スポンサードリンク

心筋梗塞のための治療1

心筋梗塞を発症すると心筋の内側は活動が低下し心臓内の血液が固まりやすくなり内壁になどに付着し血栓症などを引き起こすなど危険が生じます。
血液が凝固したものは血栓として血管を閉塞させてしまいますのでそうならないためにも早期の治療が大切になります。
心筋梗塞の急性期の治療で最も効果的なのは安静になります。心筋梗塞は心筋に対する酸素供給が不足することが原因になることからも酸素吸入を行い安静を保つことで改善につながっていきます。
また心筋梗塞による疼痛を感じることで体内の酸素消費量が増すのを防ぐために心筋梗塞の疼痛緩和が必要となるので早期からモルヒネでを使用していきます。
急性期は心筋梗塞の症状が他に広がりが合併症を起こさないことも重要になってきます。主な治療法としてアスピリンの内服、酸素療法、硝酸薬の投与などで病態が悪化していくのを予防します。
心筋梗塞を発症して6時間後以内には塞栓部分を減らす目的で心筋の壊死の範囲を狭める治療法再灌流療法を冠動脈に施行します。
心筋梗塞発症後24時間以内でも再灌流療法は有効で回復効果をもたらします。
心筋梗塞の治療法は実に様々で個人差があります。治療法に関してはインフォームドコンセントを行い個人の希望や医師の判断、加入する保険でも左右されるようですが
現在日本では心臓カテーテル治療を導入して行う施設が多く心筋梗塞の緊急時には心臓カテーテルで処置を行うことが多いようです。
心臓カテーテル治療と血栓溶解の2つが心筋梗塞の治療に最も多く使われいるようです。また再発防止の面も含めて心筋梗塞と深いつながりのある病気や高血圧なども既往も含めて治療方針が決定されていきます。

このブログ記事について

このページは、genが2009年5月20日 23:54に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「心筋梗塞の症状」です。

次のブログ記事は「心筋梗塞のための治療2」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.11