スポンサードリンク

心筋梗塞の原因の最近のブログ記事

心筋梗塞の発症する原因では肥満にも注目されています。体脂肪を体内に貯めてしまうことにより健康被害が起こり心筋梗塞へとつながっていきます。
肥満にも皮下脂肪型肥満と内臓脂肪型肥満と2つ種類があり企業で検診が義務付けられたメタボリック・シンドロームの指摘を受けた方は健康な方の3倍以上の発症率で心筋梗塞へと移行します。
肥満には様々な合併症を起こす恐れがあり貧血や睡眠時無呼吸症候群、高血圧、不整脈、高脂血症、多血症、虚血性心疾患、糖尿病、脳血血管障害などがありそれも心筋梗塞へとつながっています。
たかが肥満と何もせずに放置しておけばそのぶん心筋梗塞発症率があがっていきます。そのことからもさまざまな合併症が重なることにより心筋梗塞は発症すると言えるでしょう。また心筋梗塞の調査によると女性よりも男性の方が発症率は高く男性は心筋梗塞になりやすいといえるでしょう。
思い当たる方は少しの変化にも敏感にすぐに対処できるようにしておきましょう。
さらに心筋梗塞を発症する原因はまだまだあり痛風もそのひとつです。痛風は尿酸が高くなって発症して主に足の親指の関節等に疼痛が起きます。
痛風や尿酸の上昇を放置することによっても高血圧、高脂血症、腎臓病などの合併症を併発し結果心筋梗塞へと移行します。心筋梗塞を含む心血管障害が死因となることも多いので人工透析を受けている方も注意が必要です。
心筋梗塞にならないためにも人工透析を受けている方は特に心血管合併症の知識を身につけておくことがいいでしょう。

心筋梗塞がおこる原因としては1つだけではなく複数様々ある原因が重なり合って発症すると言われています。心筋梗塞を発症する原因のまず1つはタバコになります。
百害あって一利なしともいわれているタバコは煙の中に活性酸素が含まれており血管内皮細胞を刺激して様々な症状を引き起こします。喫煙がいいことではないことは喫煙者もまた非喫煙者でも知っていることではないでしょうか。
喫煙をすることで心筋梗塞の発症率はとても高く動脈硬化が進み心筋梗塞だけではなく狭心症、脳塞栓、動脈瘤、脳塞栓等循環器疾患になりやすいと報告されています。
また心筋梗塞を発症する原因のひとつに高LDLコレステロール血症があります。これは唯一心血管疾患に悪い影響を与えるものであり最近ではコレステロールの検査値は特に注目されています。
大血管合併症を起こすことで心筋梗塞、狭心症等虚血性心疾患、閉塞性動脈硬化、脳梗塞の原因になりうるものに糖尿病もありその中で最も多いとされているのがやはり心筋梗塞になります。
高血圧も心筋梗塞の危険率を上げる疾患のひとつです。日常的に高血が高い方は心筋梗塞、狭心症を注意する必要があるでしょう。
ストレスも心筋梗塞には避けなければいけません。仕事や日常生活でのストレスは血圧や心拍数などの循環器、呼吸数や気管支拡張などの呼吸器系にも影響を与え血糖値やホルモンなど内分泌系にも作用することが知られています。

心筋梗塞の種類としては発症して3日以内のものを急性心筋梗塞、30日以内のものは亜急性心筋梗塞、30日を経過したものは陳旧性心筋梗塞と3つに分けて分類されます。
心筋梗塞の起こる原因としてはいくつかあり動脈の内側が少しずつ膨張していき隆起したものを作り、時間がたつとともにその隆起物が肥大化し血液循環を悪くさせるものが多いようです。
隆起物が突然破裂すると血管内で出血したものが固まり(これを血栓と言いいます)動脈の内側を塞いでしまい(これを塞栓といいます)心筋梗塞を発症し死亡につながってしまうこともあります。
また細い動脈内で血栓を起こし血流を妨げ臓器に必要な栄養や酸素がいかなくなることでも心筋梗塞は起こります。なお心臓で梗塞を起こす場合を心筋梗塞といい、脳で梗塞が起きてしまう場合は脳梗塞と呼ばれています。
心疾患では血流が完全に止まっていない場合は狭心症と呼ばれ心筋梗塞とは違ってきます。心筋梗塞と狭心症両者をまとめて虚血性心疾患と呼ぶこともあります。
心臓は脳同様体内で最も酸素を必要とする臓器で冠状動脈に動脈硬化を起こすことにより狭窄ないし閉塞が起こり狭心症や心筋梗塞など重症化しやすい疾病を引き起こします。
心筋梗塞は高血圧の合併症で発症してしまうこともあるので、血圧が高めのかたは日々の計測が必要となります。

心筋梗塞は動脈硬化が原因でおこる病気でもありますが動脈硬化とはどんな病気なのでしょうか。動脈硬化とは動脈が肥大して厚くなり硬くなる症状のことをいいます。
冠動脈は心筋に酸素と栄養を運搬する血管でこの冠動脈内側が動脈硬化を起こし狭窄すると血流が悪くなり心筋に酸欠状態をもたらします。もっと症状が進行していくと血管内に閉塞がおき血流を止めてしまい心筋の組織が壊死に陥ってしまいます。このことで激しい胸痛が起こり心筋梗塞へとつながっていきます。
心筋梗塞の多くは血管の内壁にコレステロールが溜まってしまい冠動脈に動脈硬化が起きて発症します。
冠動脈に起きる動脈硬化は高脂血症、高血圧、糖尿病などの既往や運動不足、喫煙、A型人間性格や遺伝、加齢に伴う危険因子が様々に作用し
ながら少しずつ進行して発病していくもので急性疾患ではありません。
冠動脈の動脈硬化が悪化すると激しい運動や気温差の激しい所、ストレスなどで気持ちが昂ぶったときなど心臓に大きな負荷をかけてしまいそれが引き金となり心筋梗塞の発作を起こしてしまいます。
動脈硬化にはいくつか種類があり一般的には動脈硬化=アテローム硬化を意味します。
糖尿病や、高脂血症、高血圧そして喫煙などのハイリスク因子はアテローム動脈硬化症の発病を促し心筋梗塞や脳梗塞へと移行しやすいと
いうことが判明されおりどれだけハイリスク因子を取り除くことができるかが重要になってきます。

心筋梗塞を起こす恐れのある高血圧も現代の日本では様々な治療法が発達し脳出血を起こす方は減ってきているのが現状です。
逆に現代で増加傾向にあるのは心筋梗塞のような心疾患になります。心筋梗塞や狭心症などの虚血性心疾患を起こしてしまう要因は実にたくさんあり
高血圧を筆頭に喫煙、糖尿病、高脂血症、肥満などどれも動脈硬化を引き起こしその後心筋梗塞などに移行する可能性は高くなるものばかりです。
血圧が上昇することによって心臓には多大な負荷がかかってダメージを与えます。心臓がダメージを受けることによってポンプ作用で血液を送り出す仕事をしている左室の筋肉壁が肥大しそれを左室肥大と呼んでいます。
また動脈硬化を引き起こす可能性が最も高い高血圧は栄養を心臓の筋肉に運搬している冠動脈で動脈硬化が起こることにより血管内側が狭窄していきます。
心臓が肥大して血管が狭窄してしまうことで血液供給は減少しどんどん症状が悪化していくことが問題とされています。
その結果心筋梗塞や狭心症などの虚血性心疾患を起こしやすい環境が整えられ心臓へどんどん負荷をかけ急速に悪化していきます。さらに心肥大で負荷をかけ続けることによって心筋は疲れ果ててしまい心不全に移行してしまうこともあります。
高血圧を発症した方の場合健康な人と比較しても約3倍も心筋梗塞、狭心症等虚血性心疾患における危険性が高まるとアメリカの研究でわかっています。
心筋梗塞を起こさないためにも、日常的に自分の血圧を把握し、高血圧の診断を受けた場合は治療をしていく必要があります。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち心筋梗塞の原因カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは心筋梗塞の症状です。

次のカテゴリは心筋梗塞の基礎です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.11