スポンサードリンク

心筋梗塞を予防するための運動

心筋梗塞にならないためにも適度に運動をすることはとても大切になってきます。ウォーキングや早歩き、サイクリングなど軽い有酸素運動が効果的といわれています。
ただしすでに心筋梗塞や狭心症を発症していたり既往があり胸痛発作が頻繁に起こっていたり発作直後の場合は心臓を休めるためにも運動は中止してください。心筋梗塞を予防するためには有酸素運動が効果的といわれています。
有酸素運動とは体脂肪を落としてくれる呼吸をしながらゆっくり行う運動のことでジョギングやウォーキングなどがそれにあたります。
エネルギー源を体内の死亡やブドウ糖にしている有酸素運動はダイエットにも最適ですし健康のためにももちろん心筋梗塞のためにもぜひ行ってください。
また逆に無酸素運動というものもありこれは呼吸をしないで短い時間に激しく行う運動のことをいいます。この場合脂肪は全く燃焼しないのでダイエットにももちろん心筋梗塞予防にも適しません。
心筋梗塞を起こさないために適している有酸素運動としてジョギング、ウォーキング、水泳、サイクリング、ダンス、エアロビクスなどがあります。
有酸素運動は脂肪が燃焼するまでに約20分の時間を要するといわれています。ですから運動をする時間は1日に30分~40分くらいが良いとされており
もちろん1日だけではなく毎日継続して行うことも大切になってきます。有酸素運動を行うことで血中コレステロールや中性脂肪が正常値になり糖尿病や肥満、高血圧も予防することが可能です。
適度に運動を行うことでメンタル的な面でも安定を保ちストレスも解消できるでしょう。メンタル的な緊張やストレスも心筋梗塞を起こす要因になりかねないので
ぜひ運動を継続し心筋梗塞や高血圧症の予防に努めてください。

このブログ記事について

このページは、genが2009年5月24日 11:22に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「心筋梗塞によい食生活とは」です。

次のブログ記事は「心筋梗塞とタバコとお酒の関係」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.11