スポンサードリンク

メタボと子供


子供にはコレステロールの心配なんて必要ない。その様に考えている親も多いのではないでしょうか。しかし肥満つまりメタボ(メタボリックシンドローム/メタボリック症候群/メタボリック)は、子供大人関係なく発症するものだという事を覚えておかなければなりません。子供だからメタボは心配ないと安心してはいられないのです。
肥満と高脂血症が重複すれば、メタボの発症を意味しますが、高脂血症は子供にも増えている症状なので注意しなければなりません。その証拠に、血清脂質値はアメリカよりも日本の子供の方が値が高いというデータもあるくらいです。つまり、メタボ予備軍の子供は想像以上に多いという事なのです。血清脂質値が上昇すると動脈硬化が進行して、脳梗塞や大動脈瘤、心筋梗塞、狭心症、腎臓障害などといった重大な病気の引き金にもなる事があります。
子供の場合のメタボ発症原因は、主に食事によるもので、肉などの多量摂取による動物性脂肪の過剰摂取や、アイスクリームやチョコレート等に含まれる飽和脂肪酸の過剰摂取、清涼飲料水などからの糖分の過剰摂取など、子供の小さな身体に見合わない量の栄養を摂取することが一番のメタボ発症要因となっています。
この様な際の子供のメタボ解消は、親が子供の食事管理に気をつける事により、ほとんどの場合予防する事が可能です。子供の為に、時には心を鬼にして子供の自己管理に取り組む事も、時には必要になるでしょう。

このブログ記事について

このページは、genが2009年4月19日 08:33に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「女性のメタボ解消法」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.11