スポンサードリンク

花粉症と皮膚のトラブル

花粉症の方で、皮膚が過敏に反応して皮膚炎を起こすケースも少なくありません。
花粉症といえば、鼻や目に症状が出る事の方が多いのですが、花粉が皮膚に付くことで痒みを感じたり、赤くなってしまう事もあります。
皮膚に強く症状が表れるのも、不快ですし、女性では美容上でも悩みの種になってしまいます。

やはり、スギ花粉による花粉症患者の方に、皮膚トラブルを起こす割合も多いようです。

露出していることが多い、顔や首筋などは花粉もつきやすく、特にダメージを受けやすいのは、皮膚の薄い顔だといわれます。
ですから、お化粧にも気を付けなければならないので、女性の方は大変です。

ファンデーションのついている肌は、花粉が付きやすいので、花粉症の時期にはお化粧も控えた方が良いようです。
ですが、ノーメイクも、花粉が肌に直接ついてしまうので、保湿と、下地をしっかりして、シンプルなメイクにしましょう。

症状は目の周りに起こりやすく、粉をふいたようになったり、まぶたが腫れる方もいるようです。
花粉症から皮膚炎になり、乾燥して、カサカサしたりザラザラになったり、赤い肌荒れ(紅班)になることもあります。
また、耳の後ろや首などは、無意識にかきむしってしまい、出血したり、ヒリヒリと痛むようになってしまうこともあります。
花粉症の時期になると、もともと、アトピー性皮膚炎のある方は、首から上や、腕などの皮膚症状が悪化したり、じくじくした発疹が出ることもあります。

やはり花粉との接触を断つことが花粉から皮膚を守るには、一番重要なのですが、実際には不可能に近いので、正しいスキンケアで、花粉症対策をしましょう。

花粉は水溶性ですから、油脂性のワセリンを顔に塗っておくと、花粉が皮膚に直接付くことが防げるので予防になります。

また、肌が乾燥してしまうようなので、化粧水や、乳液などでしっかり保湿をしましょう。
このときも、擦り込むと、摩擦で肌を痛めてしまうので、たたくようにして付けましょう。
ドライスキンや吹き出物など花粉症の症状以外の症状も起こりやすくなるので注意が必要です。

洗顔も、低刺激の洗顔料などを選ぶようにして、丁寧に、洗い流しましょう。洗い残しがあると、肌を痛めてしまいます。
お風呂も熱いお湯での入浴は乾燥しやすくなるので、避けた方が良いでしょう。
花粉症の季節は、いつもより丁寧に正しいスキンケアで、保湿中心のお肌ケアを、毎日行うことが大切です。


そして、できるだけ、外気に肌がさらされないように、長袖の服や帽子、スカーフなどを身に付け花粉がつかないようにしましょう。

このブログ記事について

このページは、genが2009年6月 3日 12:46に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「花粉症と目のかゆみ」です。

次のブログ記事は「世界の花粉症について」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.11