スポンサードリンク

心筋梗塞によい食生活とは

心筋梗塞や動脈硬化は食事によって予防していくことが可能です。心筋梗塞予防によい食生活とはどんなものがあるでしょうか?
基本的に日本でよく食べられているごはん、魚、野菜、大豆製品、海藻などの「和食」といわれているものが良いとされています。ただ心筋梗塞を防止するためには「塩分」も注意して摂っていく必要があります。
また食物繊維も十分に摂取していくことが好ましく、多く含まれている根野菜やきのこなどコレステロールを吸い取って
体外に排出してくれる不溶性食物繊維も摂取して欲しい栄養といえます。
これらは心筋梗塞だけではなく動脈硬化の予防にも効果的であるといわれ水溶性食物繊維は、こんにゃく、海藻や、果物などに多量に含まれ、コレステロールや中性脂肪の合成を防止したり、腸管内での糖質の吸収を抑制する働きを持つ今人気の食材でもあります。
ベータカロチン、ビタミンCやE、ポリフェノールなどはコレステロールの悪玉菌を抑制する効果を持ち、抗酸化物質と呼ばれこれらも心筋梗塞等虚血性心疾患を予防するのに有効的です。
心筋梗塞などの虚血性心疾患のリスクが低くなるといわれている栄養素に葉酸、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB12などがありこれらは活性酸素の運動を活発にする働きをもち、動脈硬化を発病させる血中ホモステインを作ることを抑制してくれます。
ミネラルも体内のバランスを平均的に保つ働きをし高血圧を防ぐばかりではなく平滑筋や心筋の収縮や刺激伝導系の調節してくれるのに役立ちます。
心筋梗塞を予防していくためには食生活を見直すことが必要となっており再発を防止するためにも大切になってきます。

このブログ記事について

このページは、genが2009年5月23日 16:24に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「心筋梗塞とストレスの関係」です。

次のブログ記事は「心筋梗塞を予防するための運動」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.11