スポンサードリンク

心筋梗塞の予防法

心筋梗塞は様々なリスク因子が重なり合うことで発症される疾病なので心筋梗塞を予防していくにはまずリスク因子を知り正しく治療もしくは対応していく必要があります。
心筋梗塞へと進行を早めていく原因にはまず食事があり塩分・脂肪分・糖分などの過剰の摂取や栄養バランスの偏りがあります。
それに加え運動不足も原因になるので心筋梗塞を予防する方法としては生活習慣の見直し、改善に心がけ健康的な生活を送ることにあります。
また糖尿病・高血圧・高脂血症の早期発見にも心がけ強い胸痛の際にはできるだけ早急に救急車を要請しましょう。
心筋梗塞の原因にはストレス因子も含まれており趣味やスポーツなどで出来るだけストレスを発散し穏やかに生活することをおすすめします。
喫煙をしている方はそれだけで心筋梗塞を引き起こしやすくなりますので禁煙をオススメします。また体の負担を軽減するために肥満にも気をつけましょう。
心筋梗塞を発症する人は車や電車を利用している方が多いようです。心筋梗塞を起こさないためにももちろん健康の維持のためにも適度な運動を心がけできるだけ歩くようにしましょう。
心筋梗塞では特に糖尿病や動脈硬化、高血圧に気をつける必要がありたくさんのリスク要因が合併されて起こるため、糖尿病や動脈硬化は心筋梗塞にもっともなりやすいといえるでしょう。
心筋梗塞を防ぐためには食事も重要視すべき項目で糖尿病・動脈硬化を進行させないためにもバランスの考えた食事を摂取し有酸素運動などの適度な運動を継続して行い心筋梗塞を発症しないように気をつけて生活しましょう。

このブログ記事について

このページは、genが2009年5月26日 17:44に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「心筋梗塞とタバコとお酒の関係」です。

次のブログ記事は「心筋梗塞におけるリハビリテーション1」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.11