スポンサードリンク

更年期障害で出る症状

とても個人差が激しいのが、更年期障害の症状です。よく言われている更年期障害の症状は動悸、めまい、発汗、のぼせ、冷え、ほてりなどです。これらの症状が更年期障害ででるすべての症状ではありません。精神的症状や心因が症状として現れる方もいるようです。正しい対処法を知り症状が重症化しないように注意しなくてはいけません。
喘息、円形脱毛症、じんましん、胃潰瘍などが精神的症状として現れます。上手く感情のコントロールができなくなったり、感情の起伏が激しくなったりなどの症状は心因が原因で起こります。感情が全くコントロールできない時は躁うつ病である可能性が出てきます。これ以外の症状として、血行不良が更年期により起こるので肩こり、腰痛、頭痛も起こりやすいようです。
疲労感や疲れがとれにくいなどの症状も更年期障害の症状として挙げられます。便秘、吐き気、むかつき、胃痛も起こりやすいようです。これは、胃腸の働きが自律神経のバランスが崩れて悪くなってしまうためです。中にはよく眠れない、物を忘れやすくなってしまったという症状を訴える人もいるようです。
肌が敏感になったり、乾燥しやすくなるなどの症状が現れてしまう人もいるようです。この変化は女性ホルモンも減少によるものです。症状の出方も様々で、このように更年期障害の症状は色々あるのです。

このブログ記事について

このページは、genが2009年10月 8日 06:24に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「更年期障害と男性の症状を軽減するもの」です。

次のブログ記事は「食事で更年期障害の症状の緩和」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.11