スポンサードリンク

花粉症と目のかゆみ

花粉症の時期になると目がゴロゴロしたり涙が止まらない、といった症状に悩まされる方も多くいます。

花粉症患者の中では目の痒みを訴える方も多くいて、スギ花粉症に限ると目の痒みは、実に9割以上の割合で見られます。

目の痒みなどの症状が起こりやすい理由は、眼は粘膜で、常に湿り気を帯びた器官であるため、花粉を引き寄せやすいからでしょう。
花粉症による目の症状は急性アレルギー性結膜炎や結膜花粉症とも呼ばれます。
おもな症状は、痒み・目の充血・目やに・目の違和感(まぶたのむくみ)などです。

ただし、痒み、目の充血、目やになどは、ハウスダストやドライアイでも起こる症状であり、眼科などで診察を受けて初めて、花粉症だと気づく場合もあります。

ちなみに、片方の目だけ、かゆみなどの症状があったり、目はかゆみなどの症状があるのに、くしゃみ・鼻水・鼻づまりなどの鼻の症状はない場合、また 目がかすんだりして、視力に影響があるといった場合は、花粉症ではないかもしれません。

目はとてもデリケートで、ほんとに小さなものでも、違和感を感じます。
痒みなどでつい、こすってしまい傷つけてしまうこともあります。
目に違和感やかゆみを感じたら、こまめに目薬や洗眼薬で花粉を洗い落として症状と抑えましょう。

でも、あまり洗いすぎると、目を保護している物質まで洗い流されてしまい、目に傷がつきやすくなり、粘膜が弱くなってかえって、花粉症の症状が出やすくなってしまうのだそうです。
洗いすぎには注意が必要ですが、目を洗うと、さっぱりします。
洗眼薬についている専用のカップの中の薬液に浮かぶ物体を見ると、『こんなに目に付いていたの?』と、驚くほどです。

洗眼薬には、防腐剤が入っていないものを選ぶようにしましょう。防腐剤が刺激になる事もあります。
目薬も、防腐剤の入っていない、花粉症用のものを選びましょう。

花粉が目に入るのを防ぐにはゴーグルが最も効果的でしょう。
普通のメガネでも目に花粉が入るのを防いでくれますが、顔のラインにぴったりと沿う花粉防止サングラスもありますし、かなりデザイン的にも機能的にも花粉症用とは思えないものも出ています。

それから、花粉症の方でコンタクトレンズを使っている方は、いつも以上に注意してください。

花粉がコンタクトに張り付いたり、目やになどで、症状を悪化させる危険があるのです。
また、市販されている、花粉症用の目薬は、ソフトレンズでは使用できません。
近年発売された目薬で、従来の抗ヒスタミン成分と抗アレルギー成分に抗炎症成分を加え、効き目の強さを強調したものがありますが、この目薬はハード・ソフト、どちらのレンズとも使用時は使えないようです。

どうしても使用するのならハードレンズにしましょう。そして必ず、洗浄専用液でこすり洗いして しっかり花粉を落すようにします。
ソフトレンズの場合は、かゆくなったらすぐ取り換えられるように、使い捨てタイプが良いでしょう。


できれば、花粉の時期にはメガネを使用するようにして、コンタクトレンズを使うのは控えた方がいいでしょう。

このブログ記事について

このページは、genが2009年6月 2日 15:35に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「花粉症と鼻の症状に効果があるもの」です。

次のブログ記事は「花粉症と皮膚のトラブル」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.11