スポンサードリンク

心筋梗塞におけるリハビリテーション1

運動療法を行うリハビリテーションでは運動能力を高め入院して長期臥床していることにより低下した筋力や体力を回復させ退院後も問題なく日常生活を送ることができるように近づけてくれます。
正しいリハビリは総コレステロールの値を減少させ善玉コレステロール値をあげてくれ、心筋梗塞や狭心症の発作も少なく、再発防止につながるとされています。
心筋梗塞や狭心症は冠動脈における動脈硬化によっておこり適切な運動療法と食事療法を併用して行うことで動脈硬化の進行を停止させ再発を防止することが大事になってきており運動不足のひとは心筋梗塞を発症しやすいので適度な運動を積極的に行うように心がけましょう。
急に激しい運動を始めたり仕事を開始するのは心疾患を患っている人にとっては危険ですが逆に安静にしすぎるのも健康を維持するのには良くないとされています。
医師や看護師の監視下の下で心電図、血圧測定を行いながら運動療法を行うことが急激な胸痛発作を予防し事故や心筋梗塞の大きな影響を引き起こす高血圧も予防できるでしょう。
しかし心筋梗塞患者に激しい運動は禁忌になります。心筋梗塞の再発を避けるためにも運動強度は中くらいの強さでの運動がよいとされています。ただ心臓の働きが悪い場合や調子が悪いときなどは軽い運動でやめましょう。
高齢者の心筋梗塞患者はリハビリを継続して行わないと寝たきりの状態となってしまいます。大変ですが身体機能を保持していくためにもできるだけ行うようにしましょう。
リハビリを行うことで全身の機能を動かして健康的で楽しい暮らしを送れる努力をしていきましょう。

このブログ記事について

このページは、genが2009年5月27日 15:15に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「心筋梗塞の予防法」です。

次のブログ記事は「心筋梗塞におけるリハビリテーション2」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.11