スポンサードリンク

メタボと日本人


メタボ(メタボリックシンドローム/メタボリック症候群/メタボリック)は世界共通の疾患で誰でも起りえるものですが、発症する原因にははそれぞれ違いがあります。特にメタボと深く関連するのは食生活と言われており、日本は戦後から50年という歳月が経過した現在では、食生活がすっかり変化してしまいました。戦前は日本特有の食材を使用した食事をが食べられていましたが、戦後以降の外国のカタカナ文化が食生活をも変化させ、パン・ピザ・スパゲッティなどの普及により、日本人の食事習慣を変化させた事が、現在多くのメタボ発症者を生み出す結果となっています。
日本人は、日本食という自分達に合った特有の食事があるにも関わらず、欧米食が一般的に普及した事がメタボの危険性を高める原因となっています。
同じ欧米食をそれぞれの人種が取り続けたとしても、欧米の人の場合は糖尿病や高血圧といった生活習慣病にはかからず、日本人がメタボになってしまうという背景には、日本人の身体が欧米食には向いていないという事を意味します。
日本人だけの話ではありませんが、本来の理想の食生活とは、自分達の国土の土地で育った食材を取り入れる事が、最も身体に適応している食事であると言えます。つまり、昔の日本食を現在に復活させれば、メタボ発症の危険性は大幅に減少される事になります。
日本の食文化のメリットは、メタボ解消で一番の重要点である、脂質の摂取量を減少させる事が出来る点です。特に、動物性脂肪の摂取量をを減少させ、野菜を積極的に取り入れるという日本食のスタイルはメタボ解消に大いに役立ちます。

このブログ記事について

このページは、genが2009年4月14日 08:33に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「メタボ解消「食べたらネット」を活用する」です。

次のブログ記事は「メタボと男性」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.11