スポンサードリンク

心筋梗塞は発症時の対策で大きく生と死をわけることもある緊急性の高い病気です。突然胸痛を訴えだしたら我慢せずまず救急車を呼んでください。
心筋梗塞を発症して1時間以内に死亡している方が半数以上という統計からも心筋梗塞ではより早期の治療が必要であるといえるでしょう。
全国平均で救急車を呼んで到着する時間はだいたい5,6分になります。
人間の脳が生きていられるのは酸素供給が停止してから3,4分と言われておりそれ以上の時間を要する場合は身体になんらかのダメージを受ける可能性は非常に高くなります。
そのことからも心筋梗塞を発症してから病院に到着するまでの対応がとても大切で対応次第で運命が分かれてしまうこともあるでしょう。
心筋梗塞などで呼吸停止に陥っている場合には数分後に心肺も停止しますので心肺蘇生を行ってください。心肺が蘇生する可能性は段階が早ければ早いほど高くなります。
心筋梗塞で心停止状態に陥ってしまった場合心肺停止から1分以内に蘇生術を行うことで蘇生率は97パーセントになります。
また5分経過してしまえば一気に25パーセントまで下がってしまうので時間との勝負になるでしょう。
心筋梗塞を発症してもし心停止が起きてしまったら救急車がくるまでのあいだにぜひ蘇生術を行ってください。蘇生術を行うことによって生存率はうんと上がります。
高血圧や心疾患をもつ方が身近にいらっしゃる方は心肺蘇生法を習得しておけばいざというときに役立つことでしょう。

心筋梗塞などの重症度の高い心疾患を発症した後に健康を回復するために行うのがリハビリテーションです。
リハビリは心筋梗塞などの疾病で低下した身体機能を元の状態に近づくようにあせらず長いスパンで行うようにしていきましょう。
とくに高血圧の既往があるかたは心筋梗塞を再発しやすい環境にあるため血圧をコントロールしていくことが大切です。また適度な運動は健康を維持するためにも役立っていくでしょう。
糖尿病患者にもリハビリは効果的であるといわれ運動を行うことで血糖値を低下させインスリンや血糖を下げる内服薬を減量することに成功した方も多くいます。
糖尿病自体はリハビリテーションだけでは完治するものではありませんが症状を改善にリハビリテーションは強い味方になってくれます。
運動療法だけではなく食事療法と併用して行うことでダイエット効果もありウォーキングや軽度のジョギング、エアロビクス等の有酸素運動は脂肪を燃焼させるためにも行ってください。
体内に酸素を取り込まない運動の無酸素運動(短距離走など)よりも有酸素運動の方が体内へ酸素を取り入れることから心臓への負荷が少なく心筋梗塞を既往に持つ人には適しているといわれています。
また運動する時間については朝は心筋梗塞による発作が起こりやすいので避けまた起きてから1時間は運動は行わない方が無難です。
回数は1週間で3回~5回程行い1回の運動につき30分~1時間がよいとされています。もちろん本人の体調とも相談して行い決して無理はしないようにしましょう。準備運動もしっかり行いマイペースでゆっくり行っていきましょう。

運動療法を行うリハビリテーションでは運動能力を高め入院して長期臥床していることにより低下した筋力や体力を回復させ退院後も問題なく日常生活を送ることができるように近づけてくれます。
正しいリハビリは総コレステロールの値を減少させ善玉コレステロール値をあげてくれ、心筋梗塞や狭心症の発作も少なく、再発防止につながるとされています。
心筋梗塞や狭心症は冠動脈における動脈硬化によっておこり適切な運動療法と食事療法を併用して行うことで動脈硬化の進行を停止させ再発を防止することが大事になってきており運動不足のひとは心筋梗塞を発症しやすいので適度な運動を積極的に行うように心がけましょう。
急に激しい運動を始めたり仕事を開始するのは心疾患を患っている人にとっては危険ですが逆に安静にしすぎるのも健康を維持するのには良くないとされています。
医師や看護師の監視下の下で心電図、血圧測定を行いながら運動療法を行うことが急激な胸痛発作を予防し事故や心筋梗塞の大きな影響を引き起こす高血圧も予防できるでしょう。
しかし心筋梗塞患者に激しい運動は禁忌になります。心筋梗塞の再発を避けるためにも運動強度は中くらいの強さでの運動がよいとされています。ただ心臓の働きが悪い場合や調子が悪いときなどは軽い運動でやめましょう。
高齢者の心筋梗塞患者はリハビリを継続して行わないと寝たきりの状態となってしまいます。大変ですが身体機能を保持していくためにもできるだけ行うようにしましょう。
リハビリを行うことで全身の機能を動かして健康的で楽しい暮らしを送れる努力をしていきましょう。

心筋梗塞は様々なリスク因子が重なり合うことで発症される疾病なので心筋梗塞を予防していくにはまずリスク因子を知り正しく治療もしくは対応していく必要があります。
心筋梗塞へと進行を早めていく原因にはまず食事があり塩分・脂肪分・糖分などの過剰の摂取や栄養バランスの偏りがあります。
それに加え運動不足も原因になるので心筋梗塞を予防する方法としては生活習慣の見直し、改善に心がけ健康的な生活を送ることにあります。
また糖尿病・高血圧・高脂血症の早期発見にも心がけ強い胸痛の際にはできるだけ早急に救急車を要請しましょう。
心筋梗塞の原因にはストレス因子も含まれており趣味やスポーツなどで出来るだけストレスを発散し穏やかに生活することをおすすめします。
喫煙をしている方はそれだけで心筋梗塞を引き起こしやすくなりますので禁煙をオススメします。また体の負担を軽減するために肥満にも気をつけましょう。
心筋梗塞を発症する人は車や電車を利用している方が多いようです。心筋梗塞を起こさないためにももちろん健康の維持のためにも適度な運動を心がけできるだけ歩くようにしましょう。
心筋梗塞では特に糖尿病や動脈硬化、高血圧に気をつける必要がありたくさんのリスク要因が合併されて起こるため、糖尿病や動脈硬化は心筋梗塞にもっともなりやすいといえるでしょう。
心筋梗塞を防ぐためには食事も重要視すべき項目で糖尿病・動脈硬化を進行させないためにもバランスの考えた食事を摂取し有酸素運動などの適度な運動を継続して行い心筋梗塞を発症しないように気をつけて生活しましょう。

心筋梗塞の予防には「適度な飲酒」が必要であるということが心筋梗塞が最も高い欧米で多く確認されていることをしっていましたか?
ご存知でないかたは驚いた方も多いのではないかと思いますが心筋梗塞を予防する物質がお酒には含まれているようで疫学の研究にて報告されているようです。
まず高酸化作用がある赤ワインにはポリフェノールが含まれていますし心筋梗塞を予防するのには「エタノール」が良いという報告もとても多く言われています。
アルコール自体のエタノールには善玉コレステロールを増加させる作用や、血液凝固防止作用などがあり研究の結果によればアメリカ人に限らずもちろん日本人でも
お酒を飲むことで急性心筋梗塞を予防することができるそうです。
ただしご存知のとおりアルコールにはリスクもあり急性アルコール中毒や肝臓へダメージを与えることも知り飲みすぎには注意が必要です。
逆に心筋梗塞を既往にもつ人は不規則な生活、食事を送っており睡眠時間も少なく運動もしていない喫煙率も非常に高く本数も多いそれでいてお酒も大量に飲むという
誰がみても体に悪い生活を送っていることが多いことも心筋梗塞を起こす原因として挙げられています。
喫煙は循環器疾患にかなりの悪影響を与えニコチンや一酸化炭素などの有害物質は血管収縮、血液凝固、動脈硬化を起こしてしまい喫煙をしていてもまったくよいことはありません。
たばこの害は血圧を上昇させ頻脈傾向にさせる等体に大きな負荷を与えます。心筋梗塞や高血圧症を防止するためにもぜひ禁煙を心がけましょう。

心筋梗塞にならないためにも適度に運動をすることはとても大切になってきます。ウォーキングや早歩き、サイクリングなど軽い有酸素運動が効果的といわれています。
ただしすでに心筋梗塞や狭心症を発症していたり既往があり胸痛発作が頻繁に起こっていたり発作直後の場合は心臓を休めるためにも運動は中止してください。心筋梗塞を予防するためには有酸素運動が効果的といわれています。
有酸素運動とは体脂肪を落としてくれる呼吸をしながらゆっくり行う運動のことでジョギングやウォーキングなどがそれにあたります。
エネルギー源を体内の死亡やブドウ糖にしている有酸素運動はダイエットにも最適ですし健康のためにももちろん心筋梗塞のためにもぜひ行ってください。
また逆に無酸素運動というものもありこれは呼吸をしないで短い時間に激しく行う運動のことをいいます。この場合脂肪は全く燃焼しないのでダイエットにももちろん心筋梗塞予防にも適しません。
心筋梗塞を起こさないために適している有酸素運動としてジョギング、ウォーキング、水泳、サイクリング、ダンス、エアロビクスなどがあります。
有酸素運動は脂肪が燃焼するまでに約20分の時間を要するといわれています。ですから運動をする時間は1日に30分~40分くらいが良いとされており
もちろん1日だけではなく毎日継続して行うことも大切になってきます。有酸素運動を行うことで血中コレステロールや中性脂肪が正常値になり糖尿病や肥満、高血圧も予防することが可能です。
適度に運動を行うことでメンタル的な面でも安定を保ちストレスも解消できるでしょう。メンタル的な緊張やストレスも心筋梗塞を起こす要因になりかねないので
ぜひ運動を継続し心筋梗塞や高血圧症の予防に努めてください。

心筋梗塞や動脈硬化は食事によって予防していくことが可能です。心筋梗塞予防によい食生活とはどんなものがあるでしょうか?
基本的に日本でよく食べられているごはん、魚、野菜、大豆製品、海藻などの「和食」といわれているものが良いとされています。ただ心筋梗塞を防止するためには「塩分」も注意して摂っていく必要があります。
また食物繊維も十分に摂取していくことが好ましく、多く含まれている根野菜やきのこなどコレステロールを吸い取って
体外に排出してくれる不溶性食物繊維も摂取して欲しい栄養といえます。
これらは心筋梗塞だけではなく動脈硬化の予防にも効果的であるといわれ水溶性食物繊維は、こんにゃく、海藻や、果物などに多量に含まれ、コレステロールや中性脂肪の合成を防止したり、腸管内での糖質の吸収を抑制する働きを持つ今人気の食材でもあります。
ベータカロチン、ビタミンCやE、ポリフェノールなどはコレステロールの悪玉菌を抑制する効果を持ち、抗酸化物質と呼ばれこれらも心筋梗塞等虚血性心疾患を予防するのに有効的です。
心筋梗塞などの虚血性心疾患のリスクが低くなるといわれている栄養素に葉酸、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB12などがありこれらは活性酸素の運動を活発にする働きをもち、動脈硬化を発病させる血中ホモステインを作ることを抑制してくれます。
ミネラルも体内のバランスを平均的に保つ働きをし高血圧を防ぐばかりではなく平滑筋や心筋の収縮や刺激伝導系の調節してくれるのに役立ちます。
心筋梗塞を予防していくためには食生活を見直すことが必要となっており再発を防止するためにも大切になってきます。

心筋梗塞が増加する原因の一つとして日本人の生活の欧米化が進んでいることが実際に問題として起こってきています。
心筋梗塞等の虚血性心疾患は高血圧症、糖尿病、肥満、高尿酸血症、高脂血症、喫煙、など様々な原因で起こるということはもうご存知の通りです。心筋梗塞等の虚血性心疾患のリスク因子に、「A行動パターン」という概念が発見され、注意を引いてきているようです。
心筋梗塞等虚血性心疾患と行動の種類や性格の関係を「A型」と「B型」という形にわけ、米国で調査が行われています。
その調査によると心筋梗塞など虚血性心疾患を起こす確率は「A型」は「B型」と比較しても2倍の差がみられるとされています。
A型に分類される方は普段から責任感や向上心が強い上に自分にも厳しいため精神的に苦痛を感じやすく、ストレスを感じることが多いようです。
A型人間の性格は、「怒り」が反映されて心筋梗塞を発病するといわれています。そんなA型人間の方でも心筋梗塞等の虚血性心疾患はもちろん予防することは出来ます。
A型人間の行動は、攻撃的、競争的、野心的と言われておりそれを出来るだけ抑制することが可能であれば、心筋梗塞等虚血性心疾患を防ぐことが出来るでしょう。
ストレスをできるだけ感じないことが心筋梗塞を防ぐ方法と言われており、アメリカではストレスのない穏やかな生活をするよう国を挙げて取組んでいます。
心筋梗塞を発病しやすいA型人間の患者にはゆったりとストレスを感じないよう過ごすよう指導し治療を行っています。
この方法を行うことで再発を予防する効果がみられたという結果もいくつかあるため今後も幅広く取り入れていくことが必要な方法となっているようです

心筋梗塞の治療には主に2つありカテーテルによる治療と血栓を溶解していく治療法がありますが両者とも動脈を通じて行う必要があるため合併症を併発する恐れの高い治療となります。
心筋梗塞では心電図検査行い緊急性の高い異常波が発見された場合には直ちに心臓カテーテル処置を行うべきとされていますが循環器治療にて常に
トップのアメリカでもすぐに処置の必要な救急車で搬送された患者でも絶対に心臓カテーテルを入れるわけではなくむしろ心臓カテーテルを行う場合は極少量のケースだといわれています。
というのも心臓外科の技術が発達し心筋梗塞で3箇所以上の狭窄があった場合には病院の設備や医師にもよりますが緊急で冠動脈大動脈のバイパス移植術が選択することが可能になりました。
心筋梗塞の治療で狭窄や塞栓の再発率を考えるとカテーテル治療は緊急冠動脈大動脈バイパス移植術と比べると再発率27パーセント前後と低めであり
一箇所の閉塞でも再発防止のため緊急冠動脈大動脈バイパス移植術を選択する医師が増えてきました。
しかし現代では心臓カテーテル術も見直されてきており心筋梗塞の治療法としてカテーテル治療は大変期待が深まっているようです。
心筋梗塞では急性期で治療効果があり病態が安定すれば予後も安定するとされており安静療法を行い投薬を継続して施行していくことでよい結果が生まれていきます。
心筋梗塞の急性期を脱したら今度は患者への生活指導を行う必要があり糖尿病、高脂血症、高血圧など生活習慣病を改善できるように日常生活への指導を行っていきます。

心筋梗塞を発症すると心筋の内側は活動が低下し心臓内の血液が固まりやすくなり内壁になどに付着し血栓症などを引き起こすなど危険が生じます。
血液が凝固したものは血栓として血管を閉塞させてしまいますのでそうならないためにも早期の治療が大切になります。
心筋梗塞の急性期の治療で最も効果的なのは安静になります。心筋梗塞は心筋に対する酸素供給が不足することが原因になることからも酸素吸入を行い安静を保つことで改善につながっていきます。
また心筋梗塞による疼痛を感じることで体内の酸素消費量が増すのを防ぐために心筋梗塞の疼痛緩和が必要となるので早期からモルヒネでを使用していきます。
急性期は心筋梗塞の症状が他に広がりが合併症を起こさないことも重要になってきます。主な治療法としてアスピリンの内服、酸素療法、硝酸薬の投与などで病態が悪化していくのを予防します。
心筋梗塞を発症して6時間後以内には塞栓部分を減らす目的で心筋の壊死の範囲を狭める治療法再灌流療法を冠動脈に施行します。
心筋梗塞発症後24時間以内でも再灌流療法は有効で回復効果をもたらします。
心筋梗塞の治療法は実に様々で個人差があります。治療法に関してはインフォームドコンセントを行い個人の希望や医師の判断、加入する保険でも左右されるようですが
現在日本では心臓カテーテル治療を導入して行う施設が多く心筋梗塞の緊急時には心臓カテーテルで処置を行うことが多いようです。
心臓カテーテル治療と血栓溶解の2つが心筋梗塞の治療に最も多く使われいるようです。また再発防止の面も含めて心筋梗塞と深いつながりのある病気や高血圧なども既往も含めて治療方針が決定されていきます。