スポンサードリンク

心筋梗塞におけるリハビリテーション2

心筋梗塞などの重症度の高い心疾患を発症した後に健康を回復するために行うのがリハビリテーションです。
リハビリは心筋梗塞などの疾病で低下した身体機能を元の状態に近づくようにあせらず長いスパンで行うようにしていきましょう。
とくに高血圧の既往があるかたは心筋梗塞を再発しやすい環境にあるため血圧をコントロールしていくことが大切です。また適度な運動は健康を維持するためにも役立っていくでしょう。
糖尿病患者にもリハビリは効果的であるといわれ運動を行うことで血糖値を低下させインスリンや血糖を下げる内服薬を減量することに成功した方も多くいます。
糖尿病自体はリハビリテーションだけでは完治するものではありませんが症状を改善にリハビリテーションは強い味方になってくれます。
運動療法だけではなく食事療法と併用して行うことでダイエット効果もありウォーキングや軽度のジョギング、エアロビクス等の有酸素運動は脂肪を燃焼させるためにも行ってください。
体内に酸素を取り込まない運動の無酸素運動(短距離走など)よりも有酸素運動の方が体内へ酸素を取り入れることから心臓への負荷が少なく心筋梗塞を既往に持つ人には適しているといわれています。
また運動する時間については朝は心筋梗塞による発作が起こりやすいので避けまた起きてから1時間は運動は行わない方が無難です。
回数は1週間で3回~5回程行い1回の運動につき30分~1時間がよいとされています。もちろん本人の体調とも相談して行い決して無理はしないようにしましょう。準備運動もしっかり行いマイペースでゆっくり行っていきましょう。

このブログ記事について

このページは、genが2009年5月28日 08:06に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「心筋梗塞におけるリハビリテーション1」です。

次のブログ記事は「心筋梗塞を発症したらどうすればいいの?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.11