スポンサードリンク

メタボの基礎の最近のブログ記事


メタボ/メタボリックシンドローム/メタボリック症候群/メタボリック(内臓脂肪型肥満)が様々な合併症の原因となる事は良く知られおり、その合併症を防ぐ一番の対策がダイエットであるという事も知られています。メタボが原因となる様々な合併症は、一般的なものでは睡眠時無呼吸症候群から始まり、糖尿病や高血圧、心疾患、脳血管疾患、脂肪肝、痛風など、様々な種類の疾患が挙げられます。
このような合併症は、メタボ(内臓脂肪型肥満)を改善する事が一番の予防法となります。睡眠時無呼吸症候群が発症する要因は幾つかありますが、メタボが要因となるケースの場合では、肥満が原因で首周辺についた脂肪が、気道を遮断することにより睡眠時の呼吸に支障をきたし、日常の生活においても不都合な症状をきたす事があります。
メタボの可能性のある人で、自分では熟睡したつもりでも、前日の疲労が残っていたり、昼間に強い睡魔に襲われたりするといった事が頻繁にある場合は、睡眠時無呼吸症候群を疑ってみる必要があります。睡眠時無呼吸症候群は、メタボの発生要因となる生活習慣病とも深い関連があるとされ、高血圧、糖尿病、高脂血症の原因になったり、反対に高血圧、糖尿病、高脂血症の人は睡眠時無呼吸症候群にかかっている可能性が高いという事も判明しています。
メタボを改善させる事が睡眠時無呼吸症候群を防ぐ事にも繋がり、生活習慣病のリスクを低減させる事にも役立つのです。


メタボ(メタボリック)ドミノという言葉を聞いた事があるでしょうか。メタボ(メタボリック)ドミノとは、その名前からも連想出来る様に、ドミノが次から次へと倒れて行くさまを病気の発症に例えたもので、最終的には、ゴールに死が待っているという事を意味した非常に怖い言葉です。
メタボや生活習慣病の場合は、死という言葉をイメージ出来ないかも知れませんが、本来それらの症状も重複したり悪条件が重なると、死の危険性も充分に考えられる怖い症状であるという事を自覚する必要があります。
メタボ(メタボリック)ドミノという言葉は、脅しではなく現実にあり得る症状で、メタボや生活習慣病をバカにしていると、その延長線上には死の危険性が待っているという事を自覚するための、非常に重要で奥の深い言葉であると言えます。メタボ(メタボリック)ドミノの始まりは、生活習慣が不規則になる事から始まり、肥満や高血圧、高脂血症、高血糖という名のドミノを倒し、先に進むと糖尿病、心疾患、脳血管疾患、動脈硬化のドミノがあり、さらにドミノを倒していくと、下肢切断や失明といった重大な症状に遭遇し、最終的には、ドミノが死に向かって倒れ続けていくという非常に恐ろしいイメージを表した言葉です。
メタボ(メタボリック)ドミノを予防する為には、日々の生活習慣に注意し、バランスの良い食生活と無理をしない適度な運動、そして健康に良いストレス発散法を実践したうえで、自己管理もしっかり行う事が重要です。


メタボ(メタボリックシンドローム/メタボリック症候群/メタボリック)の延長線上にあるのは、「死の四重奏」という非常に怖い状況です。死の四重奏というのは、メタボにも含まれる肥満、糖尿病、高脂血症、高血圧の四つの重大疾患の事を言います。こらら「死の四重奏」と言われる病気は、一つの症状のみといった単体より、二つ三つと重複する場合が多く、重複した疾患が多いほどメタボの中でも、より危険な状態を生み出すことになってしまいます。
死の四重奏の中で、見た目で分かりやすい症状には、メタボ(内臓脂肪型肥満)があります、この場合は隠れ肥満でも無い限り判断は容易なのですが、それ以外の糖尿病や高脂血症、高血圧といった症状の場合は、自覚症状も少なく、自覚症状に気づく頃にはかなり進行してしまっているというケースが非常に多のです。この為、メタボの人は、それ以外の重複症状を避ける為に、糖尿病や高脂血症、高血圧の検査も併せて行なっておく事をおススメします。
メタボで一番の盲点は、これといった前触れが無いまま脳梗塞や心筋梗塞などを発症して死亡する危険があるという事です。メタボは、本人が分からないままに合併症が進行し、気がつく頃には、症状がいくつも重複して危険な状態になっていたというケースも多々ありますので、普段から血液検査や血圧のチェックを行なう癖をつけておくと良いでしょう。


メタボ(メタボリックシンドローム/メタボリック症候群/メタボリック)が原因の重大な疾患の一つには脳血管疾患があります。脳血管疾患と言うのは、脳の血管内の異常により発症する死亡確率が高いと言われている恐ろしい病気で、脳梗塞や脳出血の事を言います。脳血管疾患は、メタボとの関連も深い病気と言われています。
それでは、メタボが脳内の血管に及ぼす作用とは一体どの様なものなのでしょうか。脳梗塞は、脳内の血管が詰って血栓ができて、その血栓が血液を遮断する事により発症します。脳出血は、脳内の血管内壁が弱く脆くなり破れる事により、脳内に血液が流れ出してしまう症状です。どちらの症状も脳細胞を破壊する為に生死に関わる重大な病気で、それがメタボが原因で発症する事が多いのです。メタボの人の特徴は、内臓脂肪が人より多く、脂肪中のコレステロールが悪影響を及ぼしやすくなっています。メタボはコレステロールとも関連の深い症状ですが、コレステロールには善玉と悪玉という2種類の種類があり、動脈硬化を発症させるコレステロールは悪玉コレステロールと呼びます。
メタボの人の身体はコレステロールが通常より高い状態になっており、血管内の血液もドロドロと粘度が高い状態になっています。その為メタボの人は、特に血管壁にコレステロールが付着しやすく、コレステロールを除去しようと現れたマクロファージが留まることにより、血管を弱くボロボロにし、脳血管疾患のリスクを増大させてしまうのです。


メタボ(メタボリックシンドローム/メタボリック症候群/メタボリック)とは具体的に、代謝異常が原因の肥満と、高血圧、高血糖、高脂血症の症状の内の2つ以上が重複した状態を言います。これら基準は、国により差があるのが現状ですが、日本のメタボの基準は、肥満の場合、男性の場合が腹囲85cm以上、女性の場合が胸囲90cm以上、もしくはBMIが25以上であると定めています。高血糖の場合は、血糖値(空腹時)が110mg/dl以上であることが基準となります。また、高脂血症の場合は、中性脂肪値が150mg/dl以上もしくは、善玉コレステロール値が40mg/dl未満である事が基準、高血圧の場合は、上の血圧が130、下の血圧が85以上であることが基準となります。メタボは、肥満であるという事を最低条件にし、その他、高血圧、高血糖、高脂血症の内の症状のうち1つでも当てはまると確定されます。
肥満であることが最低条件であるメタボですが、肥満を認定する際に、腹囲のサイズだけで判断するのは、少しいい加減であるという意見も聞かれます。ですが、メタボの基準腹囲は、男性85㎝、女性90cmの場合において、身体に悪影響を及ぼす内臓脂肪面積100平方センチに匹敵すると判断される為、腹囲サイズのみでメタボの肥満を確定する事が可能なのです。


メタボ(メタボリックシンドローム/メタボリック症候群/メタボリック)とは、日本語に訳すと代謝症候群という意味です。これは、体内の代謝が上手く行かずに、様々な疾患に陥ってしまうという深刻な症状です。例えば肥満もメタボの症状の一つですが、肥満という意味と比べ、メタボの場合は、より広範囲に悪影響を及ぼすという意味になります。
メタボとは、病気の名称ではなく、内臓脂肪型肥満や高血圧、高血糖、高脂血症などが重複して発症する状態を言います。それらの要因はメタボ(代謝)の異常が原因であるという事から、症状を一つに集約して、メタボと呼んでいます。
メタボは、生活習慣病の引き金にもなります。最近は、様々なメディアで頻繁に取り上げられ、すっかり有名な言葉となったメタボですが、これ程注目される様になったのには理由があります。それは、元々は日本食の影響により肥満とは無縁の日本人でしたが、食の欧米化や現代のストレス社会、日常の運動不足が理由で、メタボや、その予備軍が年々増加してきたからです。
癌や心筋梗塞、狭心症、脳梗塞、脳出血などは日本で死亡確率の高い症状ですが、それらの原因が代謝異常から発症する内臓脂肪型肥満だと言われる様になってから、日本もメタボ解消の為に非常に積極的になりました。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちメタボの基礎カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはメタボのもろもろです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.11