スポンサードリンク

メタボと女性


メタボ(メタボリックシンドローム/メタボリック症候群/メタボリック)発症要因は男女で多少の違いがあります。メタボで合併症と診断される症状には高脂血症がありますが、その高脂血症の発症もそれぞれ原因が異なり、遺伝が原因のもの、肥満から発症するもの、暴飲暴食、運動の不足等の生活習慣病が由来になっているもの、また糖尿病のコントロールが上手にいかない場合など数多くの理由があります。
しかし女性の場合では、女性特有の更年期の症状が、メタボにも大きな影響を及ぼしている事が多々あります。その為、女性の場合は同じような食事習慣でも、更年期に入る前と入った時では、入った時の方がコレステロール値が上昇しやすいという特徴があります。メタボと診断される事が多いのも更年期に突入してからのケースの方が多い傾向があります。
また女性は40歳を境にしてコレステロールが急激に増える傾向がありますので、気がつくとメタボになっていたというケースもあります。
ですから、更年期に近い女性や、更年期に突入した女性は、特にメタボ解消に積極的になる必要があります。メタボ対策として効果的なものには、食べ過ぎ飲み過ぎを避け、油っこい料理は1日に2品まで、肉よりは魚を多く食べ、食物繊維を充分に取り、ビタミンやカロチノイドを積極的に摂取し、甘いジュースや飲酒を程ほどにして、日々の生活に無理をしない程度に運動を取り入れる等といった対策が必要です。

このブログ記事について

このページは、genが2009年4月17日 08:33に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「男性のメタボ解消法」です。

次のブログ記事は「女性のメタボ解消法」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.11