スポンサードリンク

食事で更年期障害の症状の緩和

適切な更年期障害の治療を受けることで、気持ちや更年期障害の症状は少しづつ良くなるでしょう。更年期障害の症状を日常生活の中を工夫することで乗り切ることができれば良いですね。普段の食事を見直すことで更年期障害で出る症状を和らげしょう。これは更年期障害だけではなくすべてのことに当てはまりますが、バランスの取れた食事が大切です。
大豆イソフラボンを積極的に摂取してもらいたいのです。女性ホルモンであるエストロゲンが減ることにより、バランスが崩れ更年期障害がおこると言われています。エストロゲンと似ている成分が大豆イソフラボンです。体から減っているエストロゲンを、大豆イソフラボンを摂取することで補うのです。
エストロゲンが減少することで骨粗しょう症も起こりやすくなります。大豆イソフラボンはこの骨粗しょう症も予防してくれます。体の冷えを、更年期障害の症状として感じる人もいるでしょう。尿の回数が増加、夜中に何度もトイレに起きる、疲れやすい、顔色が悪いなどが冷えによって起こります。
このような症状が出る人は体を温める作用のある食べ物を食べるようにしましょう。身体を冷やさない食材としては生姜、トウガラシ、玉ねぎ、カボチャが挙げられます。発芽玄米、もやし、よもぎなどはホルモンが出るのを抑えてくれます。昆布、ひじき、わかめはミネラル分が豊富に含まれています。

このブログ記事について

このページは、genが2009年10月11日 14:58に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「更年期障害で出る症状」です。

次のブログ記事は「更年期障害の時こそ基礎に力を入れる」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.11