スポンサードリンク

花粉症のおもしろ情報の最近のブログ記事

花粉症の増加には、寄生虫が関係していると言う話をご存知でしょうか。
ある研究者は花粉症と寄生虫との関連を挙げて、なぜ花粉症がここまで蔓延したのかを説明しています。

ですが、“寄生虫”って、どんなものなのでしょう。
人間に寄生する寄生虫では蟯虫(ぎょうちゅう)・回虫(かいちゅう)・サナダムシ など、よく聞きます。

蟯虫(ぎょうちゅう)は、人間の盲腸に寄生し、人間が寝ている間に肛門周辺に卵を産みつけ、その卵を人間が摂取すると十二指腸で孵化し、数週間ののち盲腸で成虫となります。
産卵の時の動きや、粘着性の分泌物によって、かゆみが発生し、無意識のうちに掻き毟ってしまう事が多く、手などに付着した虫卵が撒き散らされるのが、感染の原因です。

『蟯虫卵検査』って、子供の頃にやりましたよね。セロファンを肛門に貼り付ける検査をしたことがあるでしょう。
あれは、蟯虫の卵を見つける検査なのです。

回虫(かいちゅう)の場合、一旦土壌に出てから感染が行なわれます。
糞尿が田畑の肥料だった頃、大便とともに体外に出された回虫の卵は肥料として、田畑に撒かれ野菜等に付着し、食物として人の口から体内に入る為、かなり高い感染率でした。
でも現在の日本では、糞便を肥料にすることがなくなった為、卵が野菜につく事もないので、感染経路がなくなり、回虫の感染率は激減しています。

人間と寄生虫との間には長い戦いの歴史があったといわれます。

第二次世界大戦前後、日本人の半分以上の方に回虫などの寄生虫は存在していました。
ですが、戦後の経済復旧と医学の進歩によって、衛生環境の改善もなされ、寄生虫感染は激減しています。
そしてこの頃、寄生虫とは反比例するようにして花粉症患者数が急増してきます。

研究者は日本経済が大変活気付いた戦後30年ほど経った時期の、寄生虫感染者と、花粉症患者の数に注目したのです。


本来、IgEは人間の体内に、蟯虫や回虫などの寄生虫が寄生したとき、それらに対抗しようと体内の寄生虫に対して、大量の IgE が作り出し、それが肥満細胞をびっしりと覆っている状態となり、寄生虫を排除しようとしていました。

でも、寄生虫自体が減少してしまうと、IgE も使われないため、常に免疫システムは余力を残した状態になってしまったのです。

そんな状態の体に入り込んだのが花粉症。
花粉抗体は寄生虫の抗体と似た構造だったので、“攻撃する相手”を失った IgE は、寄生虫の代わりに花粉を攻撃するようになり、脂肪細胞にある抗体結合部分(レセプター)に結合しやすくなったのです。


つまり、先に寄生虫感染を起こしていると、体内では回虫の糞尿に含まれる成分が、IgE抗体の生成を促進する為、花粉などのアレルゲンを遠ざける結果になり、花粉症の発症は抑制されますが、花粉症になってからあわてて、寄生虫感染を起こしても花粉症の症状は抑制されないというのです。

ですから、あまり衛生状態が良くない地域において、寄生虫患者がいても、たいして、花粉症患者はいないと聞きます。

これらのことから、寄生虫のエキスや寄生虫の卵などを投与して、花粉症の症状を改善しようという試みもされましたが、発ガン率が高まるおそれがあるなどの副作用の問題から実用化には至っていません。


それなら、『花粉症にならないためには、寄生虫に感染すれば良いんだ!』 と、思いたくなってしまいますが、それは、あまりに危険な考えです。寄生中の中には、命に関わるような害をもたらすものも多くいます。

花粉症対策は、健康的で無理のないもので行うことが大切です。

花粉症が発症するのは、遺伝によるものなのでしょうか。
花粉症にかかっている家族が何人もいる場合は、『花粉症は遺伝する』ものなのだろうと、考えるのは自然なことです。

花粉でアレルギーを引き起こす“花粉症”は、『1型アレルギー』に分類されます。
アレルギー反応は、1型〜4型に分類されるのですが、『1型アレルギー』とは、アレルギーを引き起こす異物(抗原、アレルゲン)に対し、体内で『IgE抗体』というものを作り、そのIgE抗体と異物(抗原、アレルゲン)がくっついて発症します。
花粉症の他に『1型アレルギー』の代表的なものとしては、“蕁麻疹”“食物アレルギー”“アレルギー性鼻炎”“気管支喘息”
“アトピー性皮膚炎”“アナフィラキシーショック”などがあります。どれもよく聞きますね。

では、この『1型アレルギー』は、遺伝するのでしょうか。

答えは『はい』遺伝するとされています。

アレルギーを起こしやすい体質が遺伝するというより、遺伝子的に『免疫抑制遺伝子がない遺伝子』が遺伝するのです。
詳しく言うと『免疫抑制遺伝子』がある場合は、異物に対してIgE抗体を作ることを抑えてくれるので、症状はでないのですが、『免疫抑制遺伝子』が生まれつき無い場合は、その異物に対してIgE抗体を作ってしまい、症状が表れます。

例えば、スギ花粉などのアレルギーが両親共にあり、発症している場合、その子供には『スギ花粉症を抑える力の無い遺伝子』が
遺伝されることになるので、その子供がスギ花粉症になる確率は高いでしょう。
また、遺伝子的に伝わっていると考えれば、花粉症の症状が表れていなくても、何らかのきっかけで今後、発症することもあります。

でも『免疫抑制遺伝子がない遺伝子』の遺伝は、“劣性遺伝”なので、遺伝されないパターンもあるのです。

なんだか、生物の授業みたいですね。

さらに、アレルギー体質だからと言って、100%花粉症にかかるとは限らないのです。
花粉症の発症には、個人の体質や環境的要素が複雑に絡んでいることも左右するため、食生活や育った環境、生活習慣などによっては、症状が表れないこともあるのです。
 
花粉症は遺伝の影響もあるのは確かですが、遺伝での発症を気にするよりも、予防が先決です。
アレルギー体質であるなら花粉症になる可能性もあることを十分理解し、普段から花粉に触れないようにするなどの、対策をしておくことが重要です。

逆に、家族にアレルギー症状がなくても花粉症にかかる場合もあります。
家族に花粉症がいない場合でも、“今や花粉症は誰にでも起こり得る症状”と心得て、掃除や洗濯に気を配ったり、免疫力を高めるように注意するなど、予防と対策はしっかりしておきたいものです。

『花粉症』は、いつ・どんな形で伝えられたのでしょうか。また、どのような歴史があるのでしょう。

花粉症の歴史は意外にも古く、ローマ帝国時代の医師ガレヌス(紀元前130年〜200年)が花粉症らしい病状について述べていたり、“春になると鼻水がでたり、鼻詰まりがよくある”ことが、紀元前100年ごろの中国の記録に示されているとも言います。
さらに、『花粉症らしい疾患とその治療法』が、アラビアの医師によって、西暦1000年ごろに記録されたとも言われています。

記録として残る最も古い物では、1565年(一説には1533年)『バラの匂いをかいでくしゃみやかゆみ、頭痛が起こった』と
イタリア医師によって、記録されています。
ですが、バラは花粉を飛散させないので、この患者の場合、花粉症であるとは言い難いのですが、現在でも Rose fever(バラ熱) は「晩春から初夏の鼻炎」の意味で Hay fever と同じように使われることがあります。

また、19世紀初頭、牧草を扱う人々の間に『Hay fever』と呼ばれるアレルギーを思わせる症状がイギリスで発見され、その後、英国医師ブラックレーによる、『空中花粉の測定』『鼻誘発試験』『皮膚試験』など現在でも通用する試験を行って、『Hay fever』はイネ科植物の花粉が原因だと実証しました。
1872年 北アメリカで、“ブタクサ”が、鼻水・咳などの夏風邪にも見えた『Hay fever』の原因だと報告されました。
これにより、体は何らかの影響を植物の花粉によって受け、そのために発症する病気があることが確認されました。

その後ブラックレーは、1873年に『枯草熱あるいは枯草喘息の病因の実験的研究』を著し、 『Hay fever』 は 『Pollinosis (花粉症)』と呼ばれるようになり( pollen は花粉のこと)、自身も花粉症であった英国医師ブラックレー は『花粉症の父』と呼ばれています。

『 Hay fever 』は“枯草熱”(こそうねつ)と日本では訳されていますが、本来 grass(イネ科の牧草)の干し草を表す“Hay”と、発熱の意味の“fever”なので、『干し草熱』とした方が良かったかもしれません。


日本では、正確な出現時期は判っていませんが、1960年代にブタクサ、カモガヤ、スギ、ヨモギなどによるものが次々と報告されました。

ですが、1963年、斎藤洋三が目や鼻にアレルギーのような症状を持つ患者を多く診察したのがきっかけで、スギ花粉症を発見したことから、花粉症の歴史は始まると考えられています。

ブタクサ(帰化植物)による花粉症が、1960年後半からおよそ10年は多かったのですが、スギ花粉症の患者が1970年代中頃から急激に増えました。それは、スギ花粉の第1回目の大飛散が1976年にあり、その後にもスギ花粉が大量に飛散し、スギ花粉による花粉症患者が大量に発症するということが、1979年、1982年と二度もあったからです。
このスギ花粉大飛散は、特に関東地方共通のできごとであり、全国的ではないのですが、社会問題として認知されたのは、ほぼこの時期です。また、これ以降、報道等で『花粉症』という言葉が一般的に、使われるようになりました。

現在、花粉症に罹る方は非常に多く、そのおよそ80%はスギ花粉症といわれ、患者数は今後も上昇していくであろうと言われています。

今では、天気予報などと同じく大切なニュースとなっている、花粉飛散情報。
新たな国民病とも呼ばれる花粉症の、対策と治療は人々の大きな関心事となっています。

花粉症とアトピーは意外にも関連が深いのです。
詳しいことについては、いまだはっきりとしていない部分もありますが、アトピーの方は花粉症になりやすい傾向があることは、よく言われます。

それは、花粉症も、アトピーも共に、IgE(免疫グロブリンE)と肥満細胞(マスト細胞)の影響が大きい、『I型アレルギー』に分類されているからです。
この『I型アレルギー』と言うのは、体内にアレルゲンが入るとすぐに反応し、くしゃみや鼻水と言ったアレルギー反応を起こすので、即時型過敏と呼ばれています。

生まれて数ヶ月の乳児でも、血液検査の結果でIgE抗体値が高いことがあります。
血中に含まれるIgE抗体値が高いのがアトピーの特徴で、その時点では何に対してアレルギーがあるのか分からなくても、のちに、アトピーの症状が現れてくるでしょう。
アトピーというと、一般的には“アトピー性皮膚炎”を指しますが、この後に、“気管支喘息”“アレルギー性鼻炎”と、体の成長と共に、アレルゲンも症状も変化して行くと言われます。

花粉症は、花粉に長く接しているといずれ発症する可能性が高い疾病ですから、アレルギー性鼻炎を発症した時に、花粉症にもかかっていることが多いのです。
花粉の時期にはアトピー症状が悪化するという報告もありますから、アトピー体質の方は注意が必要でしょう。

ですが、アトピーの主なアレルゲンはダニやハウスダストです。
花粉症のようなくしゃみや鼻水などの症状だからと言って、勝手に花粉症と自己判断せず、アレルギー科などで検査を受けてみることが大切です。
アトピーは、花粉の時期が過ぎてもいつまでも症状が続きます。
アレルゲンの確定もしないで花粉症と決め付けてしまうことで、きちんとアレルゲンが排除できずに、アトピー反応が重症化してしまう事だってあるのです。

気になるようであれば、きちんと検査を受けてることで、何に対する抗体を持っているのかも分かり、それが花粉であれば、早めに花粉症対策を行うことが出来ます。


花粉症もアトピーもアレルギー体質が大きく作用し、症状も似ていますが、対策法はそれぞれで違います。
まず、アレルギー検査を受け、アトピーならばきちんと医師の診察をうけて、花粉にも対抗できるように適切な方法を、身に付けておきましょう。
花粉症もアトピーも、誤った対処法では症状の緩和には繋がりません。

花粉症の治療費は一年間で、どのくらい必要になるのでしょう。
治療費は、症状の程度や診察内容、治療を受けた病院によって、かなりの差が出るようです。
症状が軽いのなら、1シーズンに2〜3回の受診(薬代も入れて)で1万円前後。
症状が複数であったり、手術や保険対象外の治療法などを受けると10万円を超える場合も珍しくありません。

花粉症の治療で、まず必ず行うのが『アレルゲン検査』です。
これは、花粉症の原因となるアレルゲンの特定と、治療方法を決めるのに必要な検査です。
アレルゲン検査の料金は検査項目数で違ってきます。
初めて検査する時は、一通りの項目はチェックするので高めになりますが、次からは、必要と思われる最低限のものと、気になるものをチェックするようになるので、検査項目も減ります。
ですから、3,000からおよそ7,000円くらい、というのが一般的のようです。

他にも、ハーブや漢方薬、アロマテラピーなどを取り入れる方もいるでしょう。

漢方は、その人の症状や体質など全てを考えた上で、その人に合った処方(調合)をするので、個人によって、値段は変わってきます。
飲み続けることで改善していくのですから、1日分の値段が高くなってしまうと、ちょっと大変かもしれません。
最近では、『和漢診療科』を併設する病院も増えています。症状によっては、西洋薬との併用も可能になりますし、薬の相談も飲み方の注意も聞くことができます。
それに、健康保険が適応されるので、費用の面でも比較的抑えることが出来ます。

花粉症に効くハーブやアロマテラピー用のオイルは、ドライハーブなら100gで3,000円、オイルは5mlで4,000円前後のものが人気です。
ある程度 高品質であるとより効果が期待できるといいますが、ドライハーブやオイルの価格は、種類や品質でかなり差があるので、予め予算を決めて選ぶ方が良いでしょう。
花粉症の時期には、花粉症に効くハーブを何種類かブレンドしたものを、販売することもあるようです。

なお、花粉症治療のためにかかった医療費が、年間で10万円を超えるようなら『高額医療費控除』の申請ができます。
花粉グッズのマスクなども、控除対象になる場合もあるようですから、レシートなどはしっかり取っておきましょう。

花粉症の治療は毎年必要なことですし、対策にも費用は掛かりますから、普段からの予防は大切です。

根本的な治療を進めながら、予防・対策も行い、症状が出ないように配慮することで、花粉症の治療や対策にかかる費用も この先、徐々に下げられるのではないでしょうか。

花粉症は人間だけがかかるのではなく、動物もかかるのです。
春、スギ花粉の舞う時期になると、ニホンザルが花粉症そっくりの症状を起こしているというニュースが流れます。
サル山の上で、鼻水を流したり、くしゃみをしたり、目をこすっているサルの映像を憶えている方も多いでしょう。
花粉によるアレルギーも、人間に近い動物であるサルなら、起こりやすいのかもしれません。

ですが、サル以外に犬や猫などでも花粉症の症状が見られるようです。

初めて犬や猫の花粉症が報告されたのは、1998年に犬、2000年に猫、だと言われていますが、犬や猫の花粉症は、それ以前からあったであろうとも言われています。

犬や猫の場合、花粉やほこりなどが原因で表れるアレルギー症状は、一般には、脇、屈折部分、お腹、口の周辺、目の周辺、耳など、全身に痒みを伴う皮膚炎の症状としてあらわれます。

例えば、いつも耳をかいていたり、目や口のまわりを、かゆがったり気にしたりする。また、指の間をしきりになめていたり、体を床や家具にこすりつける。など、体を痒がる様子はありませんか?
もしあるとすれば、花粉アレルギーかもしれません。

花粉症になった動物は、全身のあまりの痒みから体を掻き続け、膿んでしまったり炎症を起こしたり、『紅斑』という発疹が出たりします。もっとひどくなると、全身の毛が抜け落ちてしまうこともあります。
こういった深刻な症状が最近、増えてきているとも言われます。

犬や猫のアレルギーを確実に診断する方法は、今の段階ではありません。しかし、ある程度アレルギーを推測することは可能です。
また、アレルギーを起こすアレルゲンの種類と重症度については、医療機関で血液によって検査することができ、92項目のアレルゲンを特定することができます。

動物は人間と違い、花粉によっていろいろな症状が出ることや、花粉症に対して予防や対策を行うといったことを、理解することは出来ません。 

ですから、ペットたちに辛い思いをさせない為にも、散歩から帰ったらブラシで体に付いた花粉を払ったり、濡れタオルで拭いたり、こまめにシャンプーをするなどの花粉症対策を、飼い主がしっかり取らなければいけません。

もし、花粉の時期に、飼っている猫が鼻水をたらしたり、愛犬が散歩中、目をショボショボさせたり、痒がる症状がでたら、かかりつけの動物病院でアレルギー検査をしてみるのもいいでしょう。


動物も花粉症にかかると言うことを忘れずに、症状が重いようなら、早めに獣医師の診察を受けて体調管理をしてあげましょう。

花粉症には『国民の6人に1人』が、かかっていると言われる日本ですが、“花粉症”は、日本独特の病気なのでしょうか。

日本で最も多い花粉症といえば、スギ花粉症ですが、花粉症は、日本だけのものではなく、世界中の人々も花粉症で悩んでいます。
また、花粉症の種類も、日本とは違ったものも 多くあるようです。

では、世界中にはどんな植物による花粉症があるのか、その一部を紹介します。

まず『世界の3大花粉症』とも呼ばれる、ブタクサ・イネ科・スギ。花粉症の代表格で、この花粉症患者は世界中にいます。

アメリカではおもに“ブタクサ”によるものが多く 5〜15% の人が、かかっていると言われていて、1900年頃から注目されています。
この、ブタクサ花粉症の人は、バナナやキウイなどに対しての食物アレルギーも多く見られるようです。

ヨーロッパの中でも、イギリスではイネ科の花粉症が多く、特に“カモガヤ”という牧草が原因と言われています。
イギリスは、花粉症発見(発祥)の地でもあります。スペインも多いようです。

一般に北欧と呼ばれるスカンジナビアの地域では、10〜15%程度の人が、シラカバなどのカバノキ科が原因植物の花粉症となっています。

また、カナダでは北欧と同じく寒冷な地域であるためか、カバノキ科の花粉症が多く、6人に1人 がカバノキ科の植物による花粉症にかかっていると言われています。
さらに、オリーブの花が咲く4月から7月頃に、オリーブによる花粉症になる方もいます。

アーモンドやマンゴーの花粉でも、アレルギー症状が出ることもあるそうです。

そんな中、ロシアでは、花粉症患者はとても少ないとか・・・・・羨ましいですね。

世界では意外な植物が原因となっていることに驚かされます。
また、アメリカやヨーロッパのような大陸は国土が広いので、それぞれの地域によって 
さまざまな種類の草花や樹木による花粉症があるようです。
気候も植生も日本とは違うのに、花粉症に悩まされるのは、どこの国も同じなのですね。

では、最後に“スギ”に ついてですが、スギは日本固有(沖縄、北海道のぞく)の植物であり、スギの花粉による花粉症は日本独自の症状だとされています。
スギ花粉症はヨーロッパにもいるようなのですが、実は、スギが原因ではないと、言われています。
それは、本来原因植物となるヒノキ科「cedar」を間違って“スギ”と訳してしまった為で、やはり、スギ花粉症は日本だけのものなのでしょう。

しかし、1998年に三好彰医師により、スギが植樹された中国での、花粉症患者の存在が確認されていて、現在、中国でのスギ花粉症の患者数は急増している、という報告もあるようです。

確かに、日本人の花粉症患者の約8割がスギ花粉による花粉症。
日本にしかないスギ花粉症なのに、『世界の3大花粉症』に挙がってしまうのは、なんとも悲しいですね。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち花粉症のおもしろ情報カテゴリに属しているものが含まれています。

次のカテゴリは花粉症の対策・治療です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.11