スポンサードリンク

心筋梗塞を発症したらどうすればいいの?

心筋梗塞は発症時の対策で大きく生と死をわけることもある緊急性の高い病気です。突然胸痛を訴えだしたら我慢せずまず救急車を呼んでください。
心筋梗塞を発症して1時間以内に死亡している方が半数以上という統計からも心筋梗塞ではより早期の治療が必要であるといえるでしょう。
全国平均で救急車を呼んで到着する時間はだいたい5,6分になります。
人間の脳が生きていられるのは酸素供給が停止してから3,4分と言われておりそれ以上の時間を要する場合は身体になんらかのダメージを受ける可能性は非常に高くなります。
そのことからも心筋梗塞を発症してから病院に到着するまでの対応がとても大切で対応次第で運命が分かれてしまうこともあるでしょう。
心筋梗塞などで呼吸停止に陥っている場合には数分後に心肺も停止しますので心肺蘇生を行ってください。心肺が蘇生する可能性は段階が早ければ早いほど高くなります。
心筋梗塞で心停止状態に陥ってしまった場合心肺停止から1分以内に蘇生術を行うことで蘇生率は97パーセントになります。
また5分経過してしまえば一気に25パーセントまで下がってしまうので時間との勝負になるでしょう。
心筋梗塞を発症してもし心停止が起きてしまったら救急車がくるまでのあいだにぜひ蘇生術を行ってください。蘇生術を行うことによって生存率はうんと上がります。
高血圧や心疾患をもつ方が身近にいらっしゃる方は心肺蘇生法を習得しておけばいざというときに役立つことでしょう。

このブログ記事について

このページは、genが2009年5月29日 01:24に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「心筋梗塞におけるリハビリテーション2」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.11