スポンサードリンク

心筋梗塞のための治療2

心筋梗塞の治療には主に2つありカテーテルによる治療と血栓を溶解していく治療法がありますが両者とも動脈を通じて行う必要があるため合併症を併発する恐れの高い治療となります。
心筋梗塞では心電図検査行い緊急性の高い異常波が発見された場合には直ちに心臓カテーテル処置を行うべきとされていますが循環器治療にて常に
トップのアメリカでもすぐに処置の必要な救急車で搬送された患者でも絶対に心臓カテーテルを入れるわけではなくむしろ心臓カテーテルを行う場合は極少量のケースだといわれています。
というのも心臓外科の技術が発達し心筋梗塞で3箇所以上の狭窄があった場合には病院の設備や医師にもよりますが緊急で冠動脈大動脈のバイパス移植術が選択することが可能になりました。
心筋梗塞の治療で狭窄や塞栓の再発率を考えるとカテーテル治療は緊急冠動脈大動脈バイパス移植術と比べると再発率27パーセント前後と低めであり
一箇所の閉塞でも再発防止のため緊急冠動脈大動脈バイパス移植術を選択する医師が増えてきました。
しかし現代では心臓カテーテル術も見直されてきており心筋梗塞の治療法としてカテーテル治療は大変期待が深まっているようです。
心筋梗塞では急性期で治療効果があり病態が安定すれば予後も安定するとされており安静療法を行い投薬を継続して施行していくことでよい結果が生まれていきます。
心筋梗塞の急性期を脱したら今度は患者への生活指導を行う必要があり糖尿病、高脂血症、高血圧など生活習慣病を改善できるように日常生活への指導を行っていきます。

このブログ記事について

このページは、genが2009年5月21日 03:56に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「心筋梗塞のための治療1」です。

次のブログ記事は「心筋梗塞とストレスの関係」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.11