スポンサードリンク

心筋梗塞の症状の最近のブログ記事

心筋梗塞の初期症状はどのような感じでおこるのでしょうか。主な自覚症状として最も多いのが胸が締め付けられるような感じまたは胸が焼け付くように感じる人もいるようです。また首が回らないほどのひどい肩こりも心筋梗塞の初期症状として多いようです。
心筋梗塞を体感した方に聞くと鼻がつまる感じがした、げっぷが出た、背中のこりなどもあげられておりちょっとした日常的な症状でも頻回に起こるようであれば心筋梗塞を疑う必要があります。
心筋梗塞の発作は狭心症時の胸痛よりも激しいと言われており30分以上と長時間にわたり発作が起こることが多いようです。
心臓の辺りに激しい痛みを感じたり、灼熱感を胸に強く感じたり、押しつぶされそうな圧迫感を自覚症状として感じたのならばそれは心筋梗塞の発作と見て間違いないでしょう。
また発作の感じ方のも個人差があり引き裂かれるような痛みを感じる人もいれば窒息するように感じる人もいます。発汗や発熱等他者からもわかる症状があることもあります。
これらの自覚症状や胸痛が30分以上と長時間つづき冷発汗、胸部に強い圧迫感が見られた場合心筋梗塞の診断が下る可能性は高いでしょう。
しかし心筋梗塞を発症してもほとんど自覚症状が現れない方も中にはいます。胃に不快感を感じたり、しゃっくりが続くなども心筋梗塞の症状に当てはまりますのでもしやと感じたら早めに受診することをおすすめします。
普段から自分の健康に気をつけ心筋梗塞を疑う症状が出現していないか注意していくことが重要になります。

心筋梗塞の診断を下す判断は問診での胸痛といきさつや自覚症状、高血圧の既往症の有無を聞くことが大切です。
心筋梗塞であった場合にはいち早く適した処置が必要となってきます。
心筋梗塞の診断にあたっては特有の症状があるので判断しやすいともいえますが中には一般的な症状とは当てはまらない方もいて厳重な検査や適切な診断が必要とされます。
心筋梗塞が発病すると胸痛や息切れ、常に疲労感を感じる等の症状が出現し心筋梗塞患者の多くがこれらの症状を経験しているようです。
心筋梗塞の胸痛発作は特徴的な症状があり胸の中央から背部、顎、左上肢にかけて疼痛があり人によっては胸痛の自覚症状がない方もいるようです。
心筋梗塞と狭心症の症状は類似点もありますが心筋梗塞のほうが疼痛が激しく安静やニトログリセリンは効かず疼痛が長引くこともあります。
心筋梗塞では他のも症状が現れることがあり嘔気、息切れ、気が遠くなる、激しい発汗などが見られ心拍音が大きく感じられることもあるようです。
心筋梗塞の発作時には発汗が著明になり不安感がつよく落着かなくなります。またわずかですが口唇、手足にチアノーゼがおこることもあります。
一番多く起こるのが息切れで他の疾病でも同じ症状を呈する場合があります。このような症状は無症候性心臓発作とよばれ心電図を定期的に行うことで発見されます。

心筋梗塞における合併症は狭窄の部位や冠動脈の位置または心筋梗塞経過時間で分類しています。心筋梗塞急性期の死亡例で一番多いのが発症後の不整脈によるものです。心筋梗塞を発症し24時間以内に不整脈は起こり心筋梗塞での死亡原因第1位ともいえる疾患です。
特に多いのが不整脈の中でも普段より心臓に早く電器が通じ不規則に心臓を動かしてしまう期外収縮になります。
心室細動は左冠動脈梗塞で特に前壁梗塞に起こりやすく発症後数時間以内におきてしまい心筋梗塞の合併症のなかでも重篤な合併症の一つです。
房室ブロックは右冠動脈梗塞の結果伝導経路の異常で起こり乳頭筋断裂は心筋梗塞の発病後数日に起き、右冠動脈梗塞の下壁梗塞でおこります。これは心不全を合併する可能性がとても高いとされます。
心破裂は即死いつながることでも知られており心筋に壊死が起き心臓の血圧で外壁が破裂してしまう症状で生死を分ける非常に重篤な疾病といえるでしょう。
心室瘤は左冠動脈前下降枝梗塞によって起こり主に心尖部でみられます。
心筋梗塞後症候群は自己免疫性心外膜炎のことをいい心筋梗塞発症後数週間後に現れる合併症となります。
心筋梗塞においては高血圧が様々な合併症を引き起こすといいほど大切になってきます。血圧を正常値に戻すことが最優先とされるでしょう。

心筋梗塞は虚血性心疾患の部類に入り虚血性心疾患とは心臓になんらかの障害が起きる疾病の呼び名になります。
心筋梗塞などの虚血性心疾患の原因は冠動脈に閉塞ないし狭窄が起こることで心筋に流れる血液を止めてしまうまたは流れにくくしてしまうことにあります。
動脈硬化や血栓などによって心臓の血管が細くなり血流を悪化させ酸素や栄養など心臓が必要とするものがスムーズに運搬されない状態が起こってしまいます。
心筋が急な運動や激しいストレスにより少しの間血液や酸素など執拗な物質がなくなってしまい虚血性心疾患におこる胸背部痛や圧迫を自覚します。
心筋梗塞と狭心症が虚血性心疾患の主な疾患で両者とも高血圧が起因してハイリスクとなり体に大きな負荷をかけていきます。
心筋梗塞と狭心症の違いはいくつかありまず胸痛が違います。
狭心症の胸痛発作は締め付けられるような急激な重苦しい感じと圧迫されるような痛みが伴います。心筋梗塞の場合は重症感や不安感を伴った締め付ける感じの激しい痛みが現れます。
発作の長さは狭心症じゃ1分~5分の間でどんなに長引いても15分以内です。心筋梗塞の場合は15分以上胸痛が続くこともあり長時間長引く事例もあります。
よく聞く薬のニトログリセリンは狭心症薬ですので心筋梗塞には効きません。狭心症と心筋梗塞の違いを知識として覚えておけばいざというとき役立つでしょう。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち心筋梗塞の症状カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは心筋梗塞の予防・治療です。

次のカテゴリは心筋梗塞の原因です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.11