。
毛母細胞を活性化させるための成分の代表的なものにはペンタデカン酸グリセリドといったものがあります。
育毛の上では保湿することも重要視されています。保湿のための成分にはイチョウエキスやアロエ抽出液、海草エキスといった天然成分によるものなので評判が良いです。
頭皮の殺菌をしてくれるヒノキチオールは頭皮環境を清潔に保ってくれますし、グリチルリジン酸ジカリウムは頭皮の炎症を抑える成分として育毛剤に配合されます。
頭皮に皮脂が付着したままだと脱毛を引き起こしてしまいますが、この対策として脂質除去の成分であるイノシトールやL-セリンといったものがあります。
以上に挙げた以外にも有効成分はまだまだ存在しています。
自分が愛用している育毛剤がどういった成分構成かに注意してみると、更に自分の育毛対策の助けになることでしょう。
育毛剤には、自分が補って欲しい成分を中心にしたものを選ぶことで更なる効果につながるのです。

このブログ記事について

このページは、genが2009年6月 5日 18:38に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「漢方の助けで育毛を」です。

次のブログ記事は「運動は育毛にも効果有」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.11