スポンサードリンク

更年期障害で行う治療について

ホルモンのバランスが崩れることが原因で更年期障害がおこります。更年期障害の症状は体だけではなく、精神的な部分にも出ます。精神的なものは目に見えることではないので、周りの人には理解してもらいにくいです。理解されにくいことで余計につらくなってしまうようです。
一人で悩みを抱えず、更年期障害かもしれないと思う時は躊躇せず病院を受診して下さい。「ホルモン補充療法」が主に更年期障害に行われる治療になります。うつや不眠などの更年期障害での症状を軽くしてくれる治療です。症状を軽くしてくれるので体調も良くなるようです。
この治療によって若々しく肌をキープすることができるようにもなるのです。女性の平均寿命は80歳を超えています。閉経後の生活は30年はあります。元気でいるためにも、この薬は必要となります。癌の心配をホルモン剤にはあげる人がいます。
リスクの少ない薬の飲み方が子宮癌においては研究されています。治療の為に病院を受診して、ホルモン剤での治療を受けるのであれば、納得いくまで医師に説明を求めましょう。納得した上で治療を進めたほうが安心で着るでしょう。心因的な症状が自律神経の乱れにより起きた場合には、漢方薬での治療のほかに心療内科でのカウンセリングを受けることも可能です。
稀にですが症状がひどい場合には入院治療が必要となります。

このブログ記事について

このページは、genが2009年10月16日 16:29に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「更年期障害の時こそ基礎に力を入れる」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.11