スポンサードリンク

心筋梗塞とストレスの関係

心筋梗塞が増加する原因の一つとして日本人の生活の欧米化が進んでいることが実際に問題として起こってきています。
心筋梗塞等の虚血性心疾患は高血圧症、糖尿病、肥満、高尿酸血症、高脂血症、喫煙、など様々な原因で起こるということはもうご存知の通りです。心筋梗塞等の虚血性心疾患のリスク因子に、「A行動パターン」という概念が発見され、注意を引いてきているようです。
心筋梗塞等虚血性心疾患と行動の種類や性格の関係を「A型」と「B型」という形にわけ、米国で調査が行われています。
その調査によると心筋梗塞など虚血性心疾患を起こす確率は「A型」は「B型」と比較しても2倍の差がみられるとされています。
A型に分類される方は普段から責任感や向上心が強い上に自分にも厳しいため精神的に苦痛を感じやすく、ストレスを感じることが多いようです。
A型人間の性格は、「怒り」が反映されて心筋梗塞を発病するといわれています。そんなA型人間の方でも心筋梗塞等の虚血性心疾患はもちろん予防することは出来ます。
A型人間の行動は、攻撃的、競争的、野心的と言われておりそれを出来るだけ抑制することが可能であれば、心筋梗塞等虚血性心疾患を防ぐことが出来るでしょう。
ストレスをできるだけ感じないことが心筋梗塞を防ぐ方法と言われており、アメリカではストレスのない穏やかな生活をするよう国を挙げて取組んでいます。
心筋梗塞を発病しやすいA型人間の患者にはゆったりとストレスを感じないよう過ごすよう指導し治療を行っています。
この方法を行うことで再発を予防する効果がみられたという結果もいくつかあるため今後も幅広く取り入れていくことが必要な方法となっているようです

このブログ記事について

このページは、genが2009年5月22日 22:34に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「心筋梗塞のための治療2」です。

次のブログ記事は「心筋梗塞によい食生活とは」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.11