スポンサードリンク

更年期障害の時こそ基礎に力を入れる

女性はいくつになっても、綺麗でいたいという気持ちを持っているものではないでしょうか。ホルモンのバランスが乱れるので、更年期になると乾燥しがちな肌質になります。潤いをキープすることが、更年期障害の症状が出てきたときには必要になります。潤いのある肌をキープするためにも化粧水、乳液を肌にたっぷり使いましょう。
紫外線は、乾燥した肌にはよくありません。肌の乾燥に良くないだけではなくシワやシミを作る原因に紫外線はなってしまいます。肌が乾燥しがちな更年期障害の女性は、紫外線をブロックしましょう。紫外線はいつの間か浴びてしまっています。
買い物、散歩、洗濯物を干すときなども大量に紫外線を浴びてしまいます。加齢とともに、肌表面にある角質と水分量が減少して行きます。角質が弱いとコラーゲンや水分をキープすることが難しくなります。サプリメントなどで、食事だけでは取りきれない栄養を補給しましょう。
スキンケアにヒーリングも効果があります。ストレスがたまりやすい更年期障害を、アロマの効果を利用して解消しましょう。更年期障害の時こそ、面倒だとは思わずいつまでも綺麗でいるため、スキンケアに力を入れていくといいのではないでしょうか。

このブログ記事について

このページは、genが2009年10月14日 11:32に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「食事で更年期障害の症状の緩和」です。

次のブログ記事は「更年期障害で行う治療について」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.11