スポンサードリンク

メタボの予防・対策の最近のブログ記事


子供にはコレステロールの心配なんて必要ない。その様に考えている親も多いのではないでしょうか。しかし肥満つまりメタボ(メタボリックシンドローム/メタボリック症候群/メタボリック)は、子供大人関係なく発症するものだという事を覚えておかなければなりません。子供だからメタボは心配ないと安心してはいられないのです。
肥満と高脂血症が重複すれば、メタボの発症を意味しますが、高脂血症は子供にも増えている症状なので注意しなければなりません。その証拠に、血清脂質値はアメリカよりも日本の子供の方が値が高いというデータもあるくらいです。つまり、メタボ予備軍の子供は想像以上に多いという事なのです。血清脂質値が上昇すると動脈硬化が進行して、脳梗塞や大動脈瘤、心筋梗塞、狭心症、腎臓障害などといった重大な病気の引き金にもなる事があります。
子供の場合のメタボ発症原因は、主に食事によるもので、肉などの多量摂取による動物性脂肪の過剰摂取や、アイスクリームやチョコレート等に含まれる飽和脂肪酸の過剰摂取、清涼飲料水などからの糖分の過剰摂取など、子供の小さな身体に見合わない量の栄養を摂取することが一番のメタボ発症要因となっています。
この様な際の子供のメタボ解消は、親が子供の食事管理に気をつける事により、ほとんどの場合予防する事が可能です。子供の為に、時には心を鬼にして子供の自己管理に取り組む事も、時には必要になるでしょう。


メタボ(メタボリックシンドローム/メタボリック症候群/メタボリック)は男性女性を問わず発症する症状です。メタボ解消の有効な手段は、まず内臓脂肪を減少させる事で、これについては男性と女性で異なった手段を用いた方が有効であると言われています。それは、男性と女性では、日々の日常生活のリズムが異なっており、メタボ解消に大切な食事環境を改善するタイミングに違いがある為です。
女性のメタボ発症者は、一日の必要エネルギーより過剰に食べる事が原因で肥満に陥っています。特に女性は、一回に食べる量が多いというよりは、おやつ等の間食が多い傾向がある為、子供の残した食事を食べてしまったり、夜遅くに帰宅した旦那に付き合って酒を飲んでしまう等の不規則な食事環境が、メタボ発生の危険性を高めています。
おやつ等の間食は、例え少しずつでもトータルすると沢山の量を食べている事が多いので、自分の一日の標準カロリー以上は食べない心がけを持ち、もったいないと思っても時には残す事もメタボ解消には大切な事です。このように、女性のメタボ解消の重要点は、間食の量を減らし、自分の標準カロリー以上は食事を取らない事です。その他、自分が食べたメニューやおやつ等を、冷蔵庫や目に付きやすい場所に貼っておくという方法もメタボ解消の為に役に立つでしょう。


メタボ(メタボリックシンドローム/メタボリック症候群/メタボリック)発症要因は男女で多少の違いがあります。メタボで合併症と診断される症状には高脂血症がありますが、その高脂血症の発症もそれぞれ原因が異なり、遺伝が原因のもの、肥満から発症するもの、暴飲暴食、運動の不足等の生活習慣病が由来になっているもの、また糖尿病のコントロールが上手にいかない場合など数多くの理由があります。
しかし女性の場合では、女性特有の更年期の症状が、メタボにも大きな影響を及ぼしている事が多々あります。その為、女性の場合は同じような食事習慣でも、更年期に入る前と入った時では、入った時の方がコレステロール値が上昇しやすいという特徴があります。メタボと診断される事が多いのも更年期に突入してからのケースの方が多い傾向があります。
また女性は40歳を境にしてコレステロールが急激に増える傾向がありますので、気がつくとメタボになっていたというケースもあります。
ですから、更年期に近い女性や、更年期に突入した女性は、特にメタボ解消に積極的になる必要があります。メタボ対策として効果的なものには、食べ過ぎ飲み過ぎを避け、油っこい料理は1日に2品まで、肉よりは魚を多く食べ、食物繊維を充分に取り、ビタミンやカロチノイドを積極的に摂取し、甘いジュースや飲酒を程ほどにして、日々の生活に無理をしない程度に運動を取り入れる等といった対策が必要です。


男女問わず中高年になると、誰もがメタボ(メタボリックシンドローム/メタボリック症候群/メタボリック)になる可能性があります。メタボ解消で大切なのは、栄養バランスの取れた食生活はもちろん、過食にも気をつけ、腹八文目で止めるなどの努力です。また、これらは男女で取り組み方法が違い、男性の場合は、弁当などを自分で作る人も少なく、日々の大部分の時間を会社で費やしている場合が多い為に、メタボ対策は自宅だけでなく外食を取る際にも注意する必要があります。
外食は、自分の好きなメニューを選べる利点と裏腹に、栄養バランスが崩れやすく、味の濃くカロリーの高いメニューが多いため、メタボの発症を促します。そして、特に男性は付き合いなどで食事の際に飲酒が加わりやすく、その点もメタボ悪化に大きな影響を及ぼしています。
人間のエネルギーというのは、脂肪と炭水化物が主で、この時に余ったカロリーは中性脂肪として体内に蓄えてしまい、これがメタボ発症の要因にもなり、さらに飲酒の際のアルコール分解時にも中性脂肪が製造されてしまいます。この為、男性でメタボを発症している人は、特に外食での食べ過ぎやアルコールの飲み過ぎにより、中性脂肪の大量製造を促し、生活習慣病のリスクを高めてしまいます。
男性がのメタボ解消で大切なのは、外食と、付き合いでの飲酒等に特に注意を払い、我慢する事も時には大切となります。


メタボ(メタボリックシンドローム/メタボリック症候群/メタボリック)は男女の性別により状況が少し変わってきて、男性の場合は50歳代から心臓疾患や脳疾患が増える傾向があります。その為、男性の場合は50歳前後からメタボ診断を実施して、未然にメタボを防ぐ事が大切になります。
中高年といった働き盛りに多い、食べ過ぎや飲み過ぎ、日常のストレス、運動不足などは内臓脂肪を増やし、中年太りと言われる状況をつくり、最終的にはメタボを発症させます。
男性の場合は、女性と比べてメタボを解消する事が困難であるとされています。これは男性の場合は職場環境を改善する事が難しいうえに、食生活の点でも管理が難しく偏った食事になりがちな為、その事がメタボ解消の効果を半減させてしまう事になります。
男性の方は、日々仕事が忙しくて大変な日常生活を送っているかも知れませんが、定年後の豊かな老後生活を送る為にも、もっとメタボ解消に積極的になる必要があります。メタボが世間に普及した現在、メニューの栄養表示を、様々な社員食堂やレストランなどのメニューに取り入れる事で、もっと自分の食事に対して自己管理を行なうようにという工夫も取り入れられています。企業の中には、社員食堂での食事メニューに小鉢を追加して、普段の食事に野菜などの健康的なメニューを追加する事で、メタボ解消に積極的になっている企業も存在しています。


メタボ(メタボリックシンドローム/メタボリック症候群/メタボリック)は世界共通の疾患で誰でも起りえるものですが、発症する原因にははそれぞれ違いがあります。特にメタボと深く関連するのは食生活と言われており、日本は戦後から50年という歳月が経過した現在では、食生活がすっかり変化してしまいました。戦前は日本特有の食材を使用した食事をが食べられていましたが、戦後以降の外国のカタカナ文化が食生活をも変化させ、パン・ピザ・スパゲッティなどの普及により、日本人の食事習慣を変化させた事が、現在多くのメタボ発症者を生み出す結果となっています。
日本人は、日本食という自分達に合った特有の食事があるにも関わらず、欧米食が一般的に普及した事がメタボの危険性を高める原因となっています。
同じ欧米食をそれぞれの人種が取り続けたとしても、欧米の人の場合は糖尿病や高血圧といった生活習慣病にはかからず、日本人がメタボになってしまうという背景には、日本人の身体が欧米食には向いていないという事を意味します。
日本人だけの話ではありませんが、本来の理想の食生活とは、自分達の国土の土地で育った食材を取り入れる事が、最も身体に適応している食事であると言えます。つまり、昔の日本食を現在に復活させれば、メタボ発症の危険性は大幅に減少される事になります。
日本の食文化のメリットは、メタボ解消で一番の重要点である、脂質の摂取量を減少させる事が出来る点です。特に、動物性脂肪の摂取量をを減少させ、野菜を積極的に取り入れるという日本食のスタイルはメタボ解消に大いに役立ちます。


メタボ(メタボリックシンドローム/メタボリック症候群/メタボリック)を解消させる為に、具体的にどうすれば良いのか分からない人も多い事でしょう。メタボ解消の為には、食事バランスの整った食生活や、適量の運動を取り入れたり、ストレスを蓄積させずに上手に発散させるといった手段があるのですが、とりわけ食事の管理に関しては自分ひとりで実行する事は難しいというのが現実です。
女性の場合は、自分で食事を作ったり、低カロリーの食材の情報にも詳しく、メタボを解消の為の食事バランス対策は取り組みやすいと言えるのですが、
逆に大変なのが男性です。特に男性は、どうしても仕事がら外食が多くなりがちで、メタボ解消の食事管理が容易ではないのです。メタボを解消させる為に、食事メニューはどうしたら良いのか、何が身体に良くて、悪いのかも把握できる人も少ないのが現状です。
そのような男性の為に、携帯電話に登録する事により活用できる、「食べたらネット」という食事メニューのカロリー計算や、栄養バランスについての説明が受けられるシステムもあります。「食べたらネット」は、1日3回の食事メニューを、携帯電話に入力する事により、管理栄養士からメールが送られ、栄養についての指導を受けられ、メタボ解消の手助けをしてくれると言う画期的なシステムです。


メタボ(メタボリックシンドローム/メタボリック症候群/メタボリック)予防には普段どのような事に注意して生活する必要があるのでしょうか。メタボとは、内臓脂肪型肥満の事を指しますが、これは日々の不規則な生活習慣が引き起こした症状なのです。
メタボを予防する為には、内臓脂肪型肥満を解消する事が非常に重要で、その為には、日々の不規則な生活習慣を改善しなければなりません。内臓脂肪は、減少させる事がそう難しくないという利点があるので、メタボ解消する為にもぜひ内臓脂肪を減らす事をおススメします。
メタボにかかっている多くの人は、自分では気付かない内に食べ過ぎてカロリー過多になったり、運動不足に陥ったり、内臓脂肪を蓄積するような生活を知らず知らずに送っていた事が原因である事が多いのです。メタボにかかっている人、もしくは予備軍の人は、現在の食事や運動などの生活習慣を改善しなければなりません。その中でも運動については、厚生労働省の「健康づくりのための運動指針2006」というプログラムがあり、その中で1週間のエクササイズの基準を設けているので活用すると良いでしょう。
その上、メタボに興味のある人は「内臓脂肪減少シート」を利用して、自分に合った内臓脂肪減少プログラムを作成する事が可能です。また、一刻も早くメタボを解消したいと考える人は「急いでがんばるコース」、あせらずにマイペースで内臓脂肪を減少させたい人には「確実にじっくりコース」というプログラムが用意されています。


メタボ(メタボリックシンドローム/メタボリック症候群/メタボリック)には幾つかの合併症がありますが、その一つに高血圧があります。高血圧とは、心臓というポンプから送られて来る血液が、強い力で血管壁を押す際に発生する力の事で、高血圧状態が長期間継続すると、本来の血管の弾力が弱くなり、血管壁が厚く硬くなります。そしてメタボが原因のコレステロールの悪影響が加担する事で、血管にさらにダメージを与えてしまいます。
特に高血圧の影響を受けやすいのは、大動脈や脳動脈で、これらの血管は非常に重要な役割を持つ血管の為、高血圧の人は、特にメタボには注意しなければなりません。高血圧による動脈硬化は、心疾患や脳血管疾患の要因にもなり、メタボがそれらの症状をさらに加速させる事になります。
メタボの検査は、40歳前後から気になり始めるのが通常ですが、動脈硬化の場合は、10代から少しずつ進行していると言います。特に若い世代からの暴飲暴食などにより、高脂血症になると、コレステロールが動脈にダメージを与え、メタボの発症が分かった時には、かなり血管がダメージを受けている場合が多々あります。メタボは、40歳を過ぎてからでなくても、若年時代からの生活習慣の影響が、後のメタボを引き起こす要因となる事を自覚して、正しい生活習慣を送る必要があります。


メタボ(メタボリックシンドローム/メタボリック症候群/メタボリック)発症者が注意するべき疾患に心臓疾患があります。心臓疾患とは、心疾患とも言い、三大生活習慣病の二番目に名前が挙がる疾患で、体内の血液が悪くなり、冠状動脈が閉鎖される事により発症する心臓病の事を言います。
心疾患はメタボとの関わりが非常に深く、有名な症状では、心筋梗塞や狭心症があり、心疾患は現在日本人の死亡率の第二位という非常に高い死亡率を誇っています。メタボを解消させる事は、それらの心疾患予防の為にも非常に役立つのです。
メタボとは、日本語に直すと代謝という意味がありますが、正確には代謝不全が原因で生じる内臓脂肪型肥満の事を言い、それが原因で発症する疾患の事を総じてメタボと呼ぶのです。特に、メタボ(内臓脂肪型肥満)の心疾患に対する悪影響は強く、心疾患の人の死亡率が非常に高いという理由からも、内臓脂肪を燃焼させる事が、心疾患のリスクを低減させる為にも、一番有効な方法であると言えます。
心疾患予防には、心臓の血液を改善するとともに、血管も健康で正常な状態に保つ事も重要で、それによりメタボの解消効果も得られるという2重効果があります。メタボ発生要因には、コレステロールも関係しています。コレステロールを血管壁に付着させないように普段の食生活にも注意し、血流をスムーズに保つ事が心疾患を予防する事にもなるのです。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちメタボの予防・対策カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはメタボの原因です。

次のカテゴリはメタボのもろもろです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.11